決してお勧めはしない自宅ヒアルロン酸注入レポート | はみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~

はみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~

18歳から人生の半分以上クレーター肌をやってるおばさんの実録。いじりナシの経過写真多数です。

たくさんのお祝いコメントありがとうございます。嬉しくて夜も眠れません。



さて、このタイトルからも、つまるところお察しの通りお勧めはしないくせに私はやったつーことですわ。
せっかくリデンシティを受けたんですから、推奨のスパンである初回~3回目の1ヶ月おきの注入は実行に移したかったがゆえであります。肌の再構築にも寄与する製剤なわけですから、それなりの意味があると考えられますしな。


てなわけで、オランダ屋 でリデンシティと近い位置づけであるレスチレンヴィタールを見つけたので、さっそく取り寄せました。
肌内部を活性化させるというコンセプト、アメリカFDAで認可されている品質であるという点でこいつにした次第であります。

はみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~-レスチレンヴィタル
1ml



これより注入の様子を記していく所存ですが、タイトルにもある通り私としては自己注入はお勧めいたしません。さしづめ、危険な100%TCAを自分でやってるのと同じようなもんですから。
だというのに、わざわざ記事にするのはなぜかと言えば捨て身おばさんの実録として残すことのみです。従って、やっぱりこんなことは恐ろしくてできねえやと思っていただく材料としてもよし。テレビによくある火を食べるビックリ人間を見るような感覚でご覧いただければ幸いです。


実際にヒアルロン酸の自己注入あたりのワードで検索してみると、自己注入ダメ、ゼッタイ的なサイトが軒並みヒットいたします。まあそうでしょう。素人が自分で注射するなんざ、危険極まりない。こんなことをする人の顔が見て見たい。


でもってその手のサイトを読み進めると、具体的なリスクについても出てまいります。思いっきり皮下に打っちゃって異物肉芽腫症ができてそのまま残ってしまったり、最悪、注射によるショック死に至ることもある、あたりのようです。ただ、挙げられる失敗例はなぜか女性(36)ばかりで、他にはいないのかなどと思ってしまいますが、ここは慎重にいかないとなりませんな。


ですが私の場合は、すでに凹んだ肌な上に元から頬じゅうに瘢痕組織を抱える状態であったこと。またレスチレンの30Gより太い無数の針を、3.0mmの深さでもって幾度も縦横無尽に刺しまくるという暴挙を繰り返しているにもかかわらずピンピンしているという実績があること。加えて、医師の指導の許ではありますが、疾患によって年配の方々も含めた多くの人が自己注射をしている現状。
これらを鑑み、ヒアルロン酸自己注射のリスクを踏まえた上で臨む覚悟があったため、実行に至ったわけです。


さて、メッセージ等で「TCAなどでより悪化することはありませんか?」「絶対よくなりますか?」「赤くなっちゃったんだけどいつ引きますか?」などの声をしばしば頂戴します。
なにしろ第一印象を決める顔のことですから、このくらいの感覚が至って普通だと思います。ただ、せっかく普通の感覚をお持ちの面々においては、わざわざ親譲りの無鉄砲で子供の頃から損ばかりしている私のようになる必要などなく、自己注射は見合わせられたほうが吉と思うということであります。


さらに、稀有な肌トラブルクレーターとは無縁、且つ年並みのごくありふれた老化現象の改善を望むくらいの気分で自己注射に臨めば、注入直後のボコボコでまず心は折れかけるだろうし、瘢痕となって残るかもなんてことになったら地球の終焉レベルの絶望感に襲われ立ち直れなくなるであろうと思われます。



とまあ、前置きが長くなりましたが、幸か不幸か肌についてはそうとう打たれ強くなった無鉄砲おばさんはやっちまったということです。

それでは自己注入の様子を記してまいります。


まず、洗顔をしてから保冷剤で冷やし麻酔状態を作ります。妊娠中および授乳マックス時でなければ確実にエムラクリーム 使用ですがな。
保冷剤は安上がりで薬剤を使わないという利点はあるものの、低温により肌が赤くなるのはデメリットです。そこいくと、やはりしっかり麻酔が効いて肌の色にも影響がないエムラクリーム のほうが後の施術はスムーズです。


なんにせよとにかく麻痺ってきたら注入へ。針の装着はワンタッチでもって至って簡単でした。


注入にあたり、気を付けた点は次のとおり。
★針が深く入りすぎないよう、常に肌に対して針を鈍角にキープ。
★製剤が入りすぎるとプクっと肌が膨れるので、恐々とごく少量ずつ。
★まず凹み部分を網羅してから、周りとの均整を取るため周囲にバラまくように注入。


1mlというと少ない印象ですが、打ち終わるまでに1時間ちょいかかりました。
その直後の様子がこちら

はみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~-注入直後


翌日の様子がこちら

はみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~-注入翌日メイクあり

外出の予定があったため、薄くファンデーションを付けていますが内出血が散見されますな。
リデンシティを受けたときは全く出なかったので、さすがはプロだと再認識した次第です。

ただ1週間もしたら消えました。


考えてみると、リデンシティではないいわゆるヒアルロン酸注入においては、内出血跡はクリニックであっても1週間以上残ったので、製剤の固さというのは多分に影響するということなんでしょうな。



ちなみにクリニックでのリデンシティ注入4週間後の時点では、見た目にもかなり吸収されている状態でした。であれば、カモフラメインでの注入をただ繰り返すのは勿体ないと思いました。

てなわけで第2弾注入の前に「0.8mmダーマスタンプ+水素で抗酸化&エネルギー産生力アップ+AQアクティブセラム 」の治療的な処置をを噛ませたわけです。


この通り、幸いにもレスチレンヴィタール注入無謀デビューはショック死もせずそこそこの出来だったため、また時期を見ながらAQ治療との挟み撃ちで次回につなげたいと思っております。

ただ、モロ授乳期間が続くため今シーズンのTCAは見送りますが、春先になる前にもう一度「3.0mmダーマスタンプ+メガハイドレート +AQリカバリーセラムミスアリーヴォ エレクトロポレーション」はいければと目論んでいる次第です。


ただこのような状況ゆえ、続報も滞りがちになると思われますがよろしければおつきあいくだされ。

今後の課題と抱負は、こんな感じですかな。
アクティブセラム は塗布のみからミスアリーヴォ での導入に格上げ。
★注入はエムラクリーム 復活でより肌の状態を確認しやすい状態で注入。
★全体のバラし注入のレベルアップ。



新聞の勧誘くらいのしつこさではありますが、本当に自己注入はお勧めはしません。
でも人間てやつぁ勝手なもんで、↓こいつら1日各1クリックで無鉄砲おばさんの志気向上には寄与していただきたいのであります。

blogranking
にほんブログ村 美容ブログ 凹凸・クレーター肌へ
にほんブログ村