どうも、はむばねです。
というわけで本日は、DBスペシャリストの試験を受けて参りましたよ。
場所は、名工大は鶴舞キャンパス。

とりあえず朝方、目の前で電車を逃したものの、まぁ元々乗る予定のは1本後だったし、と朝ご飯を食べながら悠々10分待ち。
この時余裕をかましたことを、後に後悔するとも知らず……などと、頭の中でナレーションを入れながら。
したら、本当にその通りになったという。
詳しくは後述。

鶴舞駅到着。
屋台が出てるのでお祭りでもあるのかと思いきや、花見でした。
いつも通り人の流れに乗っていこうと思ったら、意外と流れがない。
とりあえず鶴舞公園が右手にある状態で歩いてきゃいいんだろ、という情報だけを元に勘で歩き始めることに。
無事たどり着けたのは、流石に単純な道だったことと、後に起こる事件に対してスキル奇跡が先行発動した結果か。
ちなみになんか見覚えあるなーと思ったら、そういや以前に学会で来たことがあったんだった。
TBT氏事件(名古屋工業大学だっつってんのに、鶴舞と間違えて舞鶴(大阪)に行った事件)があった時なので、B4の頃ですね。
あの頃は、まさか後に名古屋に住むことになろうとは思ってもみませんでした。

閑話休題。
とにもかくにも、大学までは問題なくたどり着けました。
で、私の会場は23号館という割と遠いところ。
これ学内で迷ったら笑うなー……と思っていたら、ホントに迷った。
それも、割とガン迷いである。
本来の会場を完全にスルーして進んでました。
いや、というのもですね。
私の前を歩いてた人が、係員さんになんか道聞いて、別方向に行ってたから私もそれについてったんだ。
したらどうやらその人は帰り道を聞いてたらしく、気がついたら出口に出てたんだ。
会場は見当たらねーし、ついてった人はいつの間にか消えてるしで、マジどうなってんのって感じでした。
しばらくうろついた挙げ句、仕方ないのでさっきの係員さんに聞こうと思って戻ったら、その真ん前が会場だった。

どうにかこうにか、10分前に会場入りは果たした私。
しかし受験したことがある方はわかると思いますが、情処の試験って15分くらい前に説明が始まって参考書とかしまわないといけないんですね。
午前の勉強は当日にするという私の計画が\(^o^)/
ただ、流石に午前は通ったぽいですね。
最初の方こそよくわからん問題が続いて焦ったものの、最終的にはまぁ合ってるやろって問題が半分程度には達しました。
正直、ボーダーが6割になってから午前は落とす気がしないですね。
これで落ちてたら恥ずかしいですが……って、これは前も言った気がしますね。

で、だ。
会場にたどり着き試験が始まった以上、もう波乱はないかと思っていた時期が私にもありました。
しかし、本当の事件は午後Ⅰで起こったのです。
午後Ⅰの試験は3問中2問を解く形式で、まぁとりあえず私は1を解き始めたわけですね。
開始が12時半。
で、13時40分頃に、まぁ一通り解いたし次の問題行くかって状態になったわけです。
1時間ちょいかー、ちょっと時間使いすぎちゃったなー、まぁまだ半分近くあるしなんとかなるかー、と思ってふと試験時間を見るとですね。
なんか、終了時間14時とか書いてあんの。
あぁうん、これはあれだねとすぐに気づきます。

試 験 時 間 間 違 え て た

ていうかwwww朝一で「そういや午後Ⅰは1時間半だっけ」って思ったはずなのにwwww
試験開始直前にも「1時間半だな」って確認したはずなのにwwww
なんでいつの間にか2時間だと思ってるんだよwwwww

残り20分で1問、これは\(^o^)/オワタ
とりあえず埋められるとこだけ埋めたものの……。
問1も全問書けてるわけでもないですし(後でやろうと思って飛ばしたところがある)、書いたところ全部合ってても届かないのではなかろうか。
正直この時点で帰りたいゲージが振りきれかけましたが、まぁ初受験だしってことで一応最後まで受けることにしました。

で、午後Ⅱ。
これが意外と出来ました。
全部埋まったし、そんなに外れたことも書いてないんじゃないかと思います。
そして、それだけに先のミスが悔やまれる。
実際、午後Ⅱ終わった後の方がダメージでかかったです。
ぐぬぬ、恐らく問題運が良かったのであろう今回に受かれなかったのは辛い……!

ま、とはいえやっちまったもんは仕方ないですね。
全く歯が立たないことがないということはわかりましたし、次回は問題運が良くなくても受かる程度に仕上げていきましょう。
とりあえず、切り替えて次は簿記!
今回は2ヶ月余裕があるので、今度こそキッチリ勉強しよう。