何かにすがりたい時もある

使命感にかられて、

これをしなくちゃいけない。

これを達成しなければ次には進めない。

そう思えば思うほど疲れだって出てくる。

達成感は半端ない。やり遂げた後の気持ちが心地よく感じる。

でもそれは、上手くいっている手応えが感じているから。

だから次に繋げる何かを行動に移す。

とても良いことだと思う。

でも、心がそっちにいかなければ、無理に押し通しても後が思いつかない。

単なるやり遂げた。


だけで終わり。


私は、祖父母や周りから

お母さんの為にもいい子でいなさい。

そう言われてきた。

解ってたけど、

それでも悲しかった。

期待を裏切りたくなくて、いい子でいた

今現在もそう思う。

良い人でいなければ、人は離れてゆく

なんか、それ手放しても良いんじゃないかと思う。


誰かの為に自分を犠牲にしてきた

犠牲にする事で見えてくるのは、

自分らしさが見失いがちになるということ。

でもその中で、手を差し伸べてくれた言葉や

人は沢山いる。

その人達や言葉には感謝しかない。

ワクワクをくれた人も、その情報も

私がアンテナを無意識に張って

見つけていたし、見つけてくれたから



そろそろ

荷物をおろそう。


人は何かあったときから

何か新しい自分を見つけるまで

自分を見つめ直す期間が必要でもあるけれど

何も考えず、リラックスして、

焦らず、落ち着くまで、ゆっくりしたって良い。

その方が、やりたいことが見えてくる

人は人。

自分が何を求めているのか

無意識に張っているアンテナは

反応してくれる。

ゆっくり進むのも悪くない。

そんな日があってもいい。