横浜おうちパン教室のレッスン振り返り。
どこまで付けたかしら~~?
調べてみたら、通常の単発レッスンのソーセージ抱っこくまちゃんは振り返りましたが、ライセンスコースはまくまパンの贈り物の振り返りが全然なかったかも。

はまくまパンの贈り物は3月スタートで2クラス。4月スタートで1クラス動いています。

毎回季節に合わせたテーブルとパンが出てくるので、3月スタートの2クラスは春なのにクリスマスのパンレッスン・・!
4月中旬にクリスマスソングをかけつつのレッスンでした(笑)

季節はずれ過ぎのクリスマスレッスンの様子はこちらに詳しくレポしているのでよかったらご覧くださいね♪
 

 

クリスマスパン2種の正式名は「ふわふわおひげのダブルチーズサンタ」と「2度美味しい!赤鼻のトナカイさん」。

リズム感がよくて、可愛いパンの名前。
毎回あれこれ考えています。

パンのタイトルを楽しみにしてくださっている方も多くて・・
そういう何気ないこと。
普通はあまり気にしないような細か~~いところをコツコツ考えるのが好きなのです。

 


 

どう運営すればいいのかな。
設備はどのくらい準備がいるのかな。

もちろん、外枠を整えることも大切ですが、私は一番大切なのは気持ちだと思っています。
パンのタイトル!
そういう細かいところに自分の想いとか世界観。
どこかで誰かがふふっと笑ってくれたら幸せ。

そういう気持ちを込めています。

まず気持ちがあって、それから目に見えるもの、道具や設備の準備かな~って思っています。
はまくまパンも、可愛いパンだから他で教えていないパンだから人が集まるかもと思うのではなく、「自分がなんだかこのパン好きだから、一緒に誰かと焼きたいな」。

そういう想いがまずあったらいいなって考えています。

型通り何かを準備するより、こうした気持ちを整えることの方がずっと難しく、どうしても抽象的になってしまいます。

でも、はまくまパンの贈り物に参加頂いている方にも、まず想いを大切にして頂けたら嬉しいです。
想いのある人のところに人が来てくださる。
これは本当の本当です。

だって、自分に置き換えてみると・・
なんだか気が合いそう。
なんだか好きな雰囲気。
そういう方に会いに行きたくなりますものニコニコ