院長夫人塾第4期 早速お申込みいただきました | 院長夫人のための人気医院に必要なスタッフ教育とコミュニケーション

院長夫人のための人気医院に必要なスタッフ教育とコミュニケーション

院長夫人のファシリテーション力を生かし、医院経営に必要な組織のモチベーションを強化。夫が代表を勤める歯科医院で培った医療現場から、医療に専念出来るようサポート。内側から活性化する医療マネジメントをお教えします。


テーマ:

●院長夫人塾第4期 早速お申込みいただきました

 

 

こんばんは、今田秀子です。

 

 

6月スタートの院長夫人塾第4期、早速お申込みいただきました。

 

 

お一人お一人にがっつり向き合わせていただく、講座のため、定員4名で開催します。

 

残席3名さまとなりました。

 

 

あなたがもし受講をご検討いただいているのでしたら、お早めにお申し込みいただいたほうが良いかもしれません。

 

 

さて今夜は、3期の受講生が受講直後に下さった感想の一部をご紹介しますね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今田先生、日曜日はありがとうございました。

 

寂しさと、達成感と複雑でした。

 

最終講義は、これまでの講義内容の芯を学んでいるなと感じていました。

 

先生がおっしゃる言葉ひとつひとつ、全部もらしたくないという気持ちでした。

 

それは、4回と回を重ねる度に言葉の力の凄さがよく分かったからです。

 

「例えば」と先生がやってみてくださるのが、一番分かりやすく理解が深まります。

 

先生の選ぶ言葉、表情、声、間、全部を体で覚えたい、そんな気持ちでした。

 

(後略)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

とても熱いメッセージに私も胸が熱くなりました。

 

 

ありがとうございます。

 

 

受講生のみなさんに共通するメインの解決したいお悩みは、スタッフとの良好なコミュニケーション。

 

 

スタッフが活き活きと仕事に向かえるようになるためには、

 

院長先生の思いを誤解なく円滑に届けるために、

 

日ごろの何気ないコミュニケーションの質を上げておくことは必須。

 

 

スタッフと強固な信頼関係を築くためには、いつも通りのコミュニケーションにひと工夫が必要です。

 

 

そんなコミュニケーションの方法を、クリニックで直ぐに活用できるように、みなさんの現場で実際に起こっている具体的な例を使ってお伝えします。

 

 

これが、とても分かりやすいとご好評いただきましたよ^^

 

 

 

 

院長夫人塾4期生 6月スタート 【残席3】

 

詳細・お問い合わせはこちらをクリック

 

 

 

 

 

医療人財コンサルタント 今田秀子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス