電柱や電線の地中化に向け、政府がまとめた「無電柱化推進計画」案の概要が分かった。

 防災上重要な道路や、お年寄りが歩きやすくなるバリアフリー化が必要な道路を「重点的に無電柱化を進める対象」と位置づけ、地中化を事実上強制する内容だ。2018年度から3年間で、1400キロ・メートルの無電柱化を実現する目標も掲げた。

...

 推進計画は、16年末に施行された無電柱化推進法に基づいて初めてまとめるもので、国の無電柱化政策の基本方針となる。国土交通省は19日にも計画案の意見公募(パブリックコメント)を始め、年度内に正式決定する。

 計画案は、地中化の進め方について「やみくもに実施せず、必要性の高い区域を重点的に無電柱化する」と明記した。
[2018年2月19日読売オンライン記事より]

 

この電柱地中化工事に、ハル・エンジニアリング(株)の製品である”光パルス試験機、損失測定心線対照ユビキタス・ソリューション”がきっとお役にたてるはず。
スマートフォン/タブレット端末を利用した光ファイバー開通・保守工事の効率化を実現するものです。

 

3年で1400キロというのは大変厳しい計画だと思いますが、電柱地中化は必要な工事であると考えております。