感動して目覚めさせられる映画 | 浜田義之 オフィシャルブログ
2019年01月02日(水) 08時07分03秒

感動して目覚めさせられる映画

テーマ:悟りと気づき

 

こんにちは、降ってくる言葉を綴る、

マスターこと浜田義之です。

 

映画にはものすごい気づきを与えてくれ、

重要なきっかけを与え、

ときに人生を大きく好転させてくれる作品があります。

 

わたしには何本ものそんな作品があるのですが、

今日ご紹介する映画も、そんな素晴らしい一本です。

 

この正月にぜひご覧になって欲しいと思います。

 

わたしは昨年末ごろから、

ジョディー・フォスター主演の「コンタクト」という映画が

とても気になりだしました。

 

この作品はわたしの大好きな映画で、

これまで何度も見てきました。

 

ですが昨年末あたりから、

今また観たいという気持ちが湧いてきたんです。

 

潜在意識が「今観なさい」と囁いてきたんですね。

 

で、観てみたら、もうめちゃくちゃ感動でした。

 

ジョディー・フォスター演じる主人公エリーは、

天才天文学者なのですが、

幼い頃大好きだったお父さんが亡くなったことで、

神様を科学的でないという理由で信じなくなっていました。

 

 

実は密かにエリーは、

自分が気をつけていればお父さんは

死なずにすんだにのにと、

自分を責めていたのです。

 

彼女はお父さんの影響から、

地球外の知的生命体との交信を信じ、

研究を続けていました。

 

そんなある日、宇宙から知的生命体からの

メッセージが届きます。

 

世界中が驚きと感動と、

恐れと否定などのあらゆる感情に揺り動かされます。

 

そして知的生命体からのメッセージにより、

次元を越えて旅をする宇宙船が建造され、

発見者であるエリーも搭乗のための試験を受けます。

 

 

ですがエリーは神を信じていません。

 

選考委員たちは言います。

 

世の中の70億の人たちは、

なんらかの神を信じ、信仰しています。

 

あなたはその人たちになんと答えますか?

 

エリーは答えることが出来ず、

搭乗権を失います。

 

ですが思いもかけない数々の展開から、

エリーは宇宙船に乗り、

時間と空間を超越した旅に出ます。

 

 

そこでエリーは神聖な経験をします。

 

以前、自分の内に

仏性があることを禅の老師が見抜いてくれた話

を書きましたが、

 

エリーは神聖な経験を通して、

自らの内の仏性(愛・慈悲・奇跡の本質)に触れるのです。

 

映画のクライマックス、エリーは大勢の前で語ります。

 

「証明も説明も出来ません、

だけどわたしの全存在が、

あれは事実だと告げるんです」

 

「あの経験はわたしを変えました!」

 

「わたしたちがいかに小さいかを教わりました

同時にいかに貴重な存在なのかも」

 

「われわれはより大きなものの一部であり、

けして孤独ではありません」

 

「そして一瞬でもみんなに感じて欲しい、

あの畏敬の念と希望を」

 

涙ながらに語るエリーが、

神聖な経験を通して触れた

わたしたちの内の仏性だと気づいたとき、

わたしも大感動してしまいました。

 

今年は平成の時代が終り、

新しい時代が幕を開きます。

 

たくさんの人が、自らの内の仏性に触れ、

喜びと幸せを分かち合っていく。

 

そんな時代に、ぜひなって欲しいと願っています。

_____________________

ブログではお伝えしていない、

マスターの体験を通した知恵をお伝えしている、

マスターの無料シークレットメルマガはこちら
─────────────────────

よろしかったら、ポチっとお願いします

   ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

浜田義之さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス