挑戦、小さな

テーマ:
なんでブログをこまめに書けないのか、と考えていくと、いくつか思い当たる答えが出てきた。


PCを使っていないから、
短文のスカスカブログをあまり好きになれないから、
ツイッターと差別化されたコンテンツでありたいから、
書こうと思った時には酔っ払っていてもう書けない状態だから、
思いついた内容の殆どが、ひとさまの前にデカデカと貼り出して読んでいただく程のことでもないから、

などなど、色々と挙げればキリがない。
その中でもすごく大きい要素として、



「そもそもブログの存在じたい毎日思い出さない」



という、怠け者の極みみたいな理由が脳内で浮上してそれに気づいてちょっと軽く愕然とした。


しかしなるべく建設的にありたいので
なんで毎日思い出さないのかと考えてみた。
その結果導き出された答えは



「毎日ブログに書こうと思うようなネタがない」


というこれまたなんとも情けないものだった。


ネタがないというのは、
言ってみれば今日や昨日、自分が見聞きしたり感じたりした近頃のことを誰かに伝えたいと、伝えねばと、あんまり思ってないということじゃないか、という気がした。
それはもしかしたら私が単にものすごく高いハードルを勝手に自分自身に課しているだけかもしれないし、精神活動を省エネしまくっているということなのかもしれない。
ただ、確実なのは、
たぶん私は、これからも何をどこで食べてインスタ映え、的なことをネタにしてブログを書けないし、
自撮りの写メとツイッターに毛が生えた程度の文章を改行しまくった空白スカスカなやつを投稿することも多分ない、ということだ。



考えた結果、



多分、
私についての何かではなく、
誰かのことを、語ろうとすれば、
それは書けるんじゃないか、と思った。



なので、
これからしばらく、
うちの事務所の尊敬すべき先輩たちと、愛すべき後輩たちについて、ものすごく独断と偏見で不定期連載的に紹介してみようかと思う。
そういうことなら、書ける気がする。
それで自分にブログ書く習慣がついたらもうけもんである。書きたくないわけじゃないのだ。むしろ、私は、ブログ、まともに書く人でありたいのだ。忘れてしまってるだけなのだ。なのだ。



近日、始めます。
どうぞよろしく。。