早大南門通り 喫茶店 早苗さん

 

 

 

 

店頭に珈琲焙煎機を導入するので、電源工事を依頼

 

されました。電圧は3相200V(動力)です。

 

動力電源の機器を導入する際、需要者が負荷契約の場合、

 

契約している電力会社に申請手続きが必要となります。

 

コーヒーマシンの仕様です。

 

 

消費電力は8kw!

 

 

 

 

動力分電盤の工事後の写真です。 

 

焙煎機専用のブレーカ(左端)を増設、動力主幹漏電ブレーカも

 

1サイズ容量の大きいものに交換しました(左から2番目)

 

 

 

 

焙煎機用のコンセント(アメリカン電機製)

 

今回の当社の工事範囲は、

 

 

1、 電力会社(東京電力パワーグリッド)への増設申請

2、 焙煎機用の専用ブレーカと専用電源線の配線

3、 焙煎機用のコンセントの設置

 

 

となります。

 

 

 

動力機器を新設、増設では導入機器のメーカー、

 

形式(型番)をお知らせ頂きます。 また機器の設置位置、

 

ブレーカの所在地などの必要な情報が有りますので

 

現地見積を行い、見積提出後にご判断して頂いています。

 

 

 

本日、お店に寄って機器の設置を拝見しました!

 

 

OK