学位審査会の発表スライド | Hamlog ~とある研究者のだらだら日記~

学位審査会の日程連絡が…

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━━!

 

 

(本番は近いぞ)

 

 

> 鋭意準備中

 

 

どうも~、はむです (   ・ω・) ノぃょぅ

 

平成の世から令和の世になりましたね、令和の時代もよろしくお願いいたします。

 

今年の大型連休は10連休と世間は言っていますが、

 

 

( ・ω・) そんなに休んでいる時間はないのだよ…!

 

 

もちろん実際はそんなに仕事をしていた訳ではなく、子どもと一緒に出かけたり、群馬に帰省 (家族で) したりしていたのですが、やはり自分の研究も少しずつ進めなければならないので、なんだかんだで研究室にちょこちょこと行ったりはしていました。

 

そして、学位審査の準備ということもありスライド作成にも追われております。今の時点で作成できたところまでのスライドで発表しても、発表時間を大幅にオーバーすることは確実なのですが、まだ出来上がっておりません。

 

 

( ・ω・)  そもそも博士論文の実験内容全てをこの限られた時間で説明するのは困難なのだよ

 

 

博士論文のように、特に字数制限もないままに文字 (+図表) で書く方がまだ楽といえば楽なのかもしれません。同じように作っていては、発表スライドは完成しないという訳で…。

 

加えて、文章以外に聞き手が理解しやすいように適宜図表も作成中…とすると、どうしても時間はかかりますね。

 

 

これが3年半の博士課程の最後の課題 (その前の課題は講義を受けてレポートを提出することだったなぁ…) だと思って取り組もうと思います…が、基礎論文・参考論文と提出した研究内容をコンパクトにまとめていくのは意外と大変ですね…。

 

 

 

ʕ •ɷ•ʔ> 学位審査前に学会があるだろー

 

 

 

 

(・ω・)??

 

 

 

・・・

 

 

 

( ・ω・) ポスターも作らなあかんのか…!

 

 

(日程的に厳しくなってまいりました)

 

———————————————————————————————————————————

 

閑話休題 -

 

「おかあさんといっしょ」ファミリーコンサートがこの5月連休中に開催されていたのですが、今回は残念ながら、はむ家は落選してしまいましたので観に行けませんでした…

 

 

( ・ω・)  そもそも前回の繰り上げ当選は運良すぎただけだ…

 

 

 

ファミリーコンサートの内容は収録されて、後日放送 & DVD化されるので、それを待ちたいと思いますが、やはりファミリーコンサートを現場で見た時の感動はなんとも言えないものがあります。

 

今回のファミリーコンサートは、新しいたいそうのおにいさん、おねえさんに加えて、3月まで出演していたよしお兄さん・りさお姉さんが出演するという点で非常に豪華です。そのため、普段以上に倍率も高かったのでしょうか…。

 

次回の東京開催は約半年後…次は当たることを期待したいですねぇ~。

 

 

 

「おかあさんといっしょ」のたいそうのおにいさん、おねえさんが4月に変わってから1ヵ月余りが経過しました (正確には、以前はたいそうのおねえさんではなく、身体表現のおねえさんですが)。

 

はむの息子は、4月の月のうたである「ミライクルクル」もかなり気に入っているようですし、「からだダンダン」も気に入っているようで、音楽が流れると踊り始めます。

 

「ブンバ・ボーン」から変わった時はエンディングの変化に戸惑うのではないかと思っていましたが、思った以上にすぐ慣れたようです。

 

 

はむが子どもの頃を思い返してみれば、じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろりの3人組で、エンディングは「さよならマーチ」でした。「そろそろ門が閉まっちゃう~」のフレーズは耳に残っております。

 

今は「ガラピコぷ~」がおかあさんといっしょのキャラクターですが、当時のおかあさんといっしょといえば「にこにこぷん」でしたね。それ以外にも「こんなこいるかな」も印象的でした、こちらのテーマソングもよく覚えています。

 

いつの時代も体操からエンディングテーマへの流れはスムーズで素晴らしいですね。キャラクターたちが出てきてエンディングテーマが流れ始めるというのは今も昔も変わらないようです。

 

これからのおかあさんといっしょも楽しみです。

 

(ある意味子ども以上に楽しみにしているところもある)

 

 

さてさて、本日はこの辺で。


ブログランキング参加中、読んだ後には、バナークリック御協力ください~☆