どうも、はむばねです。
本日3回目の更新。

はい、まぁそんなわけで面接やってネカフェで時間潰して現在バス待ちなわけなんですけどね。
いやぁ、まったくアレですね。
まさかこの環境で、昨日より体調が回復するとは思わなかったよね。
なんという人体の神秘。
面接自体2週間ぶりだったのでグダグダになるかと思いましたが、流石に40戦の経験は2週間程度で消えるものでもなかったようです。
若干舌の回りが悪い気もしないではなかったですが、朝方枯れてた声も昼には復活。
まったく病は気からというか精神は肉体を凌駕するというか、人間やりゃあどうなかなるもんだね!

余談。
今回面接受けたのは、私ともう一人だけだったんですけどね。
なんと、同じ学科の院生の人だったよ。
なにその奇跡。

余談その2。
どうやら、帰りのバスも隣が空席のようです。
うーむ。
私は人生における幸運と不運は等量であると考える派であり、かつ私の場合は割と短いスパンでそのバランスがとられているような気がしているのですよね。
つまり何がいいたいのというと、こういう幸運が続くと逆に不安になってくるよね!