はみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~

18歳から人生の半分以上クレーター肌をやってるおばさんの実録。いじりナシの経過写真多数です。


テーマ:

なんと、手足口病大流行の恐れだそうです。動画連投の某マツイ棒氏と張るくらいこちらも侮れないんですよ。

なんでも国立感染症研究所によれば、去年の6倍だか7倍のペースで増えているとか。
一昨年、この手足口病にどえらい目に遭わされたため、私にとってはかなりの重大ニュースなんですが、世間ではそこまで取り上げられていないようで。

特に大人の手足口病は、スッピンYouTube暴露動画連投にも匹敵する破壊力です。
子供は、罹患者の90%が5歳以下ということで確かに罹りやすいんだけども、重くなることはまれ。
一方、大人は罹ると重症化すると言われているのです。

おととしの時分の私は、まだ希望の命水による多種類ミネラル強化も、次亜塩素酸水によるウイルス対策もしていない、ドラクエの初期装備よりもショボい状態でした。それにも関わらずタカをくくっていたため、見事に罹患した次第であります。
さらに、罹った後もまだタカをくくり続け、「まー子供もあの程度だったから、私も適当に治んだろー」と呑気にしていたらとんでもないことになったというわけです。全治5ヶ月。
今となっては、もうすっかり嫌な思い出です。

てなわけで、今年も大流行とのニュースを受けて当時の写真を見返してみたら、めっちゃインスタ映えしてるじゃないですか!インスタ映え!

でもインスタはやっていないので、僭越ながら重症化した大人の手足口病経験者としてここで実録をお届けする所存であります。
まあ、グロ写真公開は実績がありますからな。今回はクレーターではないものの、肌公開つながりということで。
「うわ、こうはなりたくねえ!注意せねば!」と心のどこかに留めておいていただけたら、それがこの記事の存在意義でございます。


さて、本題です。
手足口病とは、口内や手足に水泡性の発疹ができるウイルス感染症です。
エンテロウイルス属に属する幾つかのウイルスが原因で、こいつはノロウイルスなどのようにアルコールが効きにくいタイプだそう。
確実に対策できるのは次亜塩素酸ということになります。
もちろんこまめな手洗いうがいが予防の大前提なんですが、幼稚園や保育園の子供の場合、日中の子供同士の接触は避けられないのが、これまた辛いところ。
そこに関して家庭でできることは、いかにミネラル等で免疫力を高めておくかというところでしょうかね。


でもって、おととし子供が保育園でもらってまいりました。ピークでこんなもんでした。


こりゃ大変と小児科に連れて行ったにも関わらず、自分の手洗いうがいについてはおろそかにしておりました。体たらくですね。
そうしましたら数日後に喉が痛くなり、他にもなんとなく風邪っぽい症状が。
とは言い条、大人が手足口に感染するのは約10%と聞いて、当初はまさか自分が罹るとはつゆほども思わない。

そして風邪っぽい症状はすぐに落ち着いたので、あーよかったと一安心。しかしそれも束の間、なんだか手に赤い発疹が。

 

ついでに足もピリピリしてきやがった。

心なしか親指が膨れてるような気もします。爪が伸びてるのと足の指毛は気にしないでいただきたい。

 

足の裏を見てみると、手ほどではないもののうっすらピンクの輪郭がボヤけた発疹もどきも。

 


翌日、手の発疹の赤みがパワーア ップ。

 

足はピリピリからビリビリにグレードアップ。

 

歩くのに明らかに支障が出てまいりました。
例えば会社では、自席から3mくらいの複合機までたどりつくのに30秒くらいかかる。
一歩ごとに、あ痛っ、あ痛っ、と勝手に声が漏れる始末。
ゆるゆるクロックスに無理やりねじ込んでやっと履けるかというくらいにぶんぶくりんに腫れあがり、感覚ベースでは下半身がミッキーマウスでした。

仕事上がりのころにはさらにエンテロウイルスが本仕込みされてきたようで、足はパンパン。もう泣きたい。
せめて心の中だけでもと、夜はパン、パンパパン、と楽しく歌いながら、いつもの3倍くらいの時間をかけて駅にたどりつきましたとさ。


このピークが2日くらい続き、1週間かもうしばらくおいて皮むけターンに突入。
手、足、むけるむける。

手足口病

 

ホームパイみたいに何層にもむけるもんで、面白くなってきましたよ。
しかし、むけ終わったと思ったらまたむけ始める。これが何回か続きました。
手のひらや足の裏は、顔にはない透明層もあるし表皮の厚み自体も違いますからしつこかったのやもしれません。

この現象を受け、やっぱり「人の肌は1枚でつながってるんだからケアは同じでいい」的な考えには、そう単純なものではないだろーと改めてツッコミたいのであります。

AQのアイセラムについても同じで、見た目似てる アクティブセラムを目まで伸ばしときゃいいんじゃないの?とナメておりましたが、ゆで卵の薄皮の厚さという特殊性も考慮された独自のGF群だということを思い出しました。

でもって四十路も越えたこともあり、反省してきちんと使うようになったのです。AQシリーズはあくまで修復メインなのでその後に馬油かセラミドは重ねますが、右目の深いシワがだいぶマシになりました。
目まわりと首と手は年齢出やすいですからな。


おっとまた様式美の脱線を起こしてしまった。
まあ、そんな手足のホームパイむけは終焉を迎えたのですが、手足口病はまだまだ私を解放してくれやしない。次は爪が標的だ。

 

まずは根元付近からパカパカ浮きはじめます。
あまりの炎症で爪まで剥がれてしまうんでしょうな。このように下から浮いていき、もう少し進行すると両サイドがかろうじて肉とつながっている状態になります。


しかし、この両サイドがクセモノ。
首の皮一枚でつながってる的な部分にも痛覚はあるため、下手に服かなにかにひっかけてしまったが最後、 漫☆画太郎氏の描いた顔になります。
そのため、普段はサージカルテープで巻いて保護しておりました。
指10本サージカルテープ。バレーボール選手のようでした。

そしてめでたく両サイドが外れて下から生えてきた爪がお目見えするまでに数ヶ月。

写真の指はまだ左サイドがつながってるため、扇形に残しています。
これを無理にひっぺがすとまたえらいことになるので、こういった細かい作業が必要。ク★面倒だけど、これを怠ると地獄が待っているんだ。

これが順不同でもれなく手足20本分ですからな。まーしんどい。で、こんなの20本も付き合ってると全治5ヶ月にもなるつーわけですわ。

この期間はなにかと不便でしたが、特にシャンプーが面倒でした。
もちろん素手でなんか洗った日にゃ漫☆画太郎祭りになってしまいますから、ずっとシャンプーブラシ使用。
あー、手で髪洗いてえー、テープで指がふやけるのもうイヤだー…。あー…。


…とまあ、おととしの半分ほど、ひそやかにこんな素敵な手足口病ライフを送っていたのであります。
それにしてもあのしんどさ、あの長引き具合。クレーター治療で普段からメンタル鍛えてたから乗り越えられたにちげえねえ、と自負しております。

子供の症状は、あーブツブツ出てきたーあー増えたーあーかさぶたーあー引いたねえ、と一行で終わる程度だったので、個人差はあるにしても、やっぱり大人の手足口病はひと味もふた味も違ったようです。


しかーし、今年の私は違う。
おととしの初期装備からだいぶ進化しました。 希望の命水 (だけでなく、いつもの酵素水素リプライセル、ライナスポーリング マルチビタミン等も意識したほうがやはり体調はよいようです)で、あらゆる栄養素の利用率を上げ、約3,000種の代謝酵素をガンガン作って外敵にやられない体づくりに励んでおります。

もうひとつ忘れちゃいけない。先ほども挙げた「次亜塩素酸水」。
ノロもロタもひれ伏す次亜塩素酸。今の私には彼がついている。
アクアルファ。


普段一番よく耳にするのは漂白剤などの成分「次亜塩素酸ナトリウム」ですが、この次亜塩素酸水てのは薬品不使用。
それでいて次亜塩素酸ナトリウムの80倍の殺菌力。
しかも素材は純塩と純水だけゆえに、最も感染症を防ぎたい子供にも安心して使えるのがありがたい。
微酸性かつアルコールみたいに染みないから痛くないしパリパリ乾燥もしない。子供も「シュッシュしたいー」と喜んでやりがたります。
保育園のお迎え直後はすでに習慣です。まー日中に感染ったらしょーがないんですけど、毎日やるとやらんとではだいぶ違うと思うのであります。

家ではうがいやテーブル拭きにも使っています。塩素臭があるのでうがいは大人だけですが、テーブルに落ちたものを子供が取って食べても安心なのは素晴らしい。殺菌効果が高いので台ふきんも全然カビないし変なニオイもしない。
テーブルを拭きながら「水拭き卒業!」と言うCMがありますが、私はさしづめ「アルコール卒業!」な生活です。これももう手放せない。

このようにウチ用(500ml)と携帯用(100ml)と分けています。

 

3倍希釈用の原液が2リットルと大容量ながら2,500円くらいですから、湯水のようにジャバジャバ使っています。今にバチが当たるかもしれません。


なお、私が一番病原体をもらってきやすいのは満員電車ですから、降りたらすぐ使うようにしております。

 


おととしはぬかってて罹ったので明らかな非があるわけですが、今年についてはこんだけやって手足口病に罹るのなら、我が生涯に一片の悔いなしってなもんです。
それでもって、よしんば罹ったとしても、ウチはすでに命水メンテナンス一家ゆえ軽く済むはずですしな。
先月、溶連菌をもらってきた子供も、症状が軽すぎて小児科の先生に「いちご舌もないし、熱もさほどないし、よく病院に連れてきてくれましたね。」と褒められちまったくらいです。へへ。
で、アタタタタタタタタとウイルス退治してさっさと治ってました。

3週間後の尿検査では、エンテロウイルスはもう死んでいるという結果が。

ということで、まとめると今回お伝えしたいことは次の4点。
・大人の手足口病ナメたらあかんぜよ。
・普段の体づくり頑張ろうぜ。多種のイオン化ミネラルを基調にバランスよく。
・安心強力の次亜塩素酸水使えるよ。インフルやノロの時期にも。
・最近どういう風の吹き回しかtwitterを更新してます。


というわけでみなさまにおかれましても元気にお過ごしください。
次回はテカリのみ体質とニキビ体質について考えてみたいと思っちょりますので、テーマごと脱線してんじゃないよと思いながらも

↓こいつら1日各1クリックは条件反射でやっちまってください。

にほんブログ村 美容ブログ 凹凸・クレーター肌へ
にほんブログ村  

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

haminco[ニキビ痕クレーター治療中]さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。