はまっちの燃える闘魂診断士
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2017-09-23 09:43:13

青年部ワンコインセミナーのご案内

テーマ:ブログ

東京協会の診断士向け、青年部主催のワンコインセミナーのご案内です。

今回のテーマは「メール営業術」。
メールで営業?という言葉に違和感を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、顧客とのアポイント、情報提供等、顧客との数多くの接点となるメール、タイミングを捉えて適切な内容を相手の心に届く言葉遣いで送る、など工夫を重ねることで、顧客との関係を深めることもでき、実際の面談の際に「いつもメールありがとう」などの言葉を引き出すきっかけになることも!
超大手IT企業の営業マンでメールをフル活用することで、トップクラスの営業成績を持つ水本会員によるセミナーです。

皆さん、是非、ご参加下さい!!

【タイトル】
心をつかむ!仕事につながる!!目からうろこの「メール営業術」セミナー
〜信頼を強化して、効率よく関係構築・新規開拓するノウハウをお伝えします〜

【本文】
「メールで営業」というと違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、メールは顧客との信頼関係を構築し深耕するための、非常に重要なツールです。

 なぜなら、営業やコンサルにおいて顧客との関係構築は必須ですが、「リアルの面談」を
できる機会や時間は限られており、メールは、顧客とのアポイント、情報提供、クレームへの対

応など、営業のあらゆる場面での顧客接点となるからです。
 しかし、この貴重な機会を皆さんはどう活用されているでしょうか?情報提供やスケジュール
調整だけに使っているとすれば非常にもったいない!営業ステージごとのメールの内容、
タイミングを捉えた送信、思わず返信したくなるような言葉使い、など、メールの特性を知り、
工夫をすれば、メールコミュニケーションだけで顧客の心をつかみ、顧客からの信頼を
勝ち取ることもできます。「リアルの面談」でより顧客との関係を深めることもできます。

 本セミナーでは、まず新規見込客・既存顧客のフォロー、受注活動など営業における
様々なステージで、どのようにメールを活用すると相手から信頼され、受注につながるかを
お伝えします。
 またメールのマナーやルールをお伝えし、ワークを交えながら「開く」、「伝わる」、
「返信される」メールを学び、ビジネスの信頼力・営業力の向上につなげます。

 講師は超実力主義・超体育会系の営業会社で有名な東証一部上場大手IT企業の
営業マンである水本会員。同会員は売れない営業マンの時代を経験した後、
メールを駆使した販促や顧客対応を実施したことで、新規顧客を100社以上開拓して
売れる営業マンへと変革を遂げました。
 今では営業活動はメール営業8割、リアル営業2割と社外に出ずに効率よく受注活動を
実施しながら、営業成績は常にトップクラスです。
 本セミナーでは、その現場で培ってきたノウハウを技術に加えて、泥臭い面も含めて、
存分にお伝えする予定です。

 営業や独立コンサルの方はもちろん、企業内診断士で特に取引先や他のキャリア豊富な
診断士とメールでやり取りする方も活用できるセミナーとなっております。
 
 メール営業術という、きっとここでしか学べないセミナーです。奮ってご参加ください!!


●日時:
 10月3日(火)19時30分〜21時00分

●会場:
 中央支部事務所

●講師:
 水本大樹(みずもとひろき)会員

●定員:
 35名 (先着順)

●参加費:
 500円

●参加資格
 東京都中小企業診断士協会会員
*中央支部以外の他支部の方も参加可能です

●申込:
 中小企業診断協会の マイページより申し込み http://www.j-smeca.jp/

 ※マイページから申し込めない場合は、
 1)氏名、2)所属支部名、3)連絡先(メールアドレスおよび電話番号)、
 4)懇親会参加有無、を明記して、青年部の小石悟史<kosh-s514@ax.em-net.ne.jp>まで
 ご連絡ください。

●締切:
 10月1日(日)
 ※定員になり次第締め切ります。
 ※セミナー終了後に懇親会(別途実費4000円程度)を予定しております。
  参加希望の方は申込時にご連絡ください

 

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

2017-06-17 11:29:38

数字を「読む」ということ

テーマ:ブログ

経営企画の重要な仕事の一つに「数字を読む」ことがあります。

 

・決算の実績を見て、なぜこのような結果になったのか?理由や背景を「読む」

→改善すべき問題点を見つけ、対策を検討・実施する

・実績の分析等を踏まえて、着地数値を「読む」

→目標に未達であれば、ギャップを埋める対策を検討・実施する

→目標を過達であれば、先行投資や従業員への還元を行う

 

どちらにしても、数字を読むためには、

1)数字の見方を知ること

2)数字の背景である事業を知ること

 

が必須です。この1の数字を見るには、

 

・比較する

・分解する

・組み合わせる

 

という3つの視点が有効です。東京都中小企業診断士協会中央支部執行委員の専門家コラムで、3つの視点の解説を下記のコラムにまとめていますので、

よければご参照ください

 

http://www.rmc-chuo.jp/manager/column/3201511.html

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

2017-04-25 00:00:26

小規模企業持続化補助金について

テーマ:補助金・助成金
小規模企業が販路開拓への取り組みの際に使える小規模企業持続化補助金の追加公募が5月末までのようですね。
以前、創業者の母子手帳で有名な創業手帳に事業計画の策定のポイントについて僕が執筆した記事があるので、興味のある方は参考にしてください。
http://sogyotecho.jp/subsidy-for-enterpreneur/?sp=more
※昔の記事なので、現在の追加公募と内容とは条件等が異なる可能性があります


にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。