• 11 Sep
    • 川崎市・横浜市・NEDO連携 匠オープンイノベーションマッチング

      匠オープンイノベーションマッチング開催の主旨(弊社横浜市の企業なので、横浜市経済局ものづくり支援課記者発表記事抜粋!)横浜市では、公益財団法人横浜企業経営支援財団、公益財団法人川崎市産業振興財団などと連携し、「匠オープンイノベーションマッチング」と題した知的財産交流会を開催致します。横浜市と川崎市が行政の垣根を越え手を結び、また、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、三井住友銀行、川崎信用金庫、横浜信用金庫が連携し、市内中小企業に対して、大企業や研究機関の開放特許を紹介する場を提供していくことにより、企業の新たな事業展開を支援してまいります。ということで、横浜市、川崎市、NEDOさんが連携して知的財産交流会が2017年9月8日に実施されました。今回は5つの企業様・研究機関様の知的財産のご紹介がありました。(※)私が今回興味をもったのは特許全般ではなく、一部の技術に興味をもちました。NEDO、IDECのスタッフの方々と、具体的にお話をさせて頂きました。それは”捨てているエネルギーを活かす”という私が考えるものづくりに通ずるものだったからです。あとは、特許出願された企業さんからどのような回答があるかですね。(出願するために作ったであろう試作品、研究開発品を見てみたいとお伝えしました。けして特許を使いたいという事ではありません。)ちなみに主催側の川崎市における知的財産交流事業は、以下のように展開されているようです。■2007年にモデル事業としてスタート、翌2008年からは重点事業として実施中。■大企業の開放特許を中小企業へと移転するスキームは全国初。■これまでの成約実績は29件、うち18件が製品化(平成29年8月末現在)。■大企業の開放特許を導入した成約企業の多くが活性化している。■中小企業への一貫したハンズオンサポート(お節介)が最大の特長。■川崎市のスタイルは「川崎モデル」と呼ばれ全国に広がっている。とのことでした。今回数社の特許を説明して頂きました。このような機会が増え、我々のような中小企業でも、大企業の持つ特許を使い(安価な特許使用料で)製品作りが出来たら企業がどんなに活性化することでしょう。今後の横浜市、川崎市、NEDOに、大いに期待しております。

      9
      テーマ:
  • 08 Sep
    • 日経社会イノベーションフォーラム 無電柱化で実現するセーフシティ

      昨日行われた「無電柱化で実現するセーフシティ」というフォーラムに参加しました。今回のフォーラムは、弊社にとっても大変に興味深いものなのです。なぜならば、電信柱を無くし、地中に埋めなおす訳です。当然、今現在存在するメタルケーブルや光ケーブルは、再度整備し直しとなり、弊社の製品の活躍の場があると思っているからです。光ファイバー網整備に関係する弊社の自社製品のご紹介は下記のサイトをご覧ください。http://www.haleng.co.jp/wkcont/index.html東京とは平成29年9月1日(今月の1日)東京都無電柱化推進条例を施行いたしました。今後今よりさらに無電柱化は進むと思われます。東京都の無電柱化の目的の3本の柱は以下の通りです。「都市防災機能の強化」災害時に電柱の倒壊による道路閉塞を防ぐとともに、電線類の被災を軽減し、電気や電話などのライフラインの安定供給を確保します。「安全で快適な歩行空間の確保」歩道内の電柱をなくし、歩行者はもちろん、ベビーカーや車いすも移動しやすい歩行空間を確保します。「良好な都市景観の創出」視線をさえぎる電柱や電線をなくし、都市景観の向上を図ります。フォーラムでお話を伺っていて思ったのは、無電柱化ってかなりハードルが高いなと。私が想像していた以上に様々な問題がありました。一番は「コスト高」でしょうね。また、電線共同溝の整備で無電柱化をした場合に、標準的な施工単位(道路延長約400m)の整備に約7年かかるということには驚きでしたね。この件に関しては日々研究され技術も進歩しますから、縮まるとは思われますが。いずれにしても東京都は今後、電柱の新設を中止することを決めました。全国の地方自治体を引っ張る形で、無電柱化を進めて頂きたいと思いました。また、ハルとして、無電柱化、特に、光ファイバー網整備ではお手伝い出来たらと考えております。

      1
      テーマ:

プロフィール

ハルの親方

性別:
男性
お住まいの地域:
神奈川県
自己紹介:
ハル・エンジニアリング株式会社は2018年4月、創業から42期目を迎えた、業界では老舗的な存在の組込...

続きを見る >

読者になる

■ 横浜の組込み系職人集団

・時代に求められる組込み制御
ソフトウェア開発に対応致します

・PC/iPhone/iPad/Android系
アプリ企画開発を行います

・ユーザインタフェースデザイン
までのトータルソリューションに
対応致します

[営業窓口]
TEL 045-324-1751
担当者 薄井 鈴木

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30