生い立ちとかトラウマとか 至福の最有力決定権 | 丸岡淳子 不良仙人

丸岡淳子 不良仙人

何が起ころうとも幸せな生き方 絶望からの復活プロ

こんにちは!

 

画像はハーキマーダイヤモンド、エレスチャルスーパーセブンをメインにした作品です。

たくさん使った白濁やクラックのない最高品質アメジストは、案外、お目にかかれません。

弾むような波動を放つハーキマーは、自分の美徳にいつもスポットライトをあててくれます。

宇宙のような透明感と光の帯を見せるラブラドライトの、「己が皮膚の下で心地よい」波動と合わさり。

明るく自分を楽しみ、内側で寛ぐ組み合わせです。

 

さて!

 

最近、私の生い立ちを聞かれることが、増えてきました。

それだけ、新たな出会いに恵まれているということだなぁ、と感じます。

 

ただねー。

直接に会って話すなら、私の不良仙人ならではの飄々さで重くならずに話せるのですが。

文字起こしすると、強烈なのですよねぇ。

 

それでも。

逆セラピー(強烈なものを知るショックで生きる力が刺激される)的に。

「とにかく、知りたい!怖いもの見たさに挑みたい!」

という方は。

 

以下のリンクを思い切ってクリックしてみてくださいw

 

「母は手負いの虎だった」シリーズ

https://ameblo.jp/haloami/entry-12356197685.html?frm=theme

 

「父の話を含むリンク集」

https://ameblo.jp/haloami/theme-10105503820.html

 

長いです。

まだまだ途中で止まっていますが、それでも長いです。

読んでる途中で飽きたらやめたほうがいいです。

 

過酷な体験が続いた方は。

トラウマとか、フラッシュバックとか。

しんどいですよね。

私も長年体験したので。

痛みの多様性にも、理解度は高いと思います。

 

でもね。

 

過去は歴史と記憶ではあるけれど。

今の自分の幸福感を、絶望的に破壊する力は持っていません。

なんだったら、過去は常に意味を変えていきます。

 

たとえば。

「宝くじを毎月10万円買い続ける、低所得な息子」

をずっと親も身内も嘆きバカにしていて。

買っている本人も自分を責め続けていた過去があったとして。

 

いざ、3億円当たりました!となったら。

「やっぱり当たる人は何か特別な感があるんだね!」

とか、みるみる過去歴史が変わっていくもので。

 

移ろいやすい側面も、感情のドラマです。

 

「今」「一歩先の未来」に最有力決定権を持っているのは。

 

いつも。

自分の中にある。

命の源である。

 

「軸」「根源の生命エネルギー」です。

 

いかなるメソッドやワークも、これが立ち上がっていなければ。

励みにはなっても、根本的に人生が鮮やかに迷い無し!にはなりにくく。

 

元々持っている、命の源。

それこそが、本来、生物がフル活用する体の一部であり、幸福感を担当する機能。

 

最善で最有力な機能を、冬眠から起こして、体の一部を取り戻す。

今まで忘れていた使い慣れない機能を、どんなに怖くても使いまくる。

 

そこさえクリアしたら、リーディングカウンセラーとしての私の出番はなくなり。

あとは友人としてお付き合いしている元お客様がたくさんいてくれます。

 

ありがたいなぁ、嬉しいなぁ、と歓喜が湧いてきます。

 

丸岡淳子