今月発売の光文社Mart1月号。
「はまくまさん監修 教室を開きたい!と思ったら読みたい
セルフプロデュースワークブック」。

偽物ではなく(笑) 本当に私が監修、ライターも担当させて頂きました。

「はまくま」って名前で登場していいのね(笑)
まずそれが驚きでした。

↓IKEAのワゴンが印象的な表紙の号。
 

 

90~95ページです。
立ち読みせず、買ってね~~。そして、おうちで本当にワークしてみてくださいね!

 


 

 

元々、教室で開催している「可愛い自宅教室の作り方」の考えをベースに、編集さんがワークを考えてくださり、私が文とスタイリングを担当させて頂きました。



可愛くてHAPPYになる横浜おうちパン教室の雰囲気が伝わっていますように・・



↓レポート書けていないけど、一番最近の可愛い自宅教室の作り方の様子。
 

 

 

好きなことを仕事にしてみたい。
誰もが憧れる言葉かもしれません。


好きじゃないことを仕事にしたいです!って声高に言う人、あまりいないですよね(笑)

技術があれば、好きを仕事にできるのか。

技術が習える教室に行けばいいのか。
そうしたら次は、技術があっても発信が上手にならないといけないのか。
発信をコンサルしてもらったら、人がたくさん来るのか。

好きを仕事にするために、まず何をしたらいいのか。

私は上記はどれも考える必要のないことだと思っています。

まずは、自分のことかな。
自分が何を好きでどういう暮らしをしたいのか。
もし教室をやりたいとして、それは人に何か教えたいからか、教えている自分が好きだからか、お金が欲しいのか、お金は少しでもいいのか。

案外自分のことって、自分が一番わかっていなくて。
人の意見に影響されているうちに、本当に自分がやりたかったり、本来の自分がわからないものです。
なので、まず立ち止まって、じっくり自分を見つけなおしてもらいたいな、そして、小さくても目立たなくても、読者が誰もいなくても、まず何か発信してみて欲しいと思います。

それが、バーンと大きな発信でなくていいのです。
コツコツ好きなことを積み上げた人のところにこそ、同じ気持ちの方が来てくださいます。

無理をした形の発信を見てきてくれる人は、無理をした自分の鏡。
コツコツ楽しいことを積み上げたのをいいと思ってきてくださった人は、本来の自分と気の合う方のはず。

だから、まず小さなことから。
私はいつもそんな気持ちなので、それがどなたかに伝われば嬉しいです。

はまくま*