宮城県とANAが連携協定 & 「羽」と「翼」で結ばれて | ふたばのひとりごと~日々のことから紡ぐこと~

ふたばのひとりごと~日々のことから紡ぐこと~

ご訪問ありがとうございます
羽生結弦選手を応援しています

フィギュアスケートの事や日々の出来事を
つぶやきます・・・


テーマ:
少し前になりますが、こちらのニュース



「羽生選手からビデオメッセージ」宮城県とANAが連携協定

 

2018.7.11
仙台市出身の羽生結弦選手が所属する大手航空会社ANAと宮城県は、11日、観光振興や災害時の支援に関する包括連携協定を結びました。

羽生結弦 選手
「僕の出身地の宮城県と所属するANAが提携協定を締結することおめでとうこざいます。僕自身東北の人が笑顔になれるように引き続き頑張っていきます」

締結式では県の「みやぎ絆大使」の羽生結弦選手からビデオメッセージが上映された後、村井知事とANAホールディングスの片野坂真哉社長が協定書に署名しました。
この包括連携協定にはANAグループが仙台空港に到着する便を使ったさまざまな旅行商品を開発することや、災害発生時に救援隊や物資の輸送を支援することなどが盛り込まれています。
仙台空港を発着する全日空便は現在、札幌や名古屋など6路線あり、去年1年間では約125万人が利用しています。

ANAホールディングス 片野坂真哉 社長
「最高級ブランドの仙台牛数多くの日本酒、ありとあらゆる楽しみがある。こういうものを私たちの媒体を使って国内外に発信していきたいと思う」

今回の協定締結で海外からの観光客の誘致や機内食で県産ブランド米「だて正夢」の提供が検討されるなど、国内外に対して県のPRに繋がることが期待されます。
 
仙台放送
 




 
「 双方の保有する資源を有効に活用することにより、地域社会の活性化に資することを目的」としてと、こちらに詳しく
  

 
宮城県とANAホールディングスが包括連携協定を締結
 

 

 宮城県(知事:村井 嘉浩)とANAホールディングス株式会社(本社:東京都港区・代表取締役社長:片野坂 真哉)は、相互に緊密な連携と協力を図り、双方の保有する資源を有効に活用することにより、地域社会の活性化に資することを目的として、包括連携協定を締結します。

 

1 協定概要

(1)観光の振興に関する事項
(2)地域活性化・社会貢献に関する事項
(3)災害時の支援に関する事項
(4)その他、双方が必要と認める事項

 

2 宮城県とANAホールディングス株式会社の連携による主な取り組み

(1)観光の振興に関する事項
① インバウンドの誘客② 国内観光客誘客③ 観光利便性の向上

 

(2)地域活性化・社会貢献に関する事項
① 県産品の販売PR② 震災復興支援③ 教育支援

 

(3)災害時の支援に関する事項
災害時の緊急支援・救援物資および支援者・救援隊の移動・輸送等

 

ANAホールディングス(株)

 
 
 
 




宮城県とANAHD、仙台空港で包括連携協定締結式。羽生結弦選手もお祝いのメッセージ - トラベル Watch -  

 

 
 
 
 
 

 
宮城県とANAHD、仙台空港で包括連携協定締結式。羽生結弦選手もお祝いのメッセージ
 


仙台国際空港の1階に飾ってある羽生結弦選手の直筆メッセージ
 



 
 
 
 

宮城県とANAとの連結協定は
間違いなく、ゆづが結んだステキなご縁かと思います





こんなステキな限定グッズもあったっけ  
 

サイン入りとか望みませんので、機内販売とか、していただけたら嬉しいです





そして、ちょうど5年前、ゆづはANAと所属契約を結びました

ソチオリンピック代表選手の有力候補として、海外渡航する際の輸送協力など、その活動を全面的にバックアップしていただけることになり、ご存知のようにフィギュアスケートは何かと金銭面の負担も多く、当時、本当に良かったね!とホッと胸をなでおろしたのでした


当時の記事を振り返ってみます
 
 
 
 
フィギュアスケート・羽生結弦選手との所属契約締結について
〜ANAは、世界に挑戦する羽生選手をサポートします〜
 
ANA は、2013年7月1日(月)、フィギュアスケ-トの羽生結弦選手と所属契約を締結しました。

 羽生選手は、2014年2月に行われるソチオリンピック代表の有力候補であり、世界に向けて大いなる挑戦を続けています。ANAも、グル-プ行動指針のひとつに『努力と挑戦』を掲げ、『世界のリ-ディングエアライングル-プ』の実現を目指しています。

 また羽生選手は、スケ-ト技術だけではなく、そのひたむきに努力する姿勢が好感を得ている選手です。その姿勢は、『努力と挑戦』を掲げるANAの行動指針と合致します。またJOCオフィシャルスポンサーとして、本契約を活かしたANAの冬季オリンピックコミュニケーションにおいても積極的に活用していきたいと考えております。尚、本契約は羽生選手にとって初の企業所属契約となり、今後は羽生選手が個人で活動する大会において、当社の「所属」選手として各大会に出場する予定です。

 今後ANAは、羽生選手が海外渡航する際の輸送協力など、その活動を全面的にバックアップするとともに、ANAの顔として活躍していただく予定です。

 

ANA
 
 


フレッシュな香り漂う18歳
初々しいながらも、コメント力は既にシッカリとしたものを発信していて、感心しました



 
羽生結弦、全日空と所属契約「支援受けて羽ばたいていきたい」

 

 
 



 
羽生 ANAと所属契約 ソチ五輪メダルへ超強力サポート

2013年7月2日

 

 
フィギュアスケート男子の羽生結弦(はにゅう・ゆづる、18)が1日、全日空(ANA)と所属契約を結び、横浜市内で会見した。

 カナダ・トロントを拠点とする羽生は、航空券の提供はもちろん、競技に関わる費用は全額サポートを受ける。契約金を含めて1年3000万円(推定)相当の契約となり「ソチへの道は遠くて険しいと思うけど、しっかりと自分を持ち、サポートを受け止めて頑張っていきたい」と気合を入れた。

 

スポニチ

 
 


 
 
スポンサーを驚かせた  羽生の優等生コメント
2013年07月02日 
 
  フィギュアスケート世界選手権の昨年の銅メダリスト羽生結弦(18)が1日、全日本空輸(ANA)との所属契約発表会見に臨んだ。羽生は「とてもうれしい。ソチ五輪までの道は遠く、険しいと思うが、自分をしっかり保ち、サポートを頂けるよう頑張りたい」と抱負を語った。

 契約期間は1年間。契約金などは非公表だが、練習拠点のカナダへの移動などで援助を受ける。「ぼくは名前にも羽があり、フィギュアスケートのジャンプは跳ぶ。(ANAの)翼と共通点がある」と、絶妙な例えを披露。「素晴らしい。打ち合わせしていないんですよ」(ANA・西村健常務取締役)と、その“優等生”ぶりには感嘆の声が上がった。

 

 ソチ五輪まであと7か月。「プログラムや衣装については、まだお話しできる段階ではない」(羽生)と慎重な姿勢を崩さなかったが、心強いサポートを受けて大舞台を目指す。

 
東スポ
 
 



 
フィギュア:羽生がANAと契約 「羽と翼」で
2013年07月02日
 
フィギュアスケートの2012年世界選手権銅メダリストで早大1年の羽生結弦(はにゅう・ゆづる、18)が1日、全日本空輸(ANA)と所属契約を交わした。契約は14年6月末までの1年間。
横浜市内で記者会見した羽生は「ジャンプを跳ぶということや、自分の名字の『羽』に、飛行機の『翼』と共通点があるのでうれしい。僕自身も羽を使って羽ばたいていきたい」と語った。
 ANAの所属選手は、同じ仙台市出身で卓球の福原愛(24)に続いて2人目で、現在はカナダに拠点を置く羽生の航空運賃などを負担する。
国際線を拡大する企業戦略に、世界のトップに挑戦し続ける羽生のイメージが合致すると判断。今年3月にANA側から所属契約を打診した。
背中の翼で舞うようなシンボルマークと、「羽生に翼を」のキャッチコピーも制定した。
 
毎日新聞
 




背中の翼で舞うようなシンボルマーク

 
 
 
 「羽生に翼を」のキャッチコピー
※この画像はお借りしました   
ありがとうございます





ソチへの道は遠くて険しいと思うけど、しっかりと自分を持ち、サポートを受け止めて頑張っていきたい

 そう契約時に語った通りに、ソチオリンピックという大舞台で、見事に結果として残せました
 
 
 当時の新聞広告
 



2016年、シーズンを終えての
私が大感動した、この新聞広告も 
 
 
当時、これが見て、胸がイッバイになりました
ありがとう!って(涙)



 
 

「羽」と「翼」という共通点でも結ばれて

ゆづは、その間、CM出演や広告露出、キャンペーン等への協力を惜しむことなく出演しています

全面サポートを受けて、ソチでも、平昌オリンピックでも、見事に二連覇!!という偉業を成し遂げました




平昌オリンピック後の祝勝会


社員が手にしていた特製のタオルは、応援時にも使用したもの。タオルには「FLY YUZU」と記されており、元々は前回の2014ソチ冬季五輪の際にデザインしたものだ。今回の参加者の中には、4年前に応援で使用したタオルを持参している人もいたようで、羽生選手の2連覇には、こうしたANA社員の"願掛け"もひとつの力になっていたのかもしれない。





「羽生結弦さんの名字には"羽"という字があり、そして、飛行機にも"羽"という字があります。今、羽生さんとANAのご縁をこれほど強く感じたことはありません。羽生結弦さん、この度の平昌オリンピックの金メダル、そして大会2連覇、本当におめでとうございました」

「本当に素晴らしいカムバックだったと思います」

という言葉がかけられたが、それ以上に、演技後に羽生選手が見せた、自分の足に感謝し、リンクの氷に感謝し、周りの人々にも感謝するという、感謝の気持ちを忘れない姿に感銘を受けたと語り、

「弱冠23歳ですが、素晴らしい青年です。本当に頭が下がる思いです」

ANA代表取締役社長  平子裕志氏






羽生選手はANAのCMにも出演しており、そのCMでは何度も練習している様子を通じて、諦めないことの大切さを伝えてくれる。そのCMにかけて、

「成功することって1回調整したからできることではなくて、失敗があって、裏づけがあって。当たり前のような成功をつかみ取ることがどれだけ難しいということを、ここに帰ってきて感じています。

飛行機は普通に離陸して、普通に着陸することが当たり前ですが、当たり前の成功の中には、たくさんたくさんの方が当たり前のために働いて、当たり前をすごくサポートしていて、そうした当たり前の成功のために全力を尽くしている方々がいます。そうした会社の人間のひとりとして、こうして成功を持って帰られた。本当に喜ばしいことです。

本当にみなさん、支援をありがとうございました。これからさらに難しいことや大変なことに挑戦して、もちろん、バッシングとかもあるかもしれませんが、でも、こうして毎日毎日成功している数、毎日人を喜ばしている数を、絶対僕は忘れない」

https://news.mynavi.jp/article/20180227-ana/




契約は当時、1年でしたが、
それ以降も引き続きサポートしてくださり


あれから5年ーーー

「ただいま」と帰れる場所

ANAのひとりとして感じ取れる祝賀会は、自分のことのように喜び、迎えてくださっていて、なんとも温かく、相思相愛のいい関係✧*。なんだろうとか、私までも感動しました

これからも、どうぞよろしくお願い致します!






私事ですが、長年に渡る懸案事項
先日、遂にANAの株主と、相成りました!←超弱小のですがw

ホントに、細やか、細やかながらなので、サポート?と言えるかは疑問ですが(汗)

羽生結弦効果✧*。で、またもや、小さくですが、経済を回したことは間違いありません

しかしながら、気持ちだけは大きくw

その翼で、大空へと笑顔も運んでくださる
貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます



 
 

ふたばさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス