院長先生のご感想 | 院長夫人のための人気医院に必要なスタッフ教育とコミュニケーション

院長夫人のための人気医院に必要なスタッフ教育とコミュニケーション

院長夫人のファシリテーション力を生かし、医院経営に必要な組織のモチベーションを強化。夫が代表を勤める歯科医院で培った医療現場から、医療に専念出来るようサポート。内側から活性化する医療マネジメントをお教えします。


テーマ:

●院長先生のご感想

 

 

こんばんは、今田秀子です。

 

 

今日は院長夫人塾を修了された方のご主人、

つまり、院長先生からいただいた感想をご紹介しますね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1,奥様は、院長夫人塾を受講される前はどのような悩みがおありのご様子でしたでしょうか?

  自分の医院の中での立ち位置を、模索しながら悩む毎日であったと思います
 
 
2、院長先生は院長夫人塾にどのようなことを期待されていらっしゃいましたか?

同じ様な境遇で、同じ様に悩む方が間違いなく沢山居るはずですので、その中でデスカッションし、
自分の軸が決まり、目差すべき方向が見えて来れば良いと考えていました。
 
 
3、院長夫人塾を受講されて良かったことを教えていただけませんでしょうか?

上記につき、自分なりの答えが出たのではないか、と思っています。
また、御指導頂いた事を、家内も即実践し、医院経営の中で、最重要項目の一つである、
スタッフ管理に置いて、私の裁量では到底、及ばない所までサポートして貰って居ります。
 
 
4、これからの院長夫人塾に期待されることがございましたら、是非ともお知らせください。

歯医者の痛みは歯医者にしか解らない。仲間の歯科医とよく話すフレーズです。
同様に院長夫人の痛みも院長夫人にしか解らないのではないかと、考えて居ます。
何故かと言えば、院長に比べ、閉鎖的に成りがちな院長夫人という職業に、
この様な解放的な場を築いて頂いた今田先生に感謝致します。
これからもお互いに何でも、話し、相談出来る場であって欲しいと思います。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
 
 

 

医療人財コンサルタント 今田秀子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス