まずは室内側の親機の工事です。
 
 親機には100vの電源が必要です。


お客様の親機の取付希望位置が特に決まっていないとの
 
事でしたので、ご相談のうえ電源配線を隠蔽出来る
 
可能性の高い分電盤下にしました。




 
 
天井下に取り付けてあるクローゼット内に
 
分電盤が付いていまして、壁の中を電源線を配線出来ました。

子機の取付場所ですが、 右側にうっすらと
 
見えるのが通用口の扉です。 
 
この扉の外側に子機を取り付けました。
 
 
 
 
ドアホンの工事では、親機と子機の間に信号線の
 
配線が必要になります。 
 
このたびの工事では、途中まで露出配線(モール仕上げ)、

途中から隠蔽配線(壁の中)にて施工しました。
 
 
 
 
右下の黄色い矢印が子機からの信号線を覆っているモールです。
 
 

 
 
拡大するとこんな感じです。
 
必要最低限での露出配線工事となりましたOK