こどもとの適切な距離は・・・ | 不登校ママのメンタルをととのえて親子関係をハッピーに♡【岩手・全国】

不登校ママのメンタルをととのえて親子関係をハッピーに♡【岩手・全国】

長男の不登校から得た経験と気づき、心理学をベースに、不登校のお子さんをもつママ向けにメンタルサポートを提供しています。

こんにちはクローバー

 

岩手で不登校に悩むママのサポートをしています♡

Rieですニコニコ

★はじめましての方はこちら(自己紹介)をどうぞ★

★お問合せはこちら★

 

昨日、ある方と長男の不登校時代の話をしていたんです。

 

 

そしたら、「Rieさんはお子さんへの思いが強いんですね。

 

 

私なんて、こどもはこどもって思ってましたよ。」って言われたんです。

 

 

これって、私に限らず、お子さんの不登校に悩んでいるママたちに当てはまるんじゃないかなあって思います。

 

 

本当にこどもが大事で大切に育ててきたからこそ

 

 

今、悩んでいる。

 

 

もともと、こどもはこどもって思えていたら悩む必要なんてないですよね。

 

 

私は、起こる出来事は起こるべくして起きていると思っていて、

 

 

その出来事から何か気づきや学びを得て、

 

 

もうそのことにフォーカスしなくなったら、その学びは終わりなんだと感じています。

 

 

こどもとの適切な距離感は、まさに不登校から見えた私の課題の一つでした。

 

 

大事すぎちゃうんですよね。

 

 

だから、自分のこと以上にがっかりもするし落ち込む。

 

 

でもね、信頼や愛ってなんだろうって考えたときに、

 

 

近すぎない適切な距離でいることなのだと思ったんです。

 

 

手を貸さない、口も出さない。

 

 

けれど、いつでも受け止めるよ~っていう空気感は出してあげる。

 

 

手出し口出しをやめるなんて、できないよ~って思うかもしれない。

 

 

そしたら、こう考えてみてください。

 

 

手出し口出しはこどものためになる?って。

 

 

こどもを信頼しているなら、ママはどんな行動をとるでしょう??

 

 

黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花黄色い花

 

 

ご相談受付中ダウンダウンダウン

 

 

ベルご提供中のサービスベル

 

ママのこころをととのえて、

こどもの「やりたい」を引き出す

ママになる♪

個別サポート

 

 

黄色い花サービスの詳細はこちらから黄色い花

 

 

お子さんの不登校に一人で悩み、

頑張ってきたママへ

 

お子さんが笑顔を取り戻し、

自信をもって人生を切り拓く

そんなサポートができるママになるための

かかわり方、こころのととのえ方を

お伝えします。

 

 

 


♡♡♡

 

クローバーFacebookクローバー

 

ピンクハートRieが実行委員を務めるママフェスいわてのブログピンクハート