デイジー

テーマ:


de


前回、紹介した「バーバー吉野」と打って変わって、シリアスなサスペンスもの

「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンと「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソン

もう、このキャスティングだけで見る価値ありです

韓流韓流と騒ぐオバチャンたちはさておき、中々、バカには出来ません


さて、内容ですが、冒頭から上手い具合に嵌められました

ここで、どこがどうとは言いませんが、何も予備知識(ストーリーとかキャストの顔とか…etc)無く観た方が楽しめると思います

まぁ、正直、道中、かなり無理な設定も無い訳では無いですし、最後も尻すぼみというか、むずがゆいというか…

でもね、愚直なキャラクターを好演するふたりは必見です

もうね、見てて切なくて切なくて

チョン・ウソンの何処か寂しげな陰のある微笑が、たまらないもんですわ

そんなの見てたら、ついつい同調しちゃうんですよな

泣ける泣ける


まぁ、そういう映画です(って、この説明じゃ、どんな映画だw)

AD

バーバー吉野

テーマ:


barbar

脱力系ホームコメディー


一言でいうとそんな感じ

もう、かなりやられました

B級好きなみなさんにも是非、観て欲しいのでネタバレにならないよう、抽象的表現に抽象的表現を重ねますが、悪く思わないで下さい

そうで無い人はご遠慮くださいw


ビデオ屋でふと目に止まり、そのタイトル、そのジャケットと次第に目を奪われ、借りずにはいられなくなりました

なんたって、作品紹介で





「和製スタンド・バイミー」



とか、言っちゃうんですよ

どう見ても、こちらはこのジャケット、このストーリーからはコメディ以外思いつかない

対してあちらはは名作中の名作

キャスティングもこちらはもたいまさこ、あちらはリヴァ・フェニックス

被る訳が無い、重ねた奴の脳味噌はどうかしてる


そう思いながらも、観てたんですけどね

いやー、観終ったときに、なんとなく解るんですよ、「和製スタンド・バイミー」

むしろ、こっちの方が生活観があって、より親近感が涌くんですな

スタンド・バイミーなドラマを体験したことなくても、バーバー吉野なコメディは体験した

そんな感じです


日曜の昼下がりにぐだぐだだらだらしながら、お菓子でも食べながらこれを観て青い日のことを懐かしんでください

AD

3月3日封切り映画のゴーストライダーですが、CMやってました

どうやらシリアスな特撮系の映画らしく、重々しい雰囲気の中、主演のニコラス・ケイジがアップになって



「俺がこの力で世界を守る」

と、ナレーションが


・・・しかしながら












nikorasu

こんな顔した人に守られるなら謹んでお断りしたいものです


いや、良い役者だと思いますよ

ただ、あんまりこの人のアクションモノとかシリアスなハードボイルドな役って見たくないよね(´・ω・`)

AD