青森県道111号(権現崎線)の区域変更 | 道徒然話

道徒然話

橋やトンネル等を訪問したり、原付や鉄道でうろちょろしたりした記録。また公報・官報の情報も上げていきたい。

青森県道111号(権現崎線)は小泊の町から小泊岬まで県道である(起点は岬の方)。
 
場所はココ[北津軽郡中泊町(旧小泊村)]
イメージ 1
西北地域県民局の管内図を見ると、起点付近に破線表示がある。コレは不通区間を示している。
 
H26/05/19にはココに関しての告示がでた。
 
イメージ 2
 
これが内容。
イメージ 3
 約900m短くなったという。肝心なのは「前」にある幅員1.00mの区間が無くなってるという事だ。つまり不通県道から普通の県道になった。
 
地図で示すと↓
イメージ 4
 5/18までは赤で示した海岸沿いの歩道?が県道であったが、今回ソコが廃止された。ネットで調べてみたら、県道であったであろう区間は崩落してたりして、道が無いところもあったりしてたようだ。そして新起点付近にはバリケードがあるようだ。
 
こうして不通県道がまた1つ消えた。尤も、この県道に関しては不通県道であったという認識はなさそうだが。
 
以上