優しい未来づくりのために

今回も精鋭たちが私の強烈な雨男パワーにも負けず、

途中ちらほら降りましたが、

今回は牧場主さんの笑顔が見たい、牛たちが一日も早く牧草を食べる姿が見たい、子どもたちがこの牧場の野山を駆け回る姿が見たい

そんな思いでみんなが心ひとつに作業させていただきました。

牧場が管理する田んぼの稲刈り後の稲架掛けをさせていただけるということで

ほとんどのメンバーがはじめての稲架掛け体験となりました。

前日までの雨の影響で水を抜いてあったとはいえ田んぼのなかはかなり軟らかく長靴が何度も脱げそうになりながらも、

何とか午前中で予定の田んぼの稲架掛け作業終了しました。

相変わらずの逞しさに感服、感動✨しました。

さぞ、今ごろ足腰の痛みに苦しんでいるのではないかと想像できます✨

お疲れ様でした🎵ありがとうございました。

これより天日干し、脱穀して

11月4日の収穫祭には、美味しい新米をみんなで食べられる予定です❤













AD