戸建住宅の方からです!

 

 玄関の門灯が故障したので治して欲しい! 」

 

写真の通り、かなりの年代物の照明器具です。。。


 

 

 

このサイズで、器具ごと新しく交換しようとしても選択肢が

 

とても少ないのです。(はっきり言いますとほとんど無いです!)

 

床置き型で、防雨仕様、交換後に元の器具取り外し痕が

 

見えない大きさ、玄関の門灯なのである程度のデザイン性は

 

欲しい!、などなどの全ての諸条件を満たす器具が有りません。

 

 

 

開けてみますと、

 

 

丸型蛍光灯(サークライン)が取り付けて有りました。

 

故障(不点灯)の原因としまして、蛍光管の寿命切れ、

 

点灯管(グロー)の故障、安定器の故障などが主な原因です。

 

「 電球(蛍光管)の交換がメンドくさ~ 」

 

「 そもそも点灯していてもなんか暗かった~ 

 

ということで、交換手間の簡単、尚且つ寿命の長い

 

ネジコミ式のLED電球 を取り付けれるように器具を

 

改造しました。

 

 

真ん中の電源線以外の部品を全て取り外しました!

 

 

ネジコミ式電球を取り付けられるE26ソケットを付けました!

 

 

最後に、蓋(カバー)を清掃して被せますと、

 

 

昼間なので、それほど明るく感じませんが白熱灯100w相当の

 

LED電球なので、暗くなると十分な明るさが確保出来ましたグッド!

 

 

もう一箇所の工事では、お庭の入り口付近に照度、人感

 

センサ付きの照明器具を取り付けました。

 

工事前

 

 

工事後

 

 

取り付けた器具はこちら

 

 

なかなかの高性能で、人感センサ、照度センサの他に

 

タイマーも付いています!