鈴鹿8耐レーサー浜口喜博のブログ

鈴鹿8耐レーサー浜口喜博のブログ

『夢を持つことの大切さ』を伝える学校講演を実施。
♪みんなのやる気にさせるスイッチを押す♪

学校では触れる事のない、20歳代前半で借金1億を背負うことになって,それでも10億円の夢を実現させた。
そんなウソみたいなホントの話から色んなヒントがある。


テーマ:

『先ずは行動すること!』

というのはよく耳にしたり、様々な本にも

登場しているフレーズで勇気を出して行動

しないと何も始まらないという意味でも

よく書かれています。

 

 

僕も

『一歩踏み出して行動しよう!』

と学校講演では子供たちに話していますが、

僕自身もまず行動してから考えることを

基本として、うまく行かなかったり、失敗したり

時には炎上したりと、色んなことに挑戦して

壁にぶち当たってそれから考えるようにして

きています。

 

 

でもそれ以前に、僕が今まで感じてきた

『行動する』とは本当にただ外出するだけで

遊びに行くだけで、トレーニングに出るだけで

充分価値があると思っています。

 

 

家で、会社でボーっと一日経つより、

悩んでいるより、よっぽど頭の中の整理や発見や

修正すべき点など新たな考えが浮かんできます。

 

だから悩んだ時ほど、外に出て、行動して

そういう時間を無理やりつくって.....

そんなことを何十年としてきて大事なんだと

思いました。

 

 

ただ自転車で1、2時間じっくり走ろうとする

だけでも、嫌々ジョギングするだけでも、

あてもなく外出するだけでも、何か新しいことが

頭にやっぱりこうしよう!と答えを見つけるような

感覚があって、逆にそういうときの方が

よいアイデアが浮かびます。

それが既に一歩踏み出している!!

 

もちろん体にも良いこと

だから進んで言えます!行動しよう!と

 

頑張って行きましょう!

 

                   浜口喜博

 


テーマ:

『壁』は自分がつくってる。
  


レースがはじまるとゴールする。
例えば、20周走ってその速さで順位を決める

レース(スプリントレース)。

8時間、24時間走って速さと周回数を

競うレース(耐久レース)。

 

主にこの2通りのレースに出場してきて、

そして結果として順位があり、それが成績

となって評価される。



 

でもレース活動を取り組もうとする際には、

まず最初に

『このコース(サーキット)で1周何秒で走る事

が出来るか??』

タイムを出すというところに挑戦します。

 
それが速ければレースをすればもちろん有利だし

他のレーサーやライバルが

『どれだけのタイムで走ってる(出せている)』

というところは、 オートバイに出会って

初めてサーキットを走り始めた時から

それぞれに意識が開始され、職業として

活躍しているトップレーサーであろうが、

レースを始めたばかりの学生、趣味でレースに

参加している人々など、差ほど取り組み方は

変わらず、そこにはそれぞれのレベルに合わせて

『壁』が存在するという事になります。
 

それがみなさんと一緒、何かに挑戦しようと

するときに前に聳え立つその『壁』だと思います。

 



オートバイにもよりますが、時速100km/hで走る

マシンもあれば、時速300㎞/hで走る何と怖ろしい

マシンも存在して、その時の自分の技量や思考で

 

『全然速く走れない』  『怖い』 

 『あぶない』  『怪我したくない』

 

なんて自分でしっかりと『壁』をつくって

これ以上は無理だと限界を決め、どうやったら

クリアできるか??悩みに入ります。


上に行けば行くほど、クリア出来ることが

難しくなって行くのは当然で、時にはしっかり

言い訳もします(笑)



 

そこはそれぞれの取り組み方で、しっかり

ブチ当たって乗り越え克服していかないと

いけません。


でも徐々に自分自身がレベルアップ

(タイムアップ)する事によって

『あの壁って何やったんやろ??』

『ビビりまくってたな~!!』
そう気づくときが来て、そのときには

成長しているという事になります。

 
僕も小心者で、思いっきり

"石橋を叩いて渡る"性格の持ち主。

決して挑戦する事が好きなわけでなく、

常に不安でいっぱいです。

  
でもやっぱり小さい事、小さい『壁』を

一つ一つブチ当たってクリアして来たからこそ、

何か新しい事に挑戦するときに一歩を

ふみ出す勇気が芽生えていると思います。

多少は強くなっていると思います。


 
 

『ダメだったら、、また考えたらいいし、なるようになる』

だから夢を持って目標を掲げた挑戦に、自分が

勝手につくった『壁』へ!

一歩をふみ出すことが大事なんだと!

。。。そう思うんです。

 
自分がつくったね。。。
 
浜口喜博
 


テーマ:


結局、負けず嫌いの最強が上にあがって来るものだと思います。
 

それが地域レベルなのか、日本全国レベルなのか、世界レベルなのか。。。

技術的な事はさておき、心の持ち方、基本がこれだと思います。

 

僕が見て来たレースの世界も、みんなが負けず嫌い合戦です!
年齢は関係なく、みんな大人の顔した子供です!ほんと子供です(笑)

 

うまく行かなかったら子供のように悔しがり、子供のように拗ねたりします。

もちろん子供の頃も負けず嫌いで、そのまま大人になった人も多いですが。。。
 


でも、ここからが人それぞれで、しっかり陰で努力してきてある日、めちゃくちゃ成長してかえって来ます!

グズグズ言う前に人の何倍もの努力をしてかえって来ます!言い訳している暇が勿体ないほどです。。

 

 

どんな競技でもそうだと思いますがそれが日本全国で活躍できる人や世界へ行く人達は格段に違っている訳です。(ホント尊敬します!違います。)

 

例えばライバルに、これを目の当たりにされると

『やられたー』ってさらに悔しく、それに勝つ為に努力しようとします。

そのやり取り、かけ引きが一番成長する時だと思います。

 
極論それが悔しくなくなったら止める時だとも思います。(相手にも自分に対してもですね。。。)

 

だから子供のようにドンドン悔しがってる時こそ、その事が今の自分に合っている事で、一生懸命取り組める時です。

 


レベルや技術的なものは人ぞれぞれ、今の段階です。

 

僕もオートバイという乗り物に出会って、描いている目標へ全然うまくいかず、自分の力に納得が行かず、悔しさしかないので飽きずに長く続けてられています。

目標に向けて試行錯誤して頑張るのみです。
 

子供達にもよく相談を受けるんです。

 

『何が一番したいのか分からない』

と。。。。大人でも良く迷いますよね。

 

そんな迷われている時こそ、今何が出来なくて一番悔しい事なのか?そう考えるとやるべき事のヒントになるかも知れません。

 

 

                   浜口 喜博

 


テーマ:

 

実施させていただいている学校の講演では

もちろん

『若くして借金背負った事』 

これは大人の事情であって
内容が極端な例です。

 

もちろん全く触れていないですし。。。。
当然ですが、これからも触れる事は全くないです。

 

でも借金の話がどうでもいいと言いましたが


このプログでは、20歳前半で

"1億円借金"が舞い込んできたけど( ´∀` )
『夢は叶った!』という事が

【僕らしさ】であり【僕なりの経験】

として活きてくるわけで


これは断言できますが。。。

逆に言えばそれが無かったら

『夢を簡単に諦めていた』と思います!

 

常に常に
『クッソー!負けるもんか!』
『見返してやる!』
そう思ってずーっと取り組んできました。

 



幸いレース競技という性質上

その僕の人生の取り組みと夢への取り組み

とが似ていたわけで。。。


簡単に手に入ったり、簡単に達成できる事は
そこまで一生懸命にならないし

逆境があるからこそ
そこに大きな壁があるからこそ
挑戦したくなるものだと思ってます。

 


子供達にもそうですが、与えすぎると

すぐ飽きてしまって

逆に与えずにそれを成し遂げるために
【考える事】【行動する事】【努力する事】
そんな試練を実感し、それを克服する事で

発見や力となって強くなると思います。



何か頑張ろうとしている時は
うまく行かない事、沢山ですね!当たり前です。


でも悩んでいるという事は頑張っている証拠!

目標に近づいているんだと思います!

 

                  

                                     浜口 喜博


テーマ:

 

大きい小さいに限らず

何かに挑戦している人が好きです。

 
 
先日facebookに書いた事、反響の大きさに

驚いています。
多方面から問い合わせいただいたりしていて

ビックリです。
沢山の意見もありがとうございます!
 
借金の話はあまりした事がなかったので

というか20歳そこそこの頃に腹くくって

一生付き合っていく覚悟で

"気にしないように"

"言い訳にならないように"
そう考えて出来る限り表には出していません

でした。中々辛かったですよー。

長い付き合いです!( ´∀` )
 
前回の文章もそうですが、最近その話をすると

周りの人に驚かれて、それに驚いている

単細胞です!(笑)
 

まぁ、親の借金マル被りしたわけと

事情が事情で。。。。。借金ネタだったら

『破産しないで生き抜く方法』
『保証協会との付き合い方』 

『こうやって追い込みはくる!』
その時の対処法などなど。。。。

全て僕が対応、交渉してきたので何十年の経験は

本が書けるくらいの体験談はあると思いますが。。

それが活きてくる時が来るのか来ないのか。。。
(何かの講演ネタとしても、また体験談は話せそう

ですが…( ´∀` ))


気になる方は、僕の主催するイベントに参加して

いただいた時に聞いてくれたらこっそり教えます(笑)

 

 

 
とはいえ、今の僕にはどうでもいい事で

やりたいのは沢山の人々に

『夢を持ってもらいたい!』
『ドアを開いて一歩踏み出して欲しい!』
そう伝える事です! 

何年も前からこれは明確変わらずです!
 
みんなが自分の事や子供の成長、それぞれの立場で
夢や目標に向かって頑張られているという事で

頭が下がります。
 
そういう仲間で共有して頑張って行く事が

ホント大事だと思っていて、近いうちに何か組織化

できればと考えています。僕もパワーをもらいます!

 
夢を持って行動するというのは結構、孤独。

『本当にこれで人生大丈夫なんかな??』

 
自分自身との戦い。。。殻を破る事が中々出来ない。

『いつになったら夢なんて叶うんやろ???』
そんな事で悩む事がホント多いです。
でも悩んだり苦労した事が必ず後からプラスに

なっていると思います。少なくとも僕はそうです!

  

これから色々伝えていきたい僕の考え方、決して

正しい事ばかりではなく、間違った行動や言動も

多いかも知れません。しくじりも沢山です。
 
ただ僕自身がこうやって考えて行動して来て今に

至る。その事実を参考にしてもらえて、一人でも

多くの人に何か挑戦する事に対してプラスになれば

嬉しいです。
 
とくに今、出来る限り学校での講演活動を増やして

いきたいと動いています。
そこでは逆に僕も学ぶ事、そして発見ばかりです!
現在、10月で2校程予定があり、これからも増えて

いきます。
行ける限りドンドン行動に移していきたいです!


 
夢の近道、何をするにしても結局一人では

やれる事は限られていて一人でも多くの人に

応援してもらえるかだと思ってます。

 
でも何かに一生懸命チャレンジする事は、大丈夫!
絶対誰かに応援してもらえますよ!
 
18歳の頃は、本気で『ねるとん紅鯨団』に

出演できないか一人で悩んでいた浜口です。

 

色んな意見もドンドンいただけたら嬉しいです!

自信をもって一緒に頑張りましょ!

楽しみですね!!

 


                 浜口 喜博

 

伊勢志摩 de 海鮮CAMP!参加者募集中です!

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス