1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年09月09日

ケイ素(珪素)の威力

テーマ:ブログ

『ケイ素のちから』 東學博士講演会に参加してきた。
サロンで現在使用しているケイ素カッサ効果が面白い位すごい。

で、もっと「珪素」について知りたいと思ったから。

 

まずのっけから驚いたのは、東博士が86歳とは信じられない位に

背筋シャン!肌の色つや良く、パソコンも使いこなされ、お元気だった事。

 

ケイ素を摂っているとこんなに元気でいられるのか?という講習前の掴みは十分で(笑)。

 

    • 以下セミナー内容メモ

●珪素とはミネラル成分の一つで、食品や植物、鉱物や水、あらゆるものに含まれている。
ただ現代の私達の生活は植物や土に触れる機会も少なく食生活は加工品や添加物だらけ。ミネラル不足の身体になっている。ミネラルの中でもケイ素がとても重要

 

●ケイ素は不純物や要らないものを集めて排出するデトックス効果も大きい。

 

●女性に多い低体温(36度以下)は妊娠もしずらいとよく言われる。低体温は珪素不足でもあるとのこと

 

●月は太陽の光を受け光っており目に見えるのもケイ素の力なのだと宇宙的話まで。

 

●身体の五臓はそれぞれの振動(テラヘルツ)がありケイ素がそれに影響を与える。

 

●太陽に当たると全波動をもらえるので体調が整うとのこと。
(ガンマ線・X線・紫外線・可視光線・赤外線・マイクロ波・他)

 

※東博士:ケイ素対談参考ページ

ケイ素は美容面(皮膚)では

シワやタルミに関係するコラーゲンを助け結びつける働きをする。
(よってコラーゲンだけ摂ってもケイ素不足だと効果が出ない)

 

ケイ素マッサージでタルミが引きあがったり、目がパッチリ大きく開いたり。
70代のお客様、髪のボリュームが出て生え際にも黒い毛が生えてきたり驚くことも。

 

不思議にも感じる現象だったが、ケイ素によるテラヘルツ振動や温熱(熱伝導)のお陰なのかも、と理解。

 

今美容業界でも水素の次は珪素だと湧いている。

東博士いわくケイ素水もまがい物や効果の薄いものも多く販売されているので見極め注意と。
宣伝に惑わされず、より良いものを選びたいもの。

 

ちなみに食品でケイ素を多く摂るには

玄米・あわ・スギナ・豆類・ほうれん草・人参・キュウリ
岩山から摂れた水など。まずは自然のものから摂りいれてみようか。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年11月28日

皮膚から美ホルモンを作る3つの方法

テーマ:アンチエイジング
「皮膚は脳と同じような考える臓器」という記事を見つけた。
新しい発見というよりちょっと視点を変えた面白い内容なのでシェアしたい。




以下転載


◆皮膚感覚とは?

皮膚には触感や温度、痛みといった「五感」を感じる神経があるのは、よく知られています。そのような「五感」だけでなく、「心地よさ」「気持ちの悪さ」「怖さ」などの感覚も肌で感じているといわれています。

例えば「マッサージされると気持ちいい」「お風呂に入ると、のんびりする」「触るとゾッとして鳥肌がたった」こんな風に「肌がそう感じた」としかいいようのない感覚ってありますよね。

これらは「皮膚が感じた感情」の表れ。実は、肌は脳と同じような「考える臓器」なのです。

ちょっと科学的なお話になりますが・・・。人間の肌には微弱な電流が常に流れていて、その電流は「気分や感情」によって変化しています

また、肌には脳内物質の受容体があり「セロトニン」「ドーパミン」「アドレナリン」などを受け取って、色々な事を感じています。ちなみに「セロトニン」は癒しや幸せ感「ドーパミン」は快感や意欲「アドレリン」は興奮させ活動的にしてくれる脳内物質です。

肌はまさに「自分で感じて、感情を作りだす」事ができる、「第2の脳」なのです!これらの感覚は男性よりも、女性や子供の方が敏感。女性独特の「細やかさ」や「女の勘」は、このような皮膚感覚のするどさからきています。

女の脳は肌にあると言っても、過言ではないでしょう!


◆皮膚感覚と性格の関係

皮膚感覚が鍛えられている人は、相手の気持ちを察する事がうまく、心地よい距離感を保つことが出来ます。またこのような人は心が安定していて、人間関係を作るのも上手ですね。

それに対して皮膚感覚が鍛えられていないと、相手の気持ちが分からず、距離感も分かりません。このような人はキレたり不安になりやすく、その結果孤立したり人を避けたりする傾向があります。

この違いの原因は、幼少期にあるといわれています。親子間にスキンシップが沢山あり、思い切り甘える事ができた子供は心が安定します。それに対しスキンシップ不足で、甘える事ができなかった子供は、心が不安ですぐにキレる傾向に。

そして、この傾向は大人になっても続きます。


~中略~

◆皮膚感覚を鍛える

現代人はスマホやパソコンの普及もあり「視覚」からの情報に頼りがち。これでは「皮膚感覚」はますます衰えてしまいます。皮膚からの「感じる」感覚をどんどん使いましょう。

~中略~

「頭で考える」ばかりでなく「皮膚で感じる」感覚を鍛えて、感性豊かで気配り上手な、憧れの女性を目指しましょう!

※るいネット;http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=309709



思うに

サロンでよく聞く言葉・・・気持ち良かった~
(言わずとも感情含む)
シワが伸びるとか小顔になるとか見える結果
以前に大事なことなの。

やってもらうなら私は足裏リフレ好きだけど
「摂りこむ」という観点だと背中か顔マッサージがいい。

★皮膚感覚を鍛え&美ホルモンを作るまとめ★

①直接(相性の良い人)からマッサージしてもらう
②自然の中に居る時間を作る(朝日・植物・風や土)
③ゆっくり一定のリズムでできる運動をする
(ポイントは深呼吸)


あっそういえば思い出した。

以前お会いした90歳代の
肌ツヤの良い元気なおばあちゃん・・・
毎朝、全身を乾布摩擦していた(笑)

人生の大先輩はやっぱり知ってる&凄いよね^^


   ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

知的美肌と癒しサロン HAMASION 


ケイ素カッサマッサージ;気持ち良く顔引き締め


アロママッサージ;肌と鼻から美ホルモン注入


【アクセス】横浜市営地下鉄ブルーライン中川駅(徒歩3分)
【お問い合わせ】hamasion@paw.hi-ho.ne.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年11月27日

キレイな肌を目指すなら○○を摂るべし

テーマ:発酵食&TGG
数年前までは、食べたいものだけを何も考えず食べてきた私。

ちょっと肌アレしたりブツが出ても
30代までは化粧品やお手入れですぐリカバリー出来た。

しかし40代(後半)からはすぐリカバリーが効かなくなってくる。

そして50代、更年期というホルモン変化がおこると化粧品やお手入れだけではいよいよ限界を感じてくる(苦笑)。

年代が上がるにつれて

より効果の高い化粧品やサプリを探すアンチエイジング
ジプシーになりかねない。

私自身この歳になって改めて実感したこと。
口から入れるもの(毎日の食)が大きく美容に影響している、ということ。

もっと具体的には
「腸がエイジング速度を決める」とも言える。

このテーマはとくに人生後輩女子(30~40代)に向けて書きたい。

美肌になりたいなら・・・
身体や気分もずっと快適でいたいなら・・・

味噌汁を毎日摂るべし♪

※スーパー市販の味噌ではなく昔ながらの手作りのもの
(防腐剤・旨味料・添加物なし)
味噌=発酵食パワーMAX


味噌は腸内細菌を快適に保つ最強食のひとつ。


何故味噌が美肌やエイジングにいいのか?

①酵素:いっぱい~デトックスと透明感
②大豆イソフラボン;なめらかな肌に
③サポニン、ルテリオン、メラノイジン;老化スピードを遅くする
④レシチン、ギャバ;脂肪燃焼やダイエットの味方
⑤遊離リノール酸;シミを防ぎ色白肌に

(※参照:美ソビューティ)http://miso.or.jp/beauty/kirei/index.html

初手作り味噌いよいよ開封


サロンでは肌トラブル(ニキビや吹き出物、アレルギーや乾燥)の対応策として発酵食「手作り豆乳ヨーグルト」を紹介している。
ただ忙しくてできなかったり味が苦手な場合もある。

そこで味噌汁。
味噌さえ選べば簡単&確実に腸内環境がキレイになるのよ。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚  ゚・*:.。..。.:*・゚゚・


トータルビューティサロン ハマシオン
【アクセス】横浜市営地下鉄ブルーライン中川駅(徒歩3分)
【お問い合わせ】hamasion@paw.hi-ho.ne.jp
【電話】045-913-4175
【メニューと料金】フェイシャルエステ詳細
★タルミ解消&小顔に;珪素エステ★
★ブツブツ&凸凹肌に;グリーンピール★
PCからのご予約  携帯からのご予約
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年11月14日

顔いまいちの時、吹き出物&アレルギー出た時、足りてないもの

テーマ:美肌
例年になくこの時期にサロンお客様の肌状況は不安定。
赤いポツポツが増えたり、アレルギー状のカサカサ&痒みが出たり。

例年だと春先や秋の季節の変わり目が多いのに今年は何故か今頃・・・。

気温と湿度の上下変動も激しかった1年だったから、心身の疲労が小さなサインとして肌に出る。

年代関係なく肌も身体も・・・「免疫力UP」これが一番大事。

免疫力アップの為に貴方は何をしてる?
運動?睡眠?食事に気を配る?

上記3大要素は大切だけど
簡単&超速で効果を出す方法はあるのか!?

免疫細胞の70%は腸内細菌が作る
と感染免疫学専攻の藤田紘一郎氏の本内(腸内革命)ことばにもある。

ポツポツ吹き出物は、腸からのシグナル。
アレルギー症状は、免疫力落ちてますよ、のサイン。

外から入れる悪影響(社会毒)の排除も大切だけど
一気呵成に簡単ではない。

しかし手軽にできて早く結果が解る方法がある。

「腸内環境をベストにする=自作豆乳ヨーグルトを食べる」
作り方

○種菌(玄米発酵水または市販ヨーグルト5g)
○オリゴ糖5g
○豆乳(無調整)200g

上記3つをグルグルかき混ぜて暖かい所に一晩置く、これだけ

最低一日200g以上、3週間継続で変化があるはず。


私はいつも自作玄米発酵水で豆乳ヨーグルトを作っている。
時々過発酵で見た目いまいちのものができる・・・。
ケイ素(テラヘルツ鉱物石)を足して実験するとまろやかキレイに


肌&美容にいい事はもちろん、幸せホルモンまで出るのが有難い^^

元気&美力上げたい人、TGG試してみて。。。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年11月07日

肌のお悩みアンケートから知る老化ポイント

テーマ:アンチエイジング
「日本人女性1660名に聞く!年代別肌の悩みアンケート調査結果」という資料を先日見た。

その結果内容は、
まさに年齢より老けて見える肌チェックポイントとリンクする。

以下資料抜粋(複数回答)

<30代>
1位:シミ(31%)
2位:目の下のクマ・クスミ(25%)
3位:たるみ(24%)

<40~50代>
1位:たるみ(31%)
2位:シミ(26%)
3位:しわ(25%)


大まかな見方でいうと
30代は、シミやくすみが目立つと老けてみえる。
40~50代は、法令線や顔周りのたるみが目立つと老けてみえる。

とも言えるかも。

長年の経験から多くの女性から伺ったお悩み症状とも一致。

若々しさのポイントとして

30代は肌全体の透明感やキメ細かさをキープ。
40&50代は、たるみを防ぎ如何にハリツヤを保てるか

顔や見た目じゃない「美」もある。
けれど内的影響が積もり積もって見た目にも出る、というのも否めない。

30代でシミが目立つ貴方は

○スキンケアや化粧品の選び方&使い方、自分に本当に合っている?
○食事が偏ってない?
○冷え症じゃない?

40~50代でたるみ目立つ貴方は

○脚や腰、弱ってない?
○よくしゃべり&笑ってる?
○自分へのケア(お手入れ含)ちゃんとできてる?

(40代:ケイ素エステ&GP施術:左ビフォー右アフター)

女性はメイクやファッションで修正できるけれど
肌や身体(体調や体型の変化)は正直。

美肌や身体作りもここがダメ!ここが嫌!じゃなくて

どこまで劣化を防げるか
自分を実験台に楽しんでやってみる♪

が、成功の秘訣と思う
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。