量子場調整 創始者による量子展開

量子場調整 創始者による量子展開

量子力学をイメージと無意識に展開した、心身を調整する技術、量子場調整の創始者が、研究活動に奮闘している毎日を書きつづります。
世界にこの技術を広げ、三次元的世界を上昇し超えていきます。

歯の噛み合わせと量子




動物には、時に人よりも真摯な犠牲者意識がある。
しかし彼らといえども、人間のモルモットになって、薬学や科学のために犠牲になろうなどとは思っていないだろう。

もし、モルモットが人間だとしても、その犠牲がどれだけの真実を語るか知れたものではない。

ある時期いくつかの医科大学で、歯の噛み合わせ状態が健康状態に、どのように関係するか研究論文がしきりに提出されていた。

例えば、学生を対象とした実験では一番奥の歯の親知らずを、故意に1ミリ低くすると、身体や精神にどのような変化があるか等等、統計的に調べたものだ。

その前後に、犬の歯の噛み合わせを故意に数ミリ左右にズラすとどうなるかの実験がされ、その内容は、新聞にも報道された。

実験犬5匹のうちの、ほとんどが背骨が曲がったり、様々な症状をの中でヨダレを垂れ流し、最後は半狂乱でのたうちまわり、立てなくなり早死にした。

歯科だけではなく、医科科学もこの関係を、明らかにしたいと多くの学者が、トライしたが難しい問題に突き当たった。

1、動物保護の問題
2、それほど危険な実験を人に対してできることなのか
3、もし、そのことに同意した健康な男女がいたとしても、
 ある人は何となく頭がぼんやりした
 ある人は、胃が重い
 ある人は何ともない


統計にもできないほど、微細で、人によって異なる。

そんなわけで、人の場合、歯がなくなるまでも実験するわけにはいかない。

だから、この問題の解明は今も頓挫している。

そこへ持ってきて私の出番だ

これらのことを、承知で自分自身をモルモットにして、自分の歯がなくなるまで、意図的に歯を削り、歯列と身体の実験を10年以上にわたって調べた。

結果は散々、まさにの犬のヨダレを垂れ流し、たうちまわる気持ちがわかった。
その中で、歯と身体の規則的な関係は曲がりなりにも掴んだが、その窮地は半端ではない。

しかし、しかしである。
ここに救済者がいた。

そこに神がいたのだ。
その名は量子である。

思いに即して
時には魔人のように、時には女神のように現れ出る、目に見えないほど小さな神が。

彼らは、歯のかみ合わせなど、一瞬に変えられる。


岩尾和雄のHP

世界的なパニック
2020.09.14

早ければ今月末から来年5月頃までに
全世界的な途方もなく大きな変化がやってくる。

この変化は、世界的なパニックを起こすほどの大きな激変だ。
ここでは人生の価値観も意識から大きく変化せざるを得ないだろう。

この大きな津波のような変化は不思議なことに
物理的なことではなく
コロナ騒動がそうであったように風評に近い。

しかし、その風評は、とんでもない真実の暴露であるために
コロナ騒動の比ではない、パニックになりかねない。

私にとっては待ちに待った時!
ほどの喜びなのだが、社会にとっては
その素晴らしい世界の過渡期に、途方に暮れることになるのかもしれない。

そんな時代なのである

2020.05.27


もう少しすると、みんな幸せになる時代がやってくる。
どんな人も、分け隔てのない幸せだ。


しかし、、、よく考え注意しなければならない。
幸せは、みんな違う。


ある人は、自分では何もしないでも生きられるのが幸せだ。
ある人は、好きなゲームを一日中やっていても文句言われない幸せ。
ある人は、好きなことを死ぬまで続ける幸せ。
ある人は、被害者意識を手放さない。


誰も文句言わない。
しかし
これらは、依存症だ。


これらの依存症と反対の幸せがある。

意識の世界を冒険しようとする人たち。

前者の依存症は、蜜の味ほど甘い生活なのだが、
日を増すごとに老化が促進し、いずれその幸せは苦しみになる。
変わり映えのない感情の濫用は中毒症状をおこし、病気や老化が襲いかかるからだ。


生きている感触は、意識をふんだんに使って変化を生きることにあるのだから。

そんなところに持ってきて、世界は良くも悪くも大きく分裂する。

その分かれ道が、すぐにもやってくる。
甘い誘惑に駆り立てられた決断が、閉じ込められた永遠に近い世界に激変する。


だから、これからやってくる幸せを単純に受け入れることはできない。
分け隔てのない幸せではあるのだが。。。。。。


依存か冒険かそのどちらか。中途半端はすぐになくなる。
その、どちらも超幸せなのではあるが。。。


その決断をする時が、時間の問題でやってくる。

言っておくが、依存は
徐々に自分が意識を持っていることに全く気がつかなくなるのである。


。。。だから今のうちにみんな、冒険を選ぼう。
冒険ではあるが、意識の冒険である。
これほどの血沸き胸躍る冒険はないことを、徐々に知ることになるだろう。


そんな時代なのである。。。。。。


2020.04.11
世界中でコロナ被害による、公共助成金が動き出している。
この流れは、世界のお金の仕組みを変えるかもしれない大きな希望だ。


コロナによって、私たちは国ごと、個人的にも分断されてはいるものの、助け合いの仕組みが開かれるなら、きっと素晴らしい世界がやってくるに違いない。

これは面白い現象だ。
今までお金によって分断された世界が、お金によって一つになる。


コロナの良い反面は
私たちの意識を、覚醒した方向に向ける事だと思う。
不安は、目の前がよく見えなくなるがために、目の前に邪魔者悪者がいると錯覚するが、
覚醒では、目の前がよく見えるのだから、気遣いやいたわりの中で愛が優先する。


特に日本は、おもてなしの本家なので、世界の見本にさえなるかもしれない。

そんな可能性がある真っ只中で私たちのやるべきことは
不安に向けることではなく、意識に気持ちを向けることである。


。。。ここで意識ということで何を言っているのだろうか。

言葉や理屈では誰しもわかっているが、実際問題として
その意識とは何なのか、どのように使うのかトンチンカンだ。


ここが、コロナ騒動をコロナ創造に変容するキーであると思う。
そのあたりを4月中期限つきの無料遠隔で示してみよう。


https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=52022130900001

ブログ
量子の知性と能力に気づくだろう
2020.04.05
コロナウィルス騒動はSF小説のような感じになってきた。
大半の人たちは、こんな状況になるとは思ってもいなかっただろう。

もともと私はSF世界が好きで10年ほど前から書き進めていた
「量子の知性」もこんな感じの世界状況を題材にしている。

その中では、全世界的な突然の社会的パニックが起こり、
その状況を切り抜けるのが量子の知性であるといった感じだ。

今の状況は量子場の技術が世に出る、まさにその時時だと思う。

量子の認識によって、誰でも普通不可能と思われがちな
呼吸力を高めたり免疫力を高めたり出来るのである。

前回応募者多数のため打ち切った、無料遠隔量子場調整を4月いっぱいまで
再募集しようと思う。(無料メルマガ登録要)

https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=52022130900001

また、量子場調整バージョンアップ(一万円)
定期遠隔調整の施術も同時に再募集しよう。

https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=00103111202291

その中で、自分自身の意図に従ったブログ
量子の知性と能力に気づくだろう
2020.04.05
コロナウィルス騒動はSF小説のような感じになってきた。
大半の人たちは、こんな状況になるとは思ってもいなかっただろう。

もともと私はSF世界が好きで10年ほど前から書き進めていた
「量子の知性」もこんな感じの世界状況を題材にしている。

その中では、全世界的な突然の社会的パニックが起こり、
その状況を切り抜けるのが量子の知性であるといった感じだ。

今の状況は量子場の技術が世に出る、まさにその時時だと思う。

量子の認識によって、誰でも普通不可能と思われがちな
呼吸力を高めたり免疫力を高めたり出来るのである。

前回応募者多数のため打ち切った、無料遠隔量子場調整を4月いっぱいまで
再募集しようと思う。(無料メルマガ登録要)

https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=52022130900001

また、量子場調整バージョンアップ(一万円)
定期遠隔調整の施術も同時に再募集しよう。

https://ticket.tsuku2.jp/eventsDetail.php?ecd=00103111202291

その中で、自分自身の意図に従った量子の底力と
能力に気がつくに違いない。

2020 0401
火を見るより明らかなこと

子供の頃、創造する力は万全とあった。
だが何を創造すればいいか分からなかった。

大人になって、何を創造したいかわかってきた。
だが、創造する能力そのものが無くなってしまった。

創造する能力とは、直観のことである。
直感ではなく、直観だ。

この違いは大きい。

貧乏だった子供が
「親のために裕福になろう」
と本音で決断した時、
「静かに、時にはメラメラとエネルギーが沸きたった」

そんな子供をイメージできるだろうか。
その目には見えないが、その背後から立ち上がる力
そして、その場を観続ける力
それが直観力なのである。

その力は何十年もの間
彼を背後から現実化に向かって支援する。

それほど、直観力は力強い。

直感は過去に由来するが、
直観力は未来を創造する大きな力なのである。

今のコロナウィルスや政治経済騒動を超えるのは烏合の衆の理屈ではなく、
直観力を育てることであるのは
火を見るより明らかなことだ!