岩手県道281号(矢巾西安庭線)の経路変更 | 道徒然話

道徒然話

橋やトンネル等を訪問したり、原付や鉄道でうろちょろしたりした記録。また公報・官報の情報も上げていきたい。

 当該県道は矢巾町から雫石町南部の山間部に至る県道で、両町への最短経路となっているが、町境にある峠が1~1.5車線の狭路であり、舗装も簡易的なものや未舗装もある難所であった。しかし、その両町を繋ぐ広域農道がH5に開通し、町道として管理されてきた。農道と県道ということで、農道が県道に代わるなんてコトは無さそうと思ってたが、農道開通から約20年後、動きがあった。
 
場所はココ
イメージ 1
広域農道は2つのトンネルを有する2車線道路である。
 
 
H25/03/29に出た告示
イメージ 2
 「A」が元々の県道で約12キロ、「B」は広域農道の矢巾町分。県道分岐から「南昌第1トンネル」内の町境までが新たに県道区域となったコトを示している。
 
そして4日後のH25/04/02に出た告示。
イメージ 3
 広域農道の雫石町区間が県道区域となり、4日前に区域となった矢巾町側と併せて約11.7キロが県道となり、旧来の区域であった「A」は県道ではなくなったということ。
 
地図で示すと↓
イメージ 4
「A」区間の廃止と「B」区間の昇格により、県道281号の終点位置は変更となった。
 
 たぶん町道となった旧ルートはいつまで通れるだろうか。このまま廃れていくんかな?区域が変更された当該県道であるが、yahoo地図なんかは前のまんま、地理院のも同じ。mapionは変わってた。
 
以上