胎内記憶…ですか?

テーマ:
こんにちは。

《横浜、川崎、町田》
とにかく明るい性教育【パンツの教室】
インストラクター
松石晴子です。







ペコ(3歳娘)がね、ママのお腹に来る前

パパ先生の所にいてね

  

パパ先生はお空の上にいてね

  

その時ね

ペコはパパ先生のお手伝いしてたの。

  

パパ先生は大きいんだ。

白いお洋服着ててね

  

お医者さんなの。

  

ペコは看護師さんなの。

  

みんなのこと

なおすんだよ。

  

注射はしないの。

痛いからね。

  

いい子いい子すると

みんな元気になるの。

  

ペコもそのお手伝い

してたんだよ。

  

  

ペコの部屋があって

そこではね

あゆきちゃん

っていうお友達もいたよ。

  

  

あゆきちゃんは

看護師さんじゃないの。

  

看護師さんは

ペコだけ。

  

  

ここでは

あゆきちゃんとは

会ったことないけど

  

パパ先生のところでは

とっても仲良しだったよ。

  

  

  

パパ先生は

なんでも知ってるし

  

なんでもできるの。

  

  

ペコに

ぜーんぶ教えてくれたよ。

  

  

ママ?

うーん、ママは

いたかなー?

  

  

タロ(弟)はいた。

  

  

それでね

ペコは

ママのところにきたくて

ママのとこに来たの。

  

  

なんでかってゆーと…

ママの為に産まれてきたんだよ。

  

  

  


  

  

お散歩時間

一時間。

  

ずーっとパパ先生について

語ってらっしゃいました…

  

なんのつっかかりもなく

ペラペラペラペラ…

  

  

  

こういう話をし始めたのは

2歳くらいのころ。

  

パパ先生=パパ

だと思ってたのだけど

  

なにやら違う

と気づいたのは

最近。

  

これは

胎内記憶

というやつなんでしょうか…?



















大人気!
10000人以上が読んでいる
教科書には載っていない
とにかく明るい性教育【パンツの教室】
代表理事 のじまなみ先生
365無料メルマガは