自己対話を皆さんしていますか?
 

私は幼い時から自分に話しかける癖がありました。

 

友達が居ないというわけでもなく、ただ、独りでぼーっとしてる時やどうしようかと悩む時にしていました。

 

二重人格とかそういうのではなく

 

自分と対話する=自分を見つめる

 

ということを後に知ったのですが、

 

その方法で、インスピレーション、直感力 自分は何がしたいのか?どうしたいのか?答えが明確になりやすく

ハイヤーセルフとも繋がるようになりました。

 

では、その自己対話のやり方と、それをするとどうなっていくのか?説明していきたいと思います。

 


自己対話って?

 

自分自身に語りかける言葉です。

 

あなたを全肯定してくれて、いつでもあなたの味方であり、命令などをしてこなく

対等な存在です。

相手は私のようにもう一人の自分(相方)でもいいですし

 
話しやすい理解できる存在ならいいと思います。
 
私の場合、
 
どうして?
 
それは本当なの?
 
それがもしなったらどうなるの?
 
本当はどうしたいの?
 
と、納得するまで疑問形で聞いてきました。
 
当時、例えば
 
私「お母さんは私のこと嫌いなのかな?怒ってばかり」
相方「なんでそう思ったのかな?」
私「仕事に行く前イライラしてるから嫌いになったのかと思って。」
相方「嫌いだったらどうするのかな?」
私「とても悲しい。」
相方「どうしたらいいと思うかな?」
私「お母さんが笑ってくれるようにお手伝いしたい。」
相方「じゃあ、お手伝いして、ゆっくりさせてあげようね。」
 
と、こんな感じでやり取りしてました。
 
私は心で会話していましたが、ノートに書いてやり取りしてもいいと思います。(その方が、あの時こう思っていたのだと書き残せる)
 
 
その時にセルフイメージで、良いイメージを出していくと更に良くなり、
 
また、逆に自分の意志を他人任せにしてしまうと、楽しくなかったり。
自分のこれがいい!という気持ちが周りの行動や、言葉で消えてしまうと自我が消えてしまいがちです。
 
 
これをしていくとどうなるのか?
 
 
良いセルフイメージや、自己会話が続くと
どうしていいか解らない自分、悩んでる自分、不安な自分と向き合うことができ
 
例えで使った相方(味方して受け入れてくれる)
が統合されて、
 
自分を見つめる事になり、心の本音が成長させてくれる
 
事になります。
 
私がよく、自分を信じてあげてください。
 
とお伝えするのも、誰よりも自分の心に敏感で、感じたり、(身体も)出来るのは自分自身が一番近い存在であり、魂も想いもそこにあるからです。
そんな私ですが、今でも対話する事があります。(迷い子なので)
 
少しの時間でも持てたら、自己会話続けると、ハイヤーセルフと繋がり、良いアドバイスや、ヒントをくれます。
 
また詳しく書きますが、ハイヤーセルフも自分自身です。(高次元ですが)
 
聞き方や、ノートに書くポイントとしては
 
なぜそう思うのかと疑問形で自分に問いただしながらやる
 
と、やりやすいです。
 
私は心で話す事が普通だと思っていたのですが、周りの子はなにそれ?
て感じでした。
 
それでも、振り返ると、やっていて良かったと思います。
 
最後まで読んでくださりありがとうございました^^
 
では、続く・・・。