驚き!大富豪男性の結婚事情 ここまでして!! | 甘くてくつろげる飴風呂で開運日記(風水等の占い)

甘くてくつろげる飴風呂で開運日記(風水等の占い)

風水・奇門遁甲などをメインに記事を書きます。四柱推命の通信鑑定・風水出張鑑定のほかTV雑誌等取材など歓迎


テーマ:
2010年投稿記事振返り校正記事シリーズ
ヤフーニュース記事によると・・・・・・・・引 用・・・・・・・・
倍率3000倍!「富豪の花嫁」選抜1次審査開催、選定基準に「あげまん相」審査も―中国6月22日17時16分配信 Record China

 広東省広州市で独身富裕層の伴侶を募集する美女コンテストが行われた。花嫁を募集する富豪はいずれも個人資産が約6億7000万円以上の18人。この18枠を目指して独身女性が競うわけだが、その倍率は3000倍にもなるという。

2010年6月19日、広東省広州市で独身富裕層の伴侶を募集する美女コンテストが行われた。花嫁を募集する富豪はいずれも個人資産が5000万元(約6億7000万円)以上で、参加費18万元(約240万元)を投じた18人。この18枠を目指して独身女性が競うわけだが、その倍率は3000倍にもなるという。チャイナフォトプレスの21日付の報道。

選抜には全世界の18歳から50歳代まで、5万件の申し込みが殺到。その中から20~30歳代の女性のみが審査に参加する。審査は4次審査まであり、1次では容姿や形象の審査、2次では教養審査、3次では良妻の素質審査(品格、聡明さ、孝行心など良妻賢母の条件を備えているかどうか)、4次では家庭訪問が行われる。19日、まずは北京市、上海市、広州市、深セン市で1次審査が行われた。広州地区大会に参加したのは1000人。28~30歳、大学や短大卒の高学歴女性が主で、職業は弁護士、通訳など才媛がそろった。容姿や雰囲気についての審査、心理テスト、恋愛観や育った家庭環境の審査、そして風水師による顔相の審査までが行われた。審査した風水師によると、「頬骨が高く、顎が丸く、鼻が長いのがあげまんの相である」とのこと。容姿審査と言っても美しいだけでは合格できないのだ。

 彼女たちの中から未来の花嫁を待ち望んでいる富豪18人は平均年齢38歳、大部分が個人資産1億元を超えている。参加費18万元のほかに、資産や身分を証明するための各種証明書の提出が必要だ。中にはプライベートジェットを所有する中国系米国人や、資産数億元の地元不動産王も。45歳でバツイチの不動産王いわく、「求めているのは25~26歳、身長165cm以上でウェストにくびれのある女性。結婚したら専業主婦になってもらいたい。まずは恋人になった段階でポルシェをプレゼントしますよ」とのこと。

参加した女性らの話によると、このコンテストに参加したのは、玉の輿に乗るだけが目当てではないらしい。「仕事や自分磨きが忙し過ぎてパートナーを探す時間がない」というキャリア女性や、「財を築くということはその男性の能力の証だから」とする女性の声が目立った。
・・・・・・・引 用・・・・・・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100622-00000012-rcdc-cn

ちょっと驚きの結婚パターンである。
そもそも大富豪には財産目当てで近寄って来られる可能性が高いので、ひらきなおってこんな企画なのでしょうか?財産関係なく愛でといっても映画みたいな理想的な恋愛結婚運をもった人が少ないは男性のみならず大富裕層女性とて同じである。

 占ってみて結婚運がイマイチのときはニュースにような結婚相手募集の方がいいであろう。
なお、記事に誤りがあるので取り上げた。

人相の事が書いてあるが担当が風水師とある。風水師は確かに四柱推命など誕生日の占いや手相も出来る人が多いのは事実である。しかし、人相は風水でないので占い師と書くべきであろう。記事を書いた方は占いに関しては素人なのでしょう。取材も突っ込めば四柱推命でも審査していたはずである。個人資産が約6億7000万円以上の18人とのことであるから本人の希望で別の占いも活用していた可能性はある。

中国は占い師の身分は日本以上にいいので優れた人が多いし、富裕層は占い師の人選がうまいのは日本とは違う。日本での富裕層、芸能界は占い師選定が超下手で返って不幸にになっている事例が多いのは残念である。

ニュースの花嫁募集のあり方にひややかな見方をされる方が居るかもしれませんが普通の人とは別世界であること並びにシンデレラはあくまでも架空の小説的な確率でしかないことをお忘れなく!


結婚に占いを活用する富裕層男性の偉いところ・・・・

シンデレラは、結婚後身分のせいで親族からいじめにあう事例が多い。
ところが四柱推命、紫微斗数などの運のいい女性は歓待され大事にされるからである。
この観点から上記ニュースのシステムを活用している男性は奥さんにたいへん思いやりがあるといえる。

富豪18人は平均年齢38歳という晩婚である。お金がありすぎて結婚できないのであろうか?

紫微斗数では富裕層花嫁獲得は一般人以上に父母宮をみます。字義だけみると勘違いします。父母宮は目上一般全てです。嫁に行く場合は嫁ぎ先の両親をここで判断します。同様に兄弟宮は旦那の兄弟と仲良くできるかみます。つまり自分と同じ位置にある人すべて兄弟宮で判断します。書店で売っている本ではここまで書いていません。やはり頼むはプロなのです。夫に対する内助の功は一般には仕事運をみる官禄宮で判断します。ですから男性諸君はお見合いの時は彼女が上司に気に入られていたかどうか聞いてみるといい。結婚しても辞めないで欲しいと言われていたら内助の功ができる女性とみていい
。確認されたい方は、佐東 陽達まで鑑定のお申込を→022-220-0489、さとう たかみち(仙台市地下鉄台原下車徒歩1分、駐車1台、要予約)鑑定依頼は電話022-220-0489 佐東陽達

建物の風水鑑定についての詳細案内HPは→
https://sites.google.com/site/takamichi2200489/

#家庭訪問 26日アクセスランキング2位記事

風水師 佐東 陽達(全国出張型)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス