浮き足タイプ(2)!がま口二つ折り財布の型紙&レシピになります。 | 【がま口の作り方】ハンドメイド作家による口金と型紙レシピ

【がま口の作り方】ハンドメイド作家による口金と型紙レシピ

毎日10個以上のがま口アイテムを制作している
ハンドメイド作家による「がま口の作り方」


テーマ:

こんばんは。

ハマラボセカンドの「ノリ」でございます!

 

先日より「浮き足がま口」のご紹介をしております。

 

▼口金▼

浮き足口金に関する記事はこちら

 

▼型紙レシピ(1)▼

がま口財布&カードケース(仕切りアリ)の型紙&レシピに関する記事はこちら

 

本日は、「型紙&レシピ」の第2弾のご紹介です!!

 

それは、

がま口二つ折り財布の型紙&レシピです!

 

これまでハマラボでは「長財布」を中心にアイテムをラインナップしてきました。

でも、「折り財布」派の人にも「ハンドメイド」の「お財布」をお届けしたいという本店店長の強い思いでご用意させて頂きました!

 

今年1月に当ショップのお客様と「コラボ」した「折り財布」を販売させて頂きましたが、今回のは「浮き足口金」を使ったタイプになります☆

 

「折り財布」と言えば、「コンパクト」なのが特徴ですよね。
 

ポケットにも収まるサイズ感が想像できると思います。
 

でもその代わり「収納面」に関しては少し「物足りなさ」を感じるかもしれません。

 

ハマラボでは「コンパクトさ」はそのままに、

「収納面」に関しても充実している「二つ折り財布」になるように工夫をしましたo(^-^)o
 

 

つまみは「ちょっと大きな木玉」を使用しております☆

ハマラボならではの「遊び心」でして、こういうつまみの「がま口折り財布」って、今まで無かったですよね☆

 

フラップ(帯のような部分)はスナップボタンで留めてます☆

 

「ボタン位置」は「中身」を収納したときのことを考慮して余裕を持たせた位置に設置しております。


内布が見えてしまう「隙間」が気になる場合は、フラップのボタン位置を上にすることで調整出来ますが、その分、収納量は少なくなります。


もしくは、ボタン穴を上下2箇所で設置するのもアリです☆
お好みでアレンジして頂ければと思います(^_^)v

 

とりあえず、初期設定としては「使いやすさ」と「作りやすさ」を重視しているのでこの位置になっております☆

 

 

中を開いた状態です!

カードポケットは全部で7箇所ご用意!!

 

 


左側に4箇所のポケットがあります☆

縦に挿すのが2箇所、横に挿すのが2箇所です!

 

個人的な話ですが、私はクレジットカードは「横」の部分に挿しております(笑)

理由はなく「なんとなく」です(笑)

 

右側には3箇所のポケットを設けております!

 

 

ポイントカードやキャッシュカードなどを自在に収納してみてください☆
使用頻度や種類ごとに分けたりするのに便利です!

 

 

紙幣を収納するスペースは大きく開くように設計しました!

 

ここがこのお財布の一番の「こだわり(工夫)ポイント」かも☆

 

そして一番、設計に苦労したところでもあり、何度も試行錯誤して完成させて部分です(^_^)v

 

 

大きく開くということは、すなわち、お札の出し入れがとてもスムーズにできるのです!

 

ここ、凄く大事だと思います!!

「折り財布」でも「長財布のような使用感」を実現しよう思いました☆

 

「見やすくて取り出しやすく、収納もしやすい」

 

折り財布の欠点を克服しようとした部分。

 

これ大事!何度言います!ココ重要!!(笑)

すごく頑張った部分!(笑)


 

千円札、五千円札、壱万円札、すべて余裕で収納できます☆

 

 

紙幣よりも大きなサイズの「商品券」や「クーポン券」なども余裕で収納できます☆

 

ここも「長財布のような使用感」を実現した部分です!
 

 

大量のレシートを入れることも想定しての設計ですし、カードポケットに入りきらなかったカード類をここに収納しても問題ナシ!
 

 

そして、

「大量に収納したらお財布が閉まらない」なんてことありませんか??


そうならない為に、最初にも説明しましたが、わざと「遊び(たるみ・隙間)」を設けております☆

 


中身が何もない状態だと「たるみ」が気になるかもしれませんが、

中身を入れたときの「使用感」を大事にしましたo(^-^)o
 

財布って中身を入れてナンボの世界なので、「使用感」っていうのは絶対条件だと思っております!

 

 

小銭入れ部分は「ジャバラ」で、中に仕切りがひとつ。
 

大きく開き中身が見やすいですし、小銭を種類ごとに分けて収納することができます☆

 

 

カード収納、紙幣収納、小銭収納、

どの部分も「長財布」に負けない「使用感」になった思いますo(^-^)o

 

 

 

そしてハマラボの真骨頂!「豊富なつまみ」が楽しめます!

 

「肉球つまみ」と「ネコ柄生地」の組み合わせでも作ってみました!

 

ネコだらけ!

 

中の生地も「肉球」!!

 

なんだかすごく派手!(笑)

 

お札入れのスペースも「肉球」!

 

ネコ尽くし!

 

小銭入れの部分も、もちろん「肉球」!!

 

こういう「既製品には無いお財布」を作れるのもハンドメイドの良いところ(*^ー^)ノ

 

 

「カエル生地」も可愛いです☆

 

 

つまみは「ナツメ玉」でシンプルに♪

 

 

中はパーツごとに色を変えました~。

っていうか、コレは「レシピ撮影用」の作品なので、パーツごとの「色違い」にわざとしております。

そのほうが、レシピが見やすいし皆さんも作りやすいでしょ?

 

「お好きな生地」と「お好きな口金」を組み合わせて、たったひとつ自分だけの「二つ折り財布」を作ってみてください(^O^)/

 

 

 

<作り方のワンポイントアドバイス>

 

フラップ部分の差し込み作業において、太さの異なる「紙ひも」を使い分けると作業がスムーズになります。
生地が重なる部分(フラップ部分)は10号を、その左右の部分は15号もしくは20号がオススメです☆
※お使いになる「生地」の厚さによっても異なります。

 

画像で使っている「差し込み器具ペンチ式」があると本当に便利です!

作業がスムーズ!!

 

差し込み器具ペンチ式

 

 

以上、「がま口二つ折り財布」の「構造」と「使用感」のご紹介でした!!

 

 

 

折り財布の長所の「コンパクトさ」をそのままに。

短所の「収納面」に関しては長財布のような充実機能。

 

ハマラボではそういう「二つ折り財布」になるように工夫をしましたo(^-^)o

 

 

正直、ハンドメイドで「がま口」の「二つ折財布」を作るのは、「長財布」に比べて難易度は高いのです。


高いのですが、出来るだけハードルを下げて多くの人に作ってもらえるように、「口金」の構造から設計し、「作りやすさ」を存分に考慮しております☆

 

 

 

▼▼▼特徴のまとめ▼▼▼
・ポケットに入るコンパクトさ
・カードポケットが7箇所もある収納力
・仕切りのある便利な小銭入れ
・ハンドメイドで作れる構造
・遊び心ある口金でデザインも楽しく
・メンズ用にもオススメ

 

「コンパクト」「収納充実」「使いやすさ」「作りやすさ」に重点を置いたお財布。
そこに「ハマラボの象徴」とも言える「遊び心ある口金」をプラスして、「見た目」のデザインも楽しんで頂けるようになりました(^O^)/


「こんな折り財布が欲しかった!」と言ってもらえるアイテムだと思います☆

 

 

「がま口の二つ折り財布を作ってみたかった」

と言う人はもちろん、

「製作のラインナップ加えたい」

という作家さんにもお作りいただければ思います(^_^)v

 

 

販売開始は5月29日(火曜)21時を予定しております!

 

どうぞ宜しくお願い致します☆

 

 

 

がま口の口金&型紙の専門店「ハマラボ」の店長yumicoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります