続 年金を貰う為に仕事を辞めるか否か | 鉄は熱いうちに打て!~ IT社会保険労務士 濵本絵美@東京都府中市~

鉄は熱いうちに打て!~ IT社会保険労務士 濵本絵美@東京都府中市~

IT企業に12年間勤めていましたが、これまでとは異色の業界の「社会保険労務士」として開業しました。
こんな社会保険労務士がいても良いのでは?!


テーマ:
おはようございますトースト
IT社会保険労務士濵本絵美虹ですアップ

在老に引っ掛かかっても
思う存分仕事をして頂きたい

等と前回は生意気を書かせて頂きましたが今回はちょっと悩んだケースのお話

ご相談にいらっしゃったのは61歳の女性
既に年金受給者ですが未だ働いており希望すれば65歳まで働けるという素晴らし職場にいらっしゃるとのこと

「65歳まで働いた方がいいかしらはてなマーク
と質問されましたので

「もちろんですとも!!
といつもな調子で答えました

んがぁ

この方、ご主人様が既に亡くなっていて遺族厚生年金を貰われていらっしゃいました

65歳以降は遺族厚生年金と老齢基礎年金は併給されます
しかし、遺族厚生年金と老齢厚生年金は老齢厚生年金が優先されます

今後65歳まで働いて
遺族厚生年金<老齢厚生年金
とならない限り、いくら働いても受け取る年金額の合算値は増えません

試しに今すぐ退職したパターン
65歳で退職したパターン
おまけに70歳で退職したパターン

の3パターンで年金額の試算をしてみましたが
70歳まで働いても遺族厚生年金の方が金額が高い状態でした

ものすごく言いづらいのですが
事実を伝えなければなりません

でもでもでもでもでもでも働く意欲がSAGE
なっちゃったらどうしよう苦

その女性はとても優しいお方でして
事実は事実ですから家に帰って家族と相談してみまねのほ
と仰いました

苦肉の策ではありますが、65歳以降の年金を増やす方法があります
それは厚生年金を辞めて国民年金に任意加入する方法です
国民年金に加入すると老齢基礎年金が増え
その増えた老齢基礎年金と遺族厚生年金は併給できますからね

給与所得が無くなる、又は減らされた状態で別途保険料を支払う
これが本当にベストな答えなのでしょうか・・・

私の中では、まだモヤモヤとしていて答えが出ていませんダウン

---------------------------------------------------
府中をこよなく愛ラブラブする自称「IT社労士」です
人事・労務に関するご相談がありましたら、お気軽にお問合せ下さい!


---------------------------------------------------

IT社会保険労務士 濵本絵美@府中さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス