Jam Films 2

テーマ:
いや、一応、前作もあるみたいですが、気がつかずに「2」の方を借りちゃいました

どういうものかと言えば、新進気鋭の監督達がショートフィルムを手がけるというものですね
でも、1のラインナップ(行定監督、岩井監督、堤監督等)を思えばちょっと小粒ですか
後々、ネットで見たらこの監督さん達、映画とかを手がけている人では無く、CM監督であったり、ミュージッククリップを手がけている人達で、その世界では有名だそうです、ごめんなさい

で、2時間で4本のショートフィルムが入っているんですが、なかなかにそれぞれが面白いもんでしたね
ただ、ちょっと抽象的過ぎる表現であったりとか、内容がイマイチであったりとかちょっと足りない部分も多いですが、それぞれにカメラワークの良さがあったり、一風変わった編成だったりと、面白い仕上がりでしたね

まず一作目
「机上の空論」
これがいちばんよかったですね
笑いもあるし、テンポもよかったし内容もあったし30分でキレイにまとめきったって感じですね
ラーメンズってお笑いのコンビが主演(?)だったんですが、もちろんその二人に演技なぞは期待できるはずも無く、予想通りの大根役者ぶりだったんですけど、まぁ、上手くはまっているというのでしょうかね
まず、台本ありきでその後の配役があったわけなんでしょうけど、ぴったしなキャスティングだったと思えますねー
後、市川実日子は可愛かったです(ノ´∀`*)ウフフ

続いて2作目
「CLEAN ROOM」
これは真面目な話、完成度は抜群でしたねー
よくこれだけ話をまとめれたと思いますよ、短い時間で
脚本もさることながら、それを実現させた麻生久美子と韓英恵の二人の女優の演技力は脱帽でしたね
表情や沈黙でセリフ以上の情報を見事に詰め込んでたと思えます
後、麻生久美子は可愛かったです(ノ´∀`*)ウフフ

んで、3作目
「HOOPS MEN SOUL」
まぁ、本職じゃないから仕方がないのかもしれませんけど、ちょっとストーリーは弱かったですね
でも、カメラワークは抜群でしたし、カット割りとかのテンポのよさもこの作品群のなかでは1番でしたし、出てくるBMXやインラインスケート、カポエラの技術がすごかったりと見所は充分にありますね
後、すほうれいこは可愛かったです(ノ´∀`*)ウフフ

で、最後の4作目
「FASTENER」
これは正直、ちょっとーって感じでしたね
学生が作るようなちょっとカッコいいのを作ってみましたって感じで、抽象的表現をずっと続けて、で、結局、収まりがつかなくなってる、または視聴者には意味不明すぎるって感じですね
ちょっぴり残念でした


まぁ、人それぞれ、受け止め方も違うでしょうし、けれども全然違うものが4作もあるわけですし何かしら誰が見ても面白いと思えるものがありますよ
AD
結構、最近、売れたビジネス書ですが、ご存知ですか?

私もまがりなりにも1年程、ホテルで働き、今現在も焼き鳥屋ながらも接客業に携わっているのですが自分で言うのもなんですが、学生バイトのレベルは超えて仕事をしている自負はあります

しかしながら、目からウロコですね

もちろん、私ごときがリッツカールトンを使用したことも無く、存在をかろうじて知っているレベルには過ぎないので、その内実ということはあまり、世間一般では知られてないかもしれませんが、リッツカールトンではお客様の要望に対して、「NOと言わない接客」をしているそうなんです

具体的にどういうことかと言いますと
ホテルは満室、しかし、お客様から宿泊のご予約のお電話が
まぁ、普通なら「大変、申し訳ございません、全室、ご予約をいただいておりまして、お部屋の方をご用意できません」と、断るかと思うのですが、リッツカールトンでは、その後に「当方より近辺のホテルを探してお部屋の方を確認いたします」と、続くそうです
そこまでのサービスをしてもらえたら、泊まらずともいかに優れたサービスなのかは判りますね

また、お客様が何を望むのかということを常に考えて行動するんですが、プライベートビーチのあるリッツカールトンで営業時間も終了し、デッキチェアー等、片付け始めていたボーイさんにお客様が「今から彼女にポロポーズをここでしたいのでデッキチェアーをひとつだけ残しておいて欲しい」とおっしゃられて、ボーイは「もちろんです」と応えたのですが、このボーイさん何をしたと思います??
もちろん、椅子は残しました。そして、お客様がプロポーズをする場面に恥じないように、ビーチ用の制服からタキシードに着替えてきて、なおかつ、お客様がひざまずいてプロポーズをされるときにお召し物が砂で汚れてしまわないよう、シートの準備までしたそうです(ちょっとうろ覚えの話なので間違いや、抜けているかもしれませんが悪しからず)
たったひとつの要望に対して、ここまで気を回せれる。それが接客の極みなんでしょうね

まったくもって、頭の下がる思いです
先々、不相応でしょうが一度は泊まってみたいと思いました
もし、接客に携わっている方なら読んでみるべきだと思いますし、接客に携わってない方でも読んでみて勉強になると思います、オススメです
AD
SKI JUMPING PAIRSってご存知です?
結構、前に出ていて最近、第2弾が出てきたわけですから、こんなところで今更、紹介する必要もないかもしれませんが、そこら辺は書くネタも無くなってきたので悪しからず

どういうもかというと、スキーのジャンプ競技ってご存知ですよね?
あれって、当たり前ですが、一人でやるものでしょ
それをあえて二人でやったらこうなりました、って言うものをCGで作ったものなんですけどね
もちろん普通に飛ぶはずも無く、まぁ、そのくだらないこと
どんな風にくだらないかというと百聞は一見にしかず













と、こんなのがいっぱいCGアニメで出てくるんです



とにかく、くだらないんですが、まぁ、こういうのを思いつく人ってちょっとうらやましいですね
一度、ご覧あれ
AD

バイトの話

テーマ:
まぁ、大学を6年も通ってたら、なんだかんだで色んなところでバイトしてきました

そのほとんどは飲食店でして、ファミレスで働き、ちゃんこ鍋屋で働き、居酒屋で働き、和食割烹の店で働き、焼き肉屋で働き、ホテルで働き、焼き鳥屋で働きと転々と色んな場所で働きました

ちゃんこ鍋屋で働いてた頃は、一日にお客が一組来るか来ないかぐらいで、おまけに来るお客は決まって893さんだったりと、中々、極限状態で仕事をしてました

ファミレスでバイトをしていたころは仕事をしない店長の下で働いていて、それを注意したら逆ギレされて最後はケンカしてほとんどクビに近い状態で追い出されました

居酒屋で働いてた頃には、日に数十匹のゴキブリを見かけるようなお店でして、シンクに藻が生えてたりと有り得ない衛生状況の店でした。入って3ヶ月、ずっと掃除をしてました

ホテルで結婚式場の配膳のバイトをしていた頃は、主に新大阪で働いていたのですが、時折、土曜日の深夜に大阪を出て、三重県まで行き、そして日曜の深夜に仕事を終え、月曜の早朝に大阪に戻ってくるといった無茶苦茶な仕事をさせられてました。この頃は他にバイトを2つ、掛け持ちしていたので一ヶ月、休み無くバイトがあり、それも大学をサボることなく頑張っていました

焼き肉屋では店のオーナー及び、店員が皆、怪しい自己啓発セミナーの人間でして、誘われたのを断ったら、それまで和気藹々と仕事をしていたのが、急に風当たりが強くなり始めて、「お前と同じ時給で倍、働ける奴だっているんやぞ!」と、訳のわからないキレられ方をしたので「んじゃ、辞めますから、僕の倍、働ける人を雇ってください」といって辞めていきました

で、以前、触れましたが和食割烹の店では職人達がバイトのことを弟弟子のように厳しく扱うのでキッチンのバイトが2,3ヶ月で辞めていく中、一人、耐え忍んで、2年ほど勤めあげたのですが、気がついたら派閥争いみたいなものに巻き込まれていて、その煽りを受け、解雇宣告。本当に世知辛い世の中です

そして、現在に至って焼き鳥屋でバイトをしている訳ですが、ここの店長さんはちょっと昔の職人気質なところはあり、厳しいとこもありますが、人間味がありバイトの面倒見もよく、個人的には非常に馬の合う人ですね


こうして、色んなところでバイトをしてたなと改めて振り返ると、ろくな辞め方をしてませんね、俺(´・ω・`)

バルサ×チェルシー

テーマ:
サッカーの欧州クラブチームの大会、チャンピオンズリーグのバルセロナ×チェルシーの試合の中継を見るために、朝の3:30から心斎橋のスポーツバーで飲みに行くことに

前日、18~24時までバイトをしてましたが、中途半端な時間での待ち合わせのためにバイト先の近所でおなかを膨らまそうとするも、たまたま上がり時間が重なったので一緒に行くことになった奴が注文した料理を片っ端から、片付ける訳で、結局あまり食べれず、胃の蠕動運動を促しただけに終り、余計に腹が減ったなと思うと、今度は系列店のバイトに捕まり、系列店の社員に捕まりと中々、自分のペースで飲めないは食べれないはで、結構、大変でしたね(´・ω・`)

で、歩いて行けない距離でもないけど、さすがに寒いのでタクシーを捕まえにいきまして、現地に
ちょっと早めについたのでラーメンで満腹にして、いざバーへ

結構、感じのいいバーでビールの種類も豊富でなかなかよさ気でした
で、最初は生で喉を潤していると、試合開始ー

断っておきますが試合の詳細については触れるつもりはありませんので悪しからず

前半の終了間際から睡魔と闘いながらも結局は最後までなんとか意識はキープ
試合自体もすごいスリリングな展開で、非常に面白いゲームで満足でした



落ちもなくぐだぐだの駄文ですんません(´・ω・`)
面白いから紹介はしたいのですが、ちょっと、読書量が足りてないので、紹介しようかしまいか悩みましたが、まぁ、三冊の本について紹介すると言うことで…

今から紹介いたしますのは「悪意」「嘘をもうひとつだけ」「パラレルワールドラブストーリー」の三作品をまとめた総評です

誰の紹介か判りますかね?
東野 圭吾さんです

秘密とか映画化された作品もあったり結構、有名らしいですが、私は友人に教えてもらって読み始めた次第で、上記の三作品しか読んでいませんので詳しくは語れませんが、それでも紹介したいと思えるくらい、おもしろい作品でした
ですので、ちょっと言葉足らずで説明不足の紹介になるとは思いますが、悪しからず、間違ってたらごめんなさい

では、まずは「悪意」と「嘘をもうひとつだけ」
加賀刑事という頭の切れるちょっとニヒルな刑事が主人公のシリーズでして、まぁ、刑事が主人公なんだから、推理モノと言えば推理モノですね
ただ、西村京太郎さんの十津川警部とかみたいなかっちりした推理モノとかではなく、手の込んだトリックはあまり出てこないで、ひとつの犯罪に対して深く深く掘り下げていき、犯人の心理について色々と詮索するのがメインですかね。だから、トリックよりも動機がメインになる訳で、人間模様のほうが色濃く、書かれていますね
個々の作品について、ここで触れてしまうとどうしてもネタバレになる恐れがあるので、触れれませんが、どちらも一筋縄でいくような話ではなく、複雑に絡み合う人間模様があったりと、二転三転するわけなんですが、それを加賀刑事が少しずつ紐解いていく
推理小説にありがちな勿体つけることもなく、結構、さくさくとテンポよく読めるんじゃないかと思いますね
このシリーズに関しては今後、私自身も読んでいきたいと思っています

で、「パラレルワールドラブストーリー」
こちらは、そうですねー
ちょっと村上春樹先生の作品を意識して書かれたんじゃないでしょうか?
全然、それは違うぞ!とか、お叱りを受けるかもしれませんが、読んでみてそんな雰囲気を覚えました
描写自体は東野圭吾さんらしい、さばさばとしたもので、村上春樹さんの優雅とでも言うようなそれとはまったく異なるのですが、プロットのあり方や、ストーリーのすすめ方なんかに多少の類似点を感じたのは私だけでしょうか?
この作品、タイトル通り、ふたつの話が平行して進んでいくんですが、それぞれに謎が出てきて、そしてその謎が絡み合っていくんですが、そこら辺の話の進め方なんかは村上春樹先生の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」とよく似ているような感じです
もっとも、作品自体は非常に面白い作品だと言えると思います。取り上げる題材も中々、斬新で既存の小説にはないストーリーだと思いますね、オススメです



先日の町田康の紹介で作家単位での紹介は最後にしようと思いながらも未練たらしく書かせていただきました
今後もいきなり前言撤回して、作家単位で紹介するかもしれませんが、ご了承ください

町田 康

テーマ:
作家単位で紹介するのはこれで最後になるかと思います
これ以上、作家単位で紹介したい人もいなければ、作家単位で紹介できるほど本を読めてないので悪しからず
以後は作品単位で書評を書いていきたいかと

最後に紹介する作家、町田 康の人となりでも
作家としてデビューする前は日本で最初といってもいいパンクバンド「INU」(今、聴いたら結構、いいですよー)のボーカリスト町田町蔵としてデビュー。しかしながら、当時はまったく売れず解散。しばらくは酒を飲み時代劇を見て本を読むだけの生活。しかしながら、人生の転機が訪れ、現在の名前、町田 康として34歳で作家としてデビュー。その後、芥川賞等を受賞するなどと、見事に転身。ちなみに歌は今でもライブ等やっているそうです
そういうことで、イメージで言うならば筋肉少女隊の大槻ケンジ(このひとも本を書いていて、結構、面白いので読んでみてください)あたりのポジションと思ってもらってかまわないですかね
もっとも、あんな風にくだけた感じではなくもっと、退廃的で内向的な性格といった感じか


で、閑話休題
本題に戻って、作品の話でも

この人の作品、はっきり言って、好き嫌いは別れるでしょうね。とにかく表現が古い!あえて、古い文体で書いているんでしょうが、そのときのテンションで殴り書きみたいなところもあるので、文章が綺麗な分、同じ古いでも、谷崎潤一郎や三島由紀夫でももう少し読みやすいんじゃないかと思われます
まぁ、そんな古めかしい文章なのに何故か、ポップな感じになるんだから一種の才能ですよ
で、その内容についても結構、自分自身の性格をモデルにしている登場人物が多いので、そんな昼間っから酒を飲んで、仕事もせずにぶらぶらしている人間が多数登場する訳でそんな人間が生理的に許せない人は多分、本の中とはいえ、嫌いになるでしょうねもちろん、私はそんな人間が大好きですw
しかしながら、この人の作品にはある種のすがすがしさみたいなものがあるんですよ
とにかく、主人公達が、自分の内面と向き合って正直に生きるんですよ。そこにはせこせこしたものは無く、ただ、美味しいお酒を飲むためにはとか、楽して暮らすにはとか、ただ単純に日常を考えるだけなんでそこには笑いもあり、爽快さもあったりと、読んでて希望に溢れてきます


物質社会でついつい忘れがちになりますが、幸せってなんなのか改めて気がつかされます
日常に疲れた人は是非、一度、読んでみてください
オススメは「くッすん大黒」ですね

初スノーボード

テーマ:
ウィンタースポーツの王道はコタツでみかんと言い張って聞かなかった私もとうとう、スノボというものに半ば拉致に近い形で連れ去られました

だって、不自然でしょ?
夏は暑いからマリンスポーツって理に適ってるでしょ?

でも、冬の寒い時期に何を好き好んでさらに寒い雪山に行かねばならぬのかと、常々、思っておりまして、今までかろうじてスキーをかじった程度で、ましてやボードなどは、その上に両足を拘束されるわけでして、不条理だと思うスポーツランキング1位を記録し続けていました



まぁ、それでも安からぬ金を払って行く訳だからと、それなりに楽しむために挑戦を繰り返すものの、なかなか、思うようにはいかず、最後の最後まで、自分が滑っているのか転んでいるのかよく判りませんでした


明日は蒙古斑のようなアザがおケツに出来てそうです(´・ω・`)

丹下リターンズ

テーマ:
正直に言います、前作がぐだぐだだったからですね、豊川悦司の丹下左膳を借りたのも

丹下左膳は豊川悦司、お藤の役には和久井映美と前に観たものが、それぞれ中村獅童、ともさかりえだったことを思えば少々、年齢は高めですかね
でも、作品自体は前者のそれに比べて逆にポップな感じですかね?
先に観た方は少々、堅苦しい感じがしなくもなくおまけに、役者が一部の人を除けば痛いレベルでして(´・ω・`)

それに比べると、今作は柳生源三郎は特にですが、丹下左膳自体も三枚目の役になってまして、結構、娯楽映画な出来になってました
役者のレベルも高かったと思いますし、大道具に関しても結構なモノだったと思いますよー
そういう訳で、こちらの丹下左膳は非常に満足な出来だったと感じました

それにしても同じ題材を扱っても演技する役者や脚本家が違えば、こんなにも違うのかと改めて感じましたねー
まぁ、なんというか、格の違いと言いますか

いや、前に観た方の丹下左膳も中村獅童とともさかりえに関しては豊川悦司、和久井映美の二人に甲乙つけがたい出来だったと私は思います




いやね、改めて言うのもなんですが、前に観た方の柳生源三郎役のRIKIYAの演技が…



いや、これ以上は言うまい
まぁ、後は皆さんの感性に任せます

宮部みゆき

テーマ:
もう、ホント、有名な作家ばかりでごめんなさい
まぁ、私なりの評価でも


作風はしっかりとしていて、女性作家のよさと、女性作家にはない構成力を持っていると思います以前、プロットに難アリみたいなことを言ってますが、一流とも思える男性作家と山本文緒に比べての話ですので悪しからず

人物描写に関しては掘り下げる長編でも深く描かれてると思いますが、短編小説でも鋭角な書き口でずばっと描かれていて、どの登場人物も魅力的ですね
ついつい、火車やレベル7、ブレイブ・ストーリー等、長編作家のイメージがありますが、意外と短編集もいけまして、短い話をまとめる能力には秀でたものを感じます
また、情景描写にも長けていて、とてもお洒落な表現が惜しみなくちりばめられているので、読んでいて心地よさを感じます
ストーリーの展開なんかもテンポよく進むので活字嫌いの人にもすんなり読めるのではと思いますねー

で、オススメはRPGとかレベル7、火車なんかもいいんですが、そこは短編集を勧めてるんで、そこから2作を

まずはステップファーザー・ステップ
ちょっと設定に無理があるような気もしますが、とにかく心、温まります。子供たちと泥棒の奇妙な共同生活を面白おかしく描いてますね。終始、ほのぼのしていて、それでいて、意外性のある展開と読んでいて、飽きさせません

そして、我が隣人の犯罪
同名タイトルの作品、これはちょっと、「上手い!」って、うなりますねー。話自体の面白さは言うまでも無く、先のまったく読めない展開をしっかりまとめてきます。最後まで読んだらやられたって感じになっちゃいましたね。また、他に収録されてる作品も面白いのでこれは是非、読んでもらいたいです


総じて、深い事も結構、書いている割に、少々、下調べが足りない様な気がしないでもないですが、まぁ、そこはご愛嬌
そんな点を補ってもあまりある面白いストーリーや描写力、テンポのよさ、また、人物の魅力は秀逸ですね