マンションのお客様からのご依頼でした。

キッチン、お台所の背面の壁に凹みがあるのですが、
 
その凹んだ部分にはコンセントが有りませんでした。




右上の黄色い矢印が今回のコンセントの増設元と
 
なるコンセントです。写真の左側にはすでに、
 
コンセント増設用の壁の開口が終わっています。 
 
その下に見える緑色の横線は、ボードの粉が
 
落ちないようにしてある養生付きテープのテープ部分です。 

ちなみに今回取り付けましたコンセントの
 
取り付け高さは床から、1m20cmぐらいの
 
ところに付けました。 この高さにしましたのは、
 
電子レンジやミキサー、炊飯器などの調理家電は、
 
キャスターやキッチン用家具に置く場合が
 
ほとんどなので、 差し込みの入れ替えなどが
 
容易に行えるようにこの高さでお客様にご提案致しました。

先に説明しました黄色い矢印のコンセントから
 
増設先のコンセントまでは、およそ3mほどの
 
距離があるのですが、横引きの配線距離で

2m、縦引きで1mぐらいでした。 
 
これが新築時やリフォーム中の壁を貼っていない
 
状態であれば、壁の内側での配線(隠蔽)が
 
可能なのですが、既築住宅ではなかなか
 
うまくいきません。 当然、天井の点検口も有りません。
 
こういう場合は、モール(配線のカバー)を

使って配線を隠す露出配線になります。






モールを使うとこのようになります
OK
 
工事前にはお客様に施工後を

イメージ出来るようにご説明させていただきます。

 

 

 

 

コンセントの増設の事例は2012年10月分などが
 
参考になると思います。