マンションの天井の引っ掛け埋め込みローゼットから、

配線ダクトへの変更工事をしてきました。

 

左側が埋め込み型の引っ掛けローゼットです。

右側は、露出型の引っ掛けローゼットです。

今回の工事のお宅には埋め込み型が付いていました。

埋め込み型の場合、引っ掛けローゼットを
 
取り外したときに大きな穴が開いていまして、
 
その穴の直径が配線ダクトよりも大きいのです。 
 
これはどういうことになるかと言いますと、

穴を隠すように配線ダクトを取り付けても、
 
ダクトの幅が穴よりも

狭いので穴が隠し切れないのです。



既に横に配線ダクトの取り付けが終わっているのですが、 
 
この穴を最終的には隠さないといけません。



隠すとこのようになります。 これで全ての工事が完了です!

ライティングレールのその他の工事事例はこちら