東京都道61号(山田宮の前線)の改良 (昭和編) | 道徒然話

道徒然話

橋やトンネル等を訪問したり、原付や鉄道でうろちょろしたりした記録。また公報・官報の情報も上げていきたい。

 当該都道は、あきる野市山田から八王子市高尾辺りまでの都道である。関東平野の端の端なので山がちである。昭和の中期辺りまではか細い道がへろへろとあったが、市街地化してきて今は普通の快適道路。
 当該都道はかつては五日市浅川線、上川口宮の前線、平井上川線といった。東京府公報及び東京都公報にて告示のあったものを、拡幅を除いて紹介。

都道61号の図
イメージ 1

(※東京都公報にある供用開始日は、実際の開通日とは違うように思う。)

●S12/10/05 八王子市下恩方町~美山町の改良
イメージ 2
告示と図。この時代は五日市浅川線。

この変更箇所を平成元年の航空写真で見てみると
イメージ 3
軽い山越えがあるみたい。コレは行ってみたいな~なんて思ってたら・・・。

場所はココ
イメージ 4
山越え区間はうまい事圏央道に重なって潰されとるがな。


●S35/06/23 八王子市美山町の改良
イメージ 5
区域変更の告示。まぁ供用開始もこの辺でしょうけど。

図はコレ↓
イメージ 6
前後は拡幅。

場所はココ
イメージ 7
バイパスと旧道の分岐点当たり。


●S42/05/13 八王子市美山町の改良
イメージ 8
区域変更の告示。供用開始も大体・・・。路線名は上川口宮の前線(と平井上川線)になった。

図がコレ↓
イメージ 9
S35であった改良に似てる感じ。

場所はココ
イメージ 10
昔の道って無意味に曲がってるな~って思う。


●S46/05/08 八王子市元八王子町の改良
イメージ 12
区域変更の告示。

場所はココ
イメージ 11
中央道と交差するところ。当時は現幅員の半分以下。


●S51/06/29 八王子市川町~元八王子町の改良
イメージ 13
区域変更の告示。

図がコレ↓
イメージ 14
八王子霊園の整備に伴うもの。

場所はココ
イメージ 15
 当然旧道は霊園整備で潰されて既に無い。そしてこの区間の南側、中央道あたりまでは、航空写真を見た限りではそれより少し前に出来たようだが、告示は見てないな~。


●S51/09/11 八王子市元八王子町の改良
イメージ 16
供用開始の告示。

図がコレ↓
イメージ 17
終点~中央道交差部の現ルートが供用開始。旧道もまだ都道。

場所はココ
イメージ 18
ちなみに都道46号側のバイパスはS55あたりに出来たようだ。


●S54/05/10、S56/12/16 あきる野市山田~八王子市上川口の区域決定
イメージ 19
↑S54/05/10に五日市町(現あきる野市)側で区域決定。

↓S56/12/16に八王子市側で区域決定
イメージ 20
 当時は平井上川線といった。平井上川線自体は結構前に認定、供用開始もされてると思うが、それは都道7号より北側であって、南側の都道7号~終点は認定されただけだったようだ。

場所はココ
イメージ 21
秋川を渡る箇所は橋の無いところ。橋は無いが区域となった。


●S55/02/01 八王子市下恩方町~市川町の改良
イメージ 22
区域変更の告示。

場所はココ↓
イメージ 23
小田野トンネルの区間。

以上、昭和編は終わり。次は平成編。