埼玉県道343号のルート変更(S60年代) | 道徒然話

道徒然話

橋やトンネル等を訪問したり、原付や鉄道でうろちょろしたりした記録。また公報・官報の情報も上げていきたい。

 埼玉県の昔の管内図を見てて気になったところがあった。東松山市と鳩山町の境辺りで、当該県道のルートが変わってたのだ。
 
イメージ 1
 県道343号(岩殿岩井線)は、毛呂山町から鳩山町を経て東松山市までの県道。終点付近で昔とルートが違っている。
 
イメージ 2
 昭和54年の管内図では山の中を突っ切ってるが、昭和63年の管内図では川沿いに変更されている。コレを見た時、以前のルート(旧道)は不通か、それに近い狭さやろなぁと思って気になったわけだ。
 
今の地図を見ると
イメージ 3
ガーン!!ゴルフ場になっとるやんけ。これは旧道なんて既に消えてるわな~。
 
旧道辿りは無理やから、このルート変更はいつ行われたのかを調べよう。埼玉県公報を見ると一目瞭然。
 
イメージ 4
 昭和60年3月29日の告示で(B)が追加された。(B)というのが現ルートで(A)が旧ルートを示している。現ルートは既に東松山市道、鳩山町道として供用してた(備考欄から考えると)ので、それを県道区域にしたというわけだ。
 
 
イメージ 5
 すぐに(A)が県道区域から外れるかと思ったが、それが実施されたのは昭和63年3月1日だった。つまり約3年間は現道と旧道の2重経路だったことになる。当時、旧道は東松山市道、鳩山町道になったようだが、そこもゴルフ場になって既に無い。
イメージ 6
昭和49年の航空写真。細~い道が森の中に伸びてる。未舗装だったりしたとか?
 
 
イメージ 7
昭和49年の起点付近の航写真。このAで示した区間が今もあるような気がする。
 
 場所はココ
イメージ 8
 yahoo地図で赤で示した区間の線形はやはり旧県道と同じだ。ただ、線形が同じだけで路面とかは昔のままという訳は無いだろう。そもそも入れるのかって事やけども。
 
以上