ケモから6日目(アブラキサン&ジェムザール)です。

なぜなのかな?
今週末は 強い副作用もなく 発熱も37.5℃まで…。

足の浮腫も ふくらはぎは 完全に治りました。
甲部分も 少しですが 治ってきたような感じです。

特別に服用した薬もなく 自然に治癒してきたのが不思議…。
主治医にも 話したのですが 治ってきた理由がわからないと言っていました。

変わったのは アブラキサン&ジェムザールに私のガン細胞が耐性を持ち始めたこと…。

食欲不振(味覚の変化)と胃のもたれから 食事量が減り体重が減っていること…。

体重は先月初旬頃から 約6Kg減…f(^_^;
味覚の変化?は 全ての味が濃く感じてしまうようです。
いままで 美味しく感じていた豚肉や牛肉の脂質にも抵抗感が出て来て 炒めものは
見ためで (((^_^;)…NG!
湯通しすれば OK♪

相方は 「動物性の脂質も 摂取しないとアカン!」と 色んな野菜と組み合わせて 調理してくれているんだけど…f(^_^;
いつも ありがとう!

セカンドラインのFOLFIRINOXまたはTS-1 どちらを選択するにも 体力がなければ チャレンジは出来ないようです。

間食を増やしてでもカロリー補給をしなきゃ!

そして 14クールが終了する来月までに セカンドラインを決定しないといけません。

主治医 いわく「生活を制限されにくいQOLを選ぶなら TS-1   効果を期待するならFOLFIRINOXかな?」と…。

ステージⅣの膵臓癌で ファーストライン14クール終了あとのセカンドライン…(((^_^;)

あと どれくらい延命効果があるのかな?

ここまで 生きてきたんだから あとは ゆっくりとTS-1で 自由度を上げたい気持ちもあるし…。

いやいや 体力が残っているなら FOLFIRINOXにチャレンジして 副作用等が 辛かったら それからTS-1に 変えてもいいやん!なんても思うし…。

膵臓癌(ステージⅣ)の抗がん剤治療による延命期間を リアルに考えれば …残された期間は もう 少ないんだよな~(((^_^;)

《けっして 諦めてるんじゃないョ!リアルに 現状を認識しているだけです》

私達の小さな庭の端ッコで 小さなブーケを 咲かせ始めた紫陽花。
昨年 母が 強剪定をしたので 花数は少ないめです。

淡い小さな花弁が愛らしいクラシックな紫陽花です。
「可憐でキレイだな♪」…(*^^*)v

昨年 6月 私は 癌サバイバーとなりました。
その時の私は また違った色合いに見えていたのかもしれません。