艦これ劇場版

テーマ:

どうも、はむばねです。

 

DSC_0757.JPG

 

ねんがんの せんぬきをてにいれたぞ!

 

__ 
    ̄ ̄ ̄二二ニ=- 
'''''""" ̄ ̄ 
           -=ニニニニ=- 


                          /⌒ヽ   _,,-''" 
                       _  ,(^ω^ ) ,-''";  ;, 
                         / ,_O_,,-''"'; ', :' ;; ;,' 
                     (.゛ー'''", ;,; ' ; ;;  ':  ,' 
                   _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'  ┼ヽ  -|r‐、. レ | 
                _,,-','", ;: ' ; :, ': ,:    :'     d⌒) ./| _ノ  __ノ 
                                      ---------------
                                      制作・著作 NHK

 

 

 

 

 

 

……えー、はい。

というわけで、感想です(雑な入り)。

 

ネタバレそのものは入れてないつもりですが、多少の雰囲気は漏れてる気がするので一応注意。

あんまりネタバレ気にするような作品でもなかったかな、という気もしなくはないですが。

 

 

 

んー、これはアレですね。

見方によってだいぶ評価が変わりますね。

 

まず、単純に1時間半のストーリーとして見た場合。

これはまさしく、「可もなく不可もなく」でしたね。

良く言えば王道、悪く言えば凡庸。

終始予想を裏切らないというか、まぁそうなるよねって感じのストーリーラインでした。

かと言って退屈というわけでもなく、ちゃんと盛り上がりもありますし露骨に破綻しているような点もありません。

ホント、可もなく不可もなくって感じ。

最後の方の展開は、ちょっと「ん?」と思わなくもなかったですが(後述)。

 

ただ、「艦これの」映画として見た場合。

これはかなりの高得点というか、満点に近いのではないでしょうか。

私自身は別に理想のアニメ像とか持ってたわけではないですが、「あぁ大半の提督はこういうアニメが観たかったんだろうな」という印象でした。

TV版で死んだ提督たちが浄化された、というのも納得です。

#まぁ、私はTV版観てねーけど。

 

まず、単純に絵面が格好いい。

作画もいいですし、めっちゃ動きます。

ほんで、「艦これの」戦闘というのが凄くよく表現されてるんですよね。

鳥海の耳のとこの探照灯で照らすとことか、天龍ちゃんソード大活躍とか。

まぁ、ただ、TV版の時も作画は良かったとか聞いた気もするので、これは劇場版に限ったことでもないのかもしれませんが。

 

ほんで、これまた凄く「艦これの」お話をやってる感が凄く出てる。

連合艦隊組んで、支援艦隊組んで、出撃して、索敵して、会敵して、航空戦して、砲撃戦して、夜戦して、みたいな。

人数減らす理由も、護衛退避というゲームシステムにもある要素を利用しててスマートに感じました。

うわ、ゲームがそのままアニメになってる! ってのが個人的な印象です。

普段やってること、特にイベントなんかをアニメで表現するとこんな感じなんだろうな、と。

奇を衒わないストーリーラインも、艦これらしさを表現するという意味では利点に転じていると思いました。

 

敵さんもそのままで、めっちゃタコヤキおるやんwwwwとか、ダブルダイソンっすかwwwとか、ツカス入り編成かようぜぇなwwwとか。

(提督なら)敵の絵面だけで大体の戦力が把握出来る。

なんというか、他の人のプレイをアニメで実況されてるような、そんな感じでした。

あと、妖精さんが可愛いかったです(小並感)。

 

ただこれ、位置付け的に完全にアニメの続編なんですね。

てっきり独立してるもんだと思ってましたわ。

知識ゼロで行ったら、如月関連完全にイミフですよね。

まぁ、流石に映画観に行く層なら最低限それくらいは知ってる前提ということか。

他にもブッキーがアレだったとことか、TV版からの伏線なのか……? と思う点がいくつか。

しかしざっと評判を見た限りだと、別にそういうわけじゃなくて映画版でぶっ込まれた設定なのかな?

だとしたらやや唐突感がある気もするけど、まぁ尺も限られてるししゃあなしか。

 

その辺りを抜きにしても、TV版観てないとちょっと思い入れが無さすぎて感情移入しきれないところもありますかね。

如月事変も、知識として知ってるだけですし。

最後の方の展開も、TV版視聴済みならすんなり受け入れられたのだろうか。

個人的には、「お、おぅ……今そんな流れやったっけ……?」と思わなくもなかったです。

#聞いてる限り、TV版を観ていたところで本当に思い入れなど生じるのか? という疑問もなくはないですが。

 

……というのが、(一応)客観的(に見たつもり)な評価です。

で、個人的に一番思ったことはですね。

ちょっとこれ、全く制作サイドに落ち度があるわけでなくてホント申し訳ないんですけども。

ゲームと二次創作に引っ張られすぎて、正直映画に全然集中出来なかったよね。

 

あ、今のゲームの台詞やな、とか。

この設定はあの二次創作で採用されてたやつやな、とか。

ちょwww最深海域に駆逐艦と戦艦のみで突っ込むんすかwwwまぁでもスナイプ狙いと考えたらワンチャンありやな……とか。

なんかシリアスやっとるけどこの子ら、こないだまで法被着たり三越行ったりワイン飲んだりしてて今はクリスマスの衣装着とるよな……とか。

あまりに「艦これ」すぎた弊害と申しましょうか、常にそんな諸々を考えちゃってました。

 

そして、特にキツかったのが睦月ちゃん。

今回めっちゃ出番あるし終始シリアスなのに、とくにないです氏の「にゃしぃとか言わない方の睦月ちゃん」がずっと頭の中にチラついて笑いそうになってしまってました。

 

あと、万歳エディションのせいでむっちゃんも喋るだけで面白く感じてしまった。

 

 

 

以下、その他こまい雑感。

・とりあえず夜戦がクソ格好いい

・マジイケメン、と見せかけて可愛い面も見せてくる天龍ちゃん万能説

・那珂ちゃん、台詞一個もない(たぶん)のに画面に映るだけでなんか面白い

・二航戦/五航戦のお風呂シーンとか、時×吹とか、唐突にぶっ込まれるサービスシーン何なのw

・抜錨! つって実際錨上げてる描写あったけど、錨降ろしてんの……?

・絵面で見ると改めて思うけど、あの世界の補給艦って何を補給してるんですかね……

・大和さん死亡フラグ立てすぎィ!? ていうか金剛お姉さまの轟沈台詞やめーや

・RJはネタ枠

・ぽいぬバーサーカーすぎwww

・ハイパーズちょっと頼りなくない? ……と思ったら改二なってないのか。それならまぁ……

・めっちゃ登場人物いるのにスタッフロールの声優欄短すぎワロタw

・島風はいませんでした

 

 

総じて。

今まで(たぶん)あえてフワッとさせてた設定を固めてきたところも多く、全ての提督にオススメ出来るとは言えない気がします。

ただまぁ、アニメで死亡した提督は浄化されるか試しに行ってもいいんじゃない? とは思います。

あと、とにかく大画面で嫁が動くのを観たいんじゃ! という提督には普通にオススメですかね(嫁が出るとは言っていない)。

ほぼ全編シリアスなので、艦娘がキャッキャウフフするのを観たい提督にはあまりオススメ出来ないかもしれませんね。

 

あ、ちなみに提督以外の方には全くオススメ出来ません。

完全に、提督向けの映画です。

ゲーム未プレイ&アニメ未視聴だと、意味がわからんどころか状況の把握すら困難なのではなかろうか。

アニメ未視聴でも、如月関連さえ知ってれば特に問題なくストーリーは追えると思います(追えました)。

アニメ視聴済みゲーム未プレイ提督がどう思うのかは知らん。