悟りと覚醒と感情 根源的至福  | 丸岡淳子 不良仙人

丸岡淳子 不良仙人

何が起ころうとも幸せな生き方 絶望からの復活プロ

こんにちは!

 

人の感情と悟りについて、少々長い記事を書いてみようと思います。

 

父の記事で。

多くの方から温かいメッセージをいただき。

私が丸腰で発信することで。

どなたかの胸に何か響くものがあったなら、

とても嬉しく。

感謝です。

 

あえて、感情にフォーカスして書いた記事で、わたしの感情と想いを赤裸々に暴露しつつ。

人の命、歴史、関わり、繋がりの根源にも触れて、今の現世を生きることを想った記事です。

 

わたしは何人かの同じ体験をした人から、

「悟り」とか「覚醒」とか呼ばれる体験をしました。

体験というには、あまりにもシンプルなもので。

それを経験したからといって、偉いとかすごいとか感じたこともないです。

これは本心から。

 

むしろ。

体験した途端に言葉で表現することをあきらめるほど。

純度高くて、満たされると同時に拍子抜けのような。

やっぱり言葉にできないです。

 

人生で起きること。

人との関わりにおいて。

この内側からあふれる至福感と根源的視点は

とてもシンプルに何もかも解決してくれるもので。

 

なにより。

自分の魂が喜び平穏であり。

他者へも、どんな些細なことへも。

無償の愛があふれ続けます。

 

一輪の花にも。

温かい飲み物にも。

目の前にいる人へも。

すべに向けて。

 

冬のカナダの森の中で。

手のひらに少しの種を置いて。

そっと、じっと座っていたことがあります。

リスや、小鳥がよってきて、触れてきました。

タネがなくなっても寄り添い続けてくれて。

 

その感触と、体重の重さ、美しい毛並みに。

愛があふれ湧き、命の一体感を感じ。

まるで、わたしは岩のように、木のように。

そこに「在る」だけで。

 

美しく、幸せな風景です。

それは紛れもない事実として、シンプルに美しい繋がり。

 

ある覚者は。

悟りをこう表現しました。

ーーー

いかなる言葉もそれを表現することはできない

いかなる喩えもそれを指し示すことはできない

 

輪廻がそれをより悪しきものにすることもなく

涅槃がそれをより良いものにするこもない

 

それは生まれたこともなく

死んだこともない

 

それは解き放たれたこともなく

欺かれたこともない

 

それは存在したことがなく

存在しなかったことがない

 

それはいかなる限界もなく

いかなる範疇にも属さない

ーーー

そう、本当にそうだなぁ。と思います。

 

究極のシンプルさゆえ、言葉も当てはまらない。

 

また、ある覚者は、覚者の心持ちをこう表現しました。

 

ーーー

深淵にして静謐、複雑さとは無縁

交ざり物とてない、輝く透明さ

概念的認識の心をこえたもの

これが勝利者(覚者)たちの心の深さである

そこには取り除かれるものもなければ

つけ加えるべきものもない

ただ清らかなるものが

ゆったりと自己を見つめているだけ

ーーー

わかるなぁ。

よくここまで文字起こししてくださったなぁ、と思います。

 

これ以上ないシンプルな境地です。

 

しかし。

わたしは、この悟りの境地だけでも。

この世の感情と愛着のドラマだけでも。

どっちかだけ、って言うのに、極めて個人的に違う気がしているので。

 

悟りと根源の現す愛、あらゆる感情の現す愛、の

調和と中和を見出したいと想っています。

 

病で余命宣告された女性が、覚者に相談に来ます。

 

「わたしはあと2ヶ月で幼い子を残して死にゆくのです。

このせつなさと、悲しみはどうしたら良いのでしょう」

 

と尋ねたとしたら。

 

覚者はおそらく。

 

深い慈悲心と愛で微笑み。

 

「いいですか、わたしたちはみんな死ぬのです。

単なる時間の問題にすぎません。

ただ、他の人より少しばかり早く死ぬ人もいるという、

それだけのことです。」

 

と答えるはずです。

真の慈悲心を伴って。

 

真理であり、事実であり。

これ以上ないシンプル回答だと思います。

根源的愛にあふれている。

 

それは最終的には一番大切なところ。

 

だけど。

 

私個人の感覚としては。

この世で生まれて、肉体をもち。

感情をもち。

様々な、愛しさ、憂い、に心動かす人間の営み。

 

それが人類を増やして文化を生まれさせた。

もし、全人類が覚者になったら、

静かに至福に満ちて人類は滅亡するだろうなぁ、と思います。

それもまた地球レベルで感じれば、

幸せなことに変わりない真理ではありますが。

 

とはいえですよ。

 

世の多くの人間は、感情を大切にして。

心の動きで泣いたり、笑ったりすることがたくさんあって。

 

特別な誰かを大切にする喜びもあるからこそ、

親子や伴侶や仲間の笑顔で

スペシャルに深く救われ歓喜したりするわけです。

 

先ほどの、余命宣告の相談を覚者にした女性。

悟りの回答で「死の恐怖」からは救われるはずです。

死は良くも悪くもなく。

シンプルなものだと知ると思います。

 

大事です。

 

いや、つってもさww

 

「愛しい我が子の頰の温かさに触れることが出来なくなる」

「わたしが大切に愛している人の声が聞けなくなる」

「我が子の成長を見たかった」

 

とか感情と心はいろいろ動くでしょう。

 

悟り根源視点はそこさえもクリアにしていきますが。

 

わたしは、この、人間臭い。

辛くても、せつなくても、感情と心を動かして生きる人間を。

 

可愛くて、滑稽で、弱いがゆえにタフであろうとする。

健気で一所懸命な美しい生き物だと思っています。

 

宇宙的視点から見れば。

人の生きる70年なんて。

水晶が成長する1mmにも満たない短い時間です。

 

そんな中で。

 

根源の軸(悟り)視点と。

現世の感情、心視点と。

 

よくばって。

両方味わいきればいいじゃないか!!!

と思いながら、リーディングカウンセリングしています。

淳子のプライベートでもそうです。

 

悟りながら、人間くささも味わう。

覚醒しつつ、感情や愛着も慈しむ。

 

出来ると思っています。

 

丸岡淳子

ーーー

2018年冬の石祭り!!

https://ameblo.jp/haloami/entry-12419147728.html

 

HALO 丸岡淳子
イベントまとめページ
https://www.haloami.com/blank
 
日々の疑問を根源解説
丸岡淳子がひっそりつぶやくLINE@はこちら!

 

友だち追加