皆さま、こんばんは爆笑

今日は日本中医薬研究会主催の定例セミナーに参加してきました。


テーマは、『高齢妊活』。

女性の体の仕組み的に、年齢が上がれば上がるほど妊娠しにくくなってしまいます。

というのも、いろいろな要因はありますが、簡単な要因の一つで言えば、毎月の月経を重ねるごとに、作られる卵子の数が減ってしまうのです。

(これは以前、女性ホルモンバランスプランナーの資格勉強を通して学んだこと。)

では、年齢を重ねてしまったからもう妊娠を諦めなきゃいけないかと言うと、そうではありません。

卵子の数が多ければ、数だけで言えば確率は上がりますが、そもそも卵子の質が悪ければ着床はしにくくなる可能性もあるし、たとえ着床しても、無事に出産までつながるとは限らないからです。

そのため、重要になってくるのが、卵子の質なんですねおねがい


はい、ここまでが私の持っている知識でしたキョロキョロ

今日のセミナーでは、子宮内膜の話や、月経量がどう関係しているのか。

先生の臨床の場での患者さまたちを例に、高齢妊活に適用し無事に妊娠にまで至った処方例や、腎精と腎気のお話など。

もうあっという間な時間となりましたラブ
もっともっと頭の中の引き出しを増やしたい。
そして、自分の頭の中のパズルをいつか完成させたい。

ドラえもんのポケットみたいに、漢方相談をされたときに、「はい、これ!〇〇〇〇」と言ったようにお伝えできるようになりたい!

と、やる気いっぱいになりましたクラッカー

定例セミナーの後は、中医薬研究会の新年会に突入ビックリマーク


さすが、中医学のお食事会。コースが始まる前に、イスクラの「晶三仙」が配られましたニヤリ

胃の消化と腸の吸収の手助けをしてくれて、さらにお酒飲みさんにもおすすめの漢方薬です。

今日はそんな1日でしたラブ

明日からまた1週間。頑張っていきましょう


美容家 濱田文恵