サウダージ

テーマ:

sauda-ji

盛田隆二さんの作品です

『夜の果てまで』、『ラスト・ワルツ』と、合わせてこの人の三部作なんですがね、個人的にはこれが一番、好きです

この人、独特のタッチと言うのが今作まで読んで、やっとおぼろげながらつかめてきた感じもしますね

ホント、大人の恋愛と言うのか、簡単に単純に何が善で何が悪でというような感じではないんですよ

ただただ、それが現実に起こっていることをただただ、単純に書き綴っている

あくまでも主人公、登場人物の主観を大切にしてあり、それぞれの行動を非難、悲観的に書かないんですよ

たとえば、浮気の描写なんかを普通の作家にかかすと、意識せずともどこか非難めいたところがでちゃうんですよね

それが、まったく、感じられないんですよね


はてさて、前置きが長くはなりましたが、今作にも触れてみたいと思います


ところで、サウダージって言葉を知っていますか?

以前、日本で人気のあるバンドが同名タイトルの曲を歌っているのでご存知かもしれませんが、ポルトガル語で「孤愁」だとか「追慕」だとか「思慕感覚」だとかで訳されるそうですが、感情を表す言葉をモノを指し示す言葉のように翻訳をするのは難しいと思います

「失われたものを懐かしむ、寂しい、やるせない想い」

そういえば、少しはサウダージの意味に近づけるそうで

で、閑話休題

この物語は日本人を父親にインド人を母親に持つ主人公、パキスタン人の労働者、日系四世の学生、フィリピン人のバーの雇われママ

そんな人間が日本で、日本ではないどこかに故郷を感じながら、さまざまな思いが交錯する

そして、自我の目覚めやお互いに分かり合う瞬間を分かち合いながら、様々な矛盾や無力感を感じながらもただたさ、生きていく

ちょっぴり、甘酸っぱく、そしてちょっぴり切ない物語です


今まで読んだ2作品に比べると、この作品は完成度はかなり高いかな?と、思います

好き嫌いは分かれるかもしれませんが、もしよろしければどうぞ

AD

ブランコのむこうで

テーマ:

burannko

以前から、Ashさん、びあさんにお勧めいただいてた星新一さんの作品をやっとこさ、読んでみました


いやー、さすがにオススメだけあってなかなかに面白いです

最近、私が読んでいる本の中にはないタイプの作家さんですね

内容は童話っぽくて舞台がメルヘンチックな感があり、それでいて、哲学的であり、また冒険活劇的な要素も含みと、とにかく最後まであきませんでした


物語についても簡単に触れてみたいと

ある少年がひょんなことから夢の世界へと導かれるんですが、そこでさまざまな人の夢の中を旅するんですね

たとえば、病気でずっと病院の中にいる少年の夢だとか、自殺を図った女性の夢だとか、催眠術にかけられた人の夢だとかね

で、夢の中の人の本心だとか、願望だとかを少年は覗きさまざまなことを感じ考えるわけなんですよ

それでどうしたとか、どうなったかとかいう話ではなく、テンポよく進んでいくのはとても好きですね

何でもかんでも理由をこじつける話が多い中、自然な流れで、自然に話が進んでいく

読んでて、ホント、疲れませんでした


読み終わったあと、清涼感というかノスタルジックというのか、すごくほんわかした気持ちになりました

また、違う作品も読んでみようと思います

オススメしていただいた、びあさん、Ashさん、ありがとうございました

また、いい本があればよろしくお願いします

AD

ミュージックバトン

テーマ:

ハマヒコさん からミュージックバトンなるものが回ってきたので、更新するネタも特にないので答えてみようと思いますw


①今パソコンに入っている音楽ファイルの容量

2.3Gですね

結構、入っているもんだなと

②最後に買ったCD

ego-wrappin'の『swing for joy』

③今聴いてる曲

10feet 『2%』
GARBAGE 『BLEED LIKE ME』

④よく聴く曲、または自分にとって特に思い入れのある5曲

・よく聴く曲
サンボマスター『愛しき日々』
10feet『RIVER』
FOO FIGHTERS『All My Life』

・思い入れのある曲
ego-wrappin'『色彩のブルース』
NIRVANA『SMELLS LIKE TEEN SPIRIT』

⑤私からつなぐ5人の方


はてさて、回す相手も特に居ないのでバズさんにでも無責任に投げっぱなしジャーマンで、お願いしておきますかねw

AD

女王の教室

テーマ:

天海祐希さんが主演のドラマ、『女王の教室』、ご存知ですか?

話題作なので、結構、ご存知の方も多いかと

とうとう、今週、最終回なんですね

私自身はあまりドラマを見ないんですが、久しぶりにはまりましたね

と、言っても欠かさず見ている訳でもなく、ビデオに取っている訳でもなく、HP(http://www.ntv.co.jp/jyoou/main.html )でストーリーを見ているくらいなんですがね


内容はスパルタ、管理主義の教師と子供との対決みたいな図式なんですが、その徹底振りのすごいこと

詳しくは公式HPにて

科学文部省が右往左往し指導力不足を指摘される教師が増加する中、子供が迷ったり、道を間違えたりするのも致し方ないことか

自由という言葉の意味を履き違え、電車の中で座り込みバカ騒ぎする高校生を眺めながら、同情すら覚えた今日この頃

もちろん、それが圧倒的少数なのは解りますけど、いささか哀しい気持ちになったのもこれまた事実


いやはや、内容が時代に逆行していながらも今、現在、学級崩壊が珍しくないなかで、時代が求めたストーリーなのかと

プラナリア

テーマ:

puranaria

山本文緒さんの直木賞受賞作の短編集です

以前、山本文緒さん自体はご紹介したとは思いますが、今まで私が読んできたのは長編ばかりでして、今回、手にした短編集を読み、新境地という訳ではないですが、彼女の新しい魅力に気が付いた思いです


今まで私が読んできた山本文緒作品に対するイメージは

重厚なタッチ

葛藤し苦悩する主人公

例えるなら出口の無い迷路

哀しく救いの無い問題に逡巡させられる、そんな感じですね


しかしながら、今作は冒頭にも述べたように、彼女らしさを残しつつもまた、一味異なる出来になっているかと思います


御託はひとまずこれくらいにして、作品について、少々、触れてみたいと思います


内容は表題作である『プラナリア』、離婚後の女性の生活を描いた『ネイキッド』、家計を守るために苦悩する主婦を題材にした『どこかではないここ』、長年、付き合ってきたカップルの腹の探り合いと打算的な様相を描いた『囚われ人のジレンマ』、そして不自然な形の真っ直ぐな愛を書き綴った『あいあるあしたへ』の5作品


『プラナリア』では、主人公の苦悩と周りの認識とのギャップや、思い描いていた人物像と大きく異なる密かに憧れていた人の実像、そして社会復帰を果たせない自分への嫌悪の中、自暴自棄になりつつも、気力も無く流されるように生きていく様を描ききってます

短編集でありながらも、ここまで深く書ききるあたりはさすが、山本文緒といったところか


『ネイキッド』では、離婚後、それまでの生活から逃げるかのごとく、隠遁とした生活を送る主人公に物語りは描かれ、その中で、仕事をしなければと、強迫観念に駆られ苦しみ、また、自分の思いを人に伝えられないもどかしさの中でもがき、さもしいと前夫に自己を否定されたことを引きずる

そして、全てを見失ってしまった人間の様が見事なまでに描写されていますね

もう、ちょっと、背中が寒くなる思いです


『どこかではないここ』ではごくごく普通の主婦が少しずつ狂い始めた家庭での姿を描いた物語なんですが、これは結構、ヘビーですね

扱う題材的に言えば、今作がこの中ではいちばん、リアリティーのある舞台設定であるのにも関らず、その内容たるやいなや…

主婦の苦悩は計り知れないものがありますね、ホントに

皆さん、奥さんに、お母さんに優しくしましょう


『囚われ人のジレンマ』では、長年付き合ったがために、また、心理学を専攻した者同士がために、自分の思うことを自分以上に相手に理解されてしまう

以前、『サトラレ』という映画がありましたが(泣ける映画です、見て損無し!)、ホント、気持ちが伝わり過ぎる、相手の考えることが解り過ぎるって、辛いですね

もう、読むに堪えない!と、思うんですが、続きを読んでしまう辺りは山本文緒マジックか


『あいあるあしたへ』では、ここまで山本文緒作品に打ちのめされ、疲れきった心を救ってくれる一品です

こんな書き方をしてしまうと、ハッピーエンドだと思われるかもしれませんが、その通り、ハッピーエンドです(笑

そりゃ、ネタバレだと、怒られるかもしれませんが、この秀作を伝えずにはいられず、想いそのままに感想を書いてみたく、悩んだ末ということでご了承いただければ幸いです

まず、何より、山本文緒さんにしては珍しく(私の読んだ中では始めて?)主人公が男性で脱サラした居酒屋店長

そんな店長のこじんまりとした居酒屋で辻占いのようなことをする少し変わった女性との恋愛模様を描いているんです

そしてその主人公には離婚歴があって、脱サラをするきっかけになっているんですが、心身ともに苦しい仕事も堪えられるのは家族のためで、そんな家族を失った今、そんな仕事をする意味が無いと、サラリーマンを辞め居酒屋の店長へと

もちろん、今の恋人に対してのエピソードも見せ場たっぷりにあるんですが、すごく不自然な形の愛を愚直に不器用に守る

そんな男の姿が熱く熱く描かれていますね

ブルーになりそうな作品が続いた中、もうホント、救いですね



もうね、どれもこれも短編集ってこと、忘れちゃうくらいの出来ですよ

肉厚なストーリーに魅力的な登場人物

もう、これは必読でしょう

ただし、この本を読んで鬱になっても私は責任を取りませんので悪しからず(笑

いやね

テーマ:

ダメとはいいませんよ

言論の自由、表現の自由があるわけですし

でもね










kannzaki

これはないな、これは…

選挙CMじゃないよね



これが日本の与党を担っている訳なんですか、そうですか…

皆さん、選挙に行きましょう

bonnsyou


触れるべきか、触れぬべきか

靖国神社参拝や歴史教科諸問題等々、今現在においても戦争に対する批判は止むことは無く、そして、私としても戦争に対しいつまでも批判的であるべきだと思う中で悩みましたが、ひとつの歴史として、そして政治的なものを排除した上で、一人の軍人の話として語ろうかと思います


何故、東郷平八郎と並び称され神格化されてきた山本五十六が凡将で、浅学な私などでは聞き覚えすらない山口多聞という人間が烈将と称されるのか


山本五十六くらいなら、さすがに歴史に疎い私でも簡単な人と成りくらいは知っていました

いや、知っているつもりでした

しかしながら、この本を読み進むに当たって、いかに人間臭く、また、欠点も少なからず持っている男だったのだと感じました

以前の私にとって山本五十六は日本にいながら帝国主義にとらわれず、ひとつ上の視点から達観し、争いごとを好まず、しかし、優れた軍人である意味、仙人のようなイメージを持っておりました

それが覆されるような裏づけなどが次々と書き記されているのを読んでいるうちに、山本五十六が連合艦隊司令長官に着任したことは日本の不幸、そして山本自身の不幸だったと思わずにはいれません

もちろん、連合艦隊指令長官に着任するまでは山本五十六は優れた軍人であったことに間違いが無く、さらに言うならば、もし、連合艦隊司令長官ではなく、海軍大臣など、軍事色よりも政治色の強いポストについていたのならば、稀代の政治家として名を残していたのかもしれません


また、山口多聞という人物については全く知らなかったのですが、ここに記されている限りにおいては、山本五十六と共に戦争末期の海軍を支えた偉丈夫で、また、人間味のある軍人らしからぬ一面を持つ男でした

こちらも非常に興味深い人物であるみたく、また、別の本などでより深く知ってみたいと思いました


最後になりますが、私は戦争にいかなる理由があれど、反対です

しかしながら、戦争を肯定することと、戦争を理解することでは大きく異なるわけで、私はもちろん、後者側として戦争を正しく理解してこうと思い、そのひとつとして、このような歴史考証的な本(今回は少し娯楽性の高い本でしたが)を読む訳です

しかしながらそれは私の見解であり、今回のこの本を取り上げたことについて不快に思われる方がおられるなら、申し訳ございませんでした

最近

テーマ:

妙にイライラするなーと思えば、気がついたら今週は1週間、久津輪さんと仕事だった…orz





今週は色々、あったなと、遠くを見つめながら思い出してみると…



日曜日は早起きして子供向け番組(http://www.tv-asahi.co.jp/magi/ )を欠かさず見ていると誇らしげに言われてみたり


またしても途中で高速を降りて食べ放題に行ったり


道具を自分で失くして置いて、一人、客先で騒ぎまわったり


他のサービスマンがどうでもいいようなことをたまたま勘違いしていたことを大げさに大人気なく指摘したり


実りの季節なのか、体臭が腐った柑橘系から、1ヶ月間、放置された生魚にグレードがあがったり


ホームセンターで部品を買うのにちんたらちんたらと1時間以上かかったり




もう、頼むからあんた、どっかに行ってくれ

逝ってくれてもいっこうに構わないから(´・ω・`)



今日も今から久津輪さんと仕事です、もう堪えられそうにありません(´Д⊂グスン

そういえば…

テーマ:

zagさんにふられて、そのまま放置してました

一応、答えてみるとするか


恋愛バトン
1. 今現在、気になる人好きな人、恋人はいますか?
 いますよ

2. それはどんな人?
 大切な人、大切にしたい人、大切にしなければならない人

3.好きなタイプは?
 そういう自分の枠組みを無視するような存在ですね

4.逆に嫌いな人は?
 何事にも真面目に向き合わないひと

5.異性でココに弱い!!って所は?
 笑顔ですね

6.好きな芸能人は?
 中谷美紀、菅野美穂、桃井かおり

7.好きな人にカラオケで唄って欲しい曲は?
 aikoの曲なら

8.逆に唄ってあげたいのは?
  19の「たいせつなひと」

9.今好きな人のために努力しているコトは?
 もっと、大人に、もっと、優しくなること

10.好きな人にされて嬉しいコトは?
 一緒にいれること、元気でいてくれること

11.次にバトンをまわす5人
 5人もいないので、取りあえず、無責任にびあ殿にでも聞いてみるとしますw