社会的には死んでも君を!

テーマ:
どうも、はむばねです。
感想を書くのはいいのですけれど。
毎度、前置きであるこのコーナーに書く話題について困ります。
基本的には日々のネタがないから感想で逃げてるっつってんだろ、いい加減にしろ!
ほんで「よし、今日は軽くこれについて書こう」と思って書いてるうちに意外とその話題が広がって、「もうこの話題だけでいいんじゃね?」となって独立した記事になることもしばしば。
まぁそれはそれでありがたいんですが、「おい、じゃあ結局この感想記事の前置きはどうすんだよ……」って話にループしてくるんですね。
ていうか、この前置き本当にいるんですかね?
という問いかけを、前も書いたような気がしなくもない。

そんなこんなで、今回はそこそこネタバレあり。

社会的には死んでも君を!<社会的には死んでも君を!> (MF文庫J)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2012-09-01)
売り上げランキング: 61,186


自分にしか見えない幽霊・香月に出会った時からラブコメ漫画の主人公のようなちょっとエッチなハプニング――通称『ラブコメ現象』――に遭遇する呪い(?)にかかった主人公・八平。
ラブコメ現象によって散々だった中学時代を鑑みて(色んな意味で)鍛えた八平の高校生活を、ヤンデレ同級生やデレデレ生徒会長やストーカー義姉が襲う!

……という感じのストーリー……………………か……?
正直ちょっと、本作に至ってはちゃんとストーリーを説明できた自信はない。
本作以外なら自信あったんかいって話だけども。

いや、なんというか、何も間違ってはいないのですけれど、本編ではもうちょっと真面目にラブコメやってると言いますか。
うん、真面目にラブコメやってるって何やねんって話ではあるのですけれど。

ま、その辺の温度感については一旦置いといて。
あぁうん、確かにラブコメの主人公みたいな行動を実際取っちゃうとドン引きですよね……。
それに対して、真面目に対策を検討する様がまず笑える。
バイブルは古今東西のラブコメ(エロコメ?)。
とりあえずラブコメの主人公はやたら足をもつれさせる傾向にあるので足腰を鍛えるとかワロタw
物理的対策かよw
でも、これが結構普通に効いてくるんだよなー……。
あとは、最悪「お触り」しちゃっても笑って流してくれるようクラス内で明るいキャラを保つとか。
原因はなかなかにアレなのだけれど、対策は地味に結構リアルでしっかりしてます。
中学では部活も辞めることになったし学内ヒエラルキーの最下層まで落とされたからね、仕方ないね。
「ラブコメに対策する」という字面にすると割と頭の悪い状況に、至極真面目に対策する様が面白かったです。

ま、それでも結局ラブコメは訪れるんですけどね!
しかし、数年に及ぶ努力(と、ぶっちゃけ状況というか周りの人となりに助けられた所も大きいですが)により、いいラブコメ(?)な感じになってるのはグッド。
あと、中学時代について情報のみで回想シーンとか出さなかったのも個人的にはスーパーグッド。
基本、胸糞展開とかいらないからね。

それと、主人公が難聴系じゃないのも人によっては評価ポイントかな?
もっとも、これで気付かない奴はおらんやろってレベルで大体出てくる女の子が主人公に対してグイグイ来るのですが。
#一部、グイグイ来すぎて逆に怖いレベルですが。
このレベルすらも乗り切る(?)難聴系主人公は普通に存在するからな……。
まぁ、個人的には難聴系も別に嫌いではないのですけどね。
一途かどうかには若干議論の余地がある気もしなくはないですが、本作主人公の八平くんは(基本的に)香月ちゃん一筋です。
もっとも他の人には見えないので、義姉とかからは妄想に恋する人扱いされてたりするわけですが。
その辺りが、タイトルに繋がってるわけですね。

基本的には一途だけども、割とフラフラ誘惑に負けそうになる八平くん。
それを嬉しく思いつつも寂しくも思う、自分に恋する不毛さを知る香月ちゃん。
そんな二人が織りなす、ちょっとだけ切ない……でも、基本的にはバカバカしいラブコメディです。
なんだかんだ、最後までバカバカしいのが非常に良かった。