マンションの管理組合様からの工事依頼です。

 

 

震災、災害などによる大規模の停電時に発電機による、

 

電源供給を瞬時に切替可能にする工事をしました。

 

先日の新座の東電発電設備の火災による首都圏の大停電は

 

記憶に新しいところです。東電の送電ルートの緊急切替に

 

よって奇跡的な回復の速さで、わずか1時間足らずでの停電に

 

収まりました。。。

 

今回の工事では、大分規模が小さくなりますが同じような

 

考え方のもとに、発電機を利用して緊急時に備える工事です。

 

 

 

上下に箱が2つ付いています。下の箱は今回の工事で

 

取り付けました。箱の中には、電源切替器を付けました。

 

上の箱には共用部の電源のメーター、契約ブレーカ(SB)、

 

分岐ブレーカなどが付いていまして、普段は東電からの電気を

 

各共用部の照明、コンセント、他電気設備へと電源を供給

 

していますが、災害などで東電側からの電源が停電によって

 

遮断されたときに、近くに設置しています発電機を手動で

 

起動し且つ、切替器のツマミを発電機側に切り替えることに

 

よって、共用部の各電気設備が瞬時に復活!します。。

 

 

 

 

福島電機株式会社製の電源切替器です。

 

 

電源切替器 OGS-20

 

 

管理組合の理事長様には大変喜んで頂きまして、

 

これから定期的に住民の皆さんと

 

避難訓練をされるということでした!グッド!