新事務所で化粧品づくり in 軍浦(グンポ) | あくまでも私的な韓国

あくまでも私的な韓国

今年、韓国在住11年目に突入します。最初は全てが目新しく、珍しさが薄れたら日本との違いに苛立ち、今では日本に一時帰国すると、外国に居る感覚に。
一人娘が二人目を出産し、名実ともにおばあちゃんですが、可愛い孫娘たちの為に、まだまだ頑張らなくてはなりますまい。

今日、7月14日に新事務所で化粧品づくりをしました。

 

ことの始まりは日本出張から戻ってからでした。

 

7月8日月曜日、出張から戻った日が

 

フレンドシップフォース(FF)ソウルクラブの

 

ミーティングと重なっていましたがパスしてしまいました。

 

翌日火曜日は出張報告会議を兼ねて参鶏湯ランチ。

 

水曜日は授業が5つあるので、そちらに集中して

 

木曜日は午後1時で授業が終わったことから

 

月曜日のFFミーティング内容を聴きに安養(アニャン)へ

 

チメクしながら頼まれたのは、来年4月にオーストラリアからの

 

アンバサダーを迎える際のホストコーディネーター(HC)のアシスタントと

 

6月にドイツからのアンバサダーを迎える際のHCでした。

 

更に、来年はより英語を使う機会が増えることから

 

週一回の英語レッスンまで頼まれてしまいました。

 

で、何の話からだったか、うちの事務所で

 

化粧品作りをしようということになり

 

善は急げと言うことで今日やった次第です。

 

準備は金曜日から始めていて

 

LG生活の高級クリームのレシピがあったことから

 

その中に使われている20種類くらいの原料を使うことにしました。

 

 

参加メンバーはFFソウルの副会長ギョンナムさん

 

総務のソンブンさんとギョンスクさん夫妻

 

加えて日本出張に同行した朴さん夫妻

 

女性の皆さんには白衣を着ていただいて気分は研究員

 

夫が自信たっぷりに説明していますが、実は1時間前まで

 

「実験に自信がない。一人で全部やってことがないから」

 

とか言っていましたので、叱り飛ばしてやらせました。

 

水溶性のA液を65℃まで温めているところ

 

油性の溶液を溶かしながら温度を65℃まで温めているところ

 

あとはミキサーで10分程度混ぜるだけ

 

だったはずなのですが、ここでアクシデント発生。

 

レシピ通りでは、どう考えても濃度が足りそうもありません。

 

幸い、金曜日に試作したベースクリームがあったので

 

これを温めて加えると、クリームらしくなってきました。

 

今回はセピゲルという保湿に良い成分を多めに入れ

 

ビタミンC誘導体と蛇毒も加えてみました。

 

完成して容器に詰めているところです。

 

一番多い有効成分からセピゲルクリームとしました。

 

何とか形になってホッとしました。

 

この後、夫初体験の中国火鍋を食べに連れて行ってもらいました。

 

店は前回と同じ、衿井(クムジョン)駅近くのお店です。

 

食べず嫌いだった夫の口にも合い一安心。

 

でも、やっぱりこちらは女子向けの店だと思いました。

 

中国人の皆さんには男女問わず人気ですけどね。

 

 

 

おまけなんて言ったら、ミミに怒られますが

 

何故かお腹を下にして、手足の白い部分を隠し

 

黒猫のふり?をしていたのがおかしくて写しました。

 

ちょっと転がしてお腹と手足の白い部分を見せてもらいました。