それは10月にはいってすぐのことだった。

俺と香子はいつもどおり俺の陸上部の練習が終わるのを待って一緒に帰ろうとしていた。香子は俺を待って図書室で宿題と翌日の予習をしていた。俺が練習が終わってズボンだけ替え、Tシャツのまま図書室へ香子に声をかけに行った。

「香子偉いな、俺、授業の予習なんてほとんどしないよ」

香子は困ったような顔で笑った。

「私、勉強しないでいい成績取れるほど頭よくないもん」

こういうとき、香子は自分が勉強していることを隠さないし、自分が成績がいいことを否定しない。俺は、あまりというか、勉強の成績は中の中だから、香子の成績がいいことはすごくうらやましいし、いいことだと思う。

「ほら、淳がトラックの練習するのとおんなじよ、練習のほうがよっぽど大変」

香子は細い声で笑う。

「俺としては香子が予習していることのほうがすごいと思うね」

「でも淳のほうが記録って言う形が残るわ。一度でいいから淳みたいに走ってみたい。あの体育科の先生連中が私のことをものすごく馬鹿にするの、仕方ないけど、ほんとは悔しい」

確かにウチの中学の体育教師たちは運動ができる子を必要以上にひいきする。

「俺は香子みたいな成績がとってみたい。親なんか、おどろくぞお」

ははは、と香子は屈託なく笑う。

「じゃあ一緒に勉強しよ」

俺は無理!と表情で示した。俺と香子では勉強量が違う。

他愛なく、お互いがお互いに相手の好もしいところだと思っているところをからかいあいながら教室に戻り、香子の荷物をまとめた。教室にはもうほとんど残っている連中はいなくて、そいつらも荷物をまとめ終わるころには帰ってしまった。俺は丁度いいからシャツを着る前にTシャツを着替えてしまおうと思った。部活後の更衣室は混んでいるから2年生の身ではジャージをズボンに代え、靴下をトレーニング用のクッションの入ったものから普通のものにはきかえるくらいしかできない。Tシャツを脱いでシャツを着ればいいのだろうが、香子と帰るのだから素肌にシャツというのはなんとなく気恥ずかしい。だから、仕方がないなら上半身はグランドで顔と腕をざっと水で流しただけであきらめるが、教室に誰もいないなら着替えたい。いや、正直言うと、汗臭くないかなって心配なんだ。自分ではわかんないし。

香子が外で見張りをしてくれている間に俺は急いでTシャツを脱ぎ、持ってきていたタンクトップを着る。

「律儀ねえ」

香子はあきれたようにいう。でも、俺が中に何も着ないでシャツを着ていると、香子が俺の上半身を見ないようにしている気がするのだ。

「律儀だろう」

あわただしくジャージと同じ袋にTシャツを突っ込み、教室から出た。

「おまたせ!」

外に出ると、香子はカバンを持ち直してにっこりと笑った