トップの意識革命がもたらす「マインドフル経営」コンサルタントの無意識に豊かになる方法

潜在意識、マインドフル経営、起業家、自分らしい経営、売上UP、豊かさ、九段下、市川


テーマ:

2017年10月末から10日間の日程で

友達と二人でウズベキスタンを旅行してきました

 

 

 

行ってみてわかったのですが、、、

 

 

 

雑貨が可愛いし、刺繍がキュート!

品質がよくて安いし、安全!

 

 

 

 

そして、ブルーのタイルの建物が素敵ーーーー♡

 

 

 

女子旅に最適な国でした♡

 

 

 

唯一、情報が少ないのが難点だったので

多くの日本女子にウズベキスタンに行ってもらいたいなーと

思いましてブログで旅のコツをまとめてみました^^

 

 

 

どんな些細なことでも質問がありましたら

ご連絡くださいね!お答えします^^

 

 

 

ウズベキスタンは、中央アジアに位置し、

西はヨーロッパ(スペイングラナダやローマ)

南はインド、東は中国、韓国、日本の文化の交流地点であり、

 

 

 

色々な国のルーツが見て取れます

このマップを見てみると世界は一つなんだなーって感じて

感動しました^^

 

 

 

 

ワタシ達の旅行行程はコチラです↓

 

 

タシケントー(列車で移動)サマルカンドー(夜行列車で移動)ウルゲンチー(タクシーで移動)ヒヴァーウルゲンチ(タクシーで移動)ータシケント

 

 

 

残念ながら、日程の関係上、ブハラには行きませんでした

来年(2018年あたりに、鉄道が整備されて、主要観地を結ばれるそうなので、移動が便利になると思います!

 

 

 

ぜひ、サマルカンド、ブハラ、ヒヴァ、タシケントを巡って見ていただきたいです^^

 

 

 

旅の予算は20万円くらいあれば充分です

航空券代は往復で8万でした

その他、国内の移動の費用、ホテル代、お土産代、ご飯代など含めて

遊びまくって買い物しまくっても、合計20万円あれば充分です

 

 

 

 

何回も言いますが、、、

 

 

 

ウズベキスタンに初めて行きましたが

とても素晴らしい国です!

 

 

 

かなり安全です

 

人がとても親切です

 

物価が安い(日本の1/3くらい)!

 

みんな写真大好き♡

大人も子供もカメラを向けると喜んでポーズします^^

 

 

 

 

難点は、ホテルやちょっとしたレストラン以外は

英語がほぼ通じないこと。

 

 

共通語は、ロシア語かウズベキスタン語となります

ちょっと不便だなーと感じることもありましたが、

何とかなりますからご安心くださいまし

 

 

 

もう一つ残念なのが、ウズベキスタンについて

日本では情報が少なすぎるのが勿体無い!!!

 

 

 

 

地球の歩き方が一番情報が多いのですが、、、

2年前の情報で、変化が激しい国なので

どうしても正確性には欠けてしまいます

 

 

 

以下、個人的に気づいたことをメモしておきますねー^^

 

 

 

【両替について】

ガイドブックなどでは、バザールの闇両替で両替すると

レートが2培違う!と書いてありますが、これは間違いです

 

 

政府で一律にレートが管理されています

2017年11月7日時点のレートは、

 

 

1ドル=8,000スム

1円=70スム

 

で両替できます。どこでも一緒です。

 

 

それ以外の場所で両替すると逆にレートが悪くなる可能性があります

実際、バザールでレートを聞いて見たら、悪すぎました。

注意して下さい!

両替は大きなホテルや銀行、観光地でできます

ちなみに、銀行は夜9時までやってます(地域によって時間が異なりますが。。。)

 

 

 

あまりにも札束でくるので一瞬、大金持ちになった錯覚に陥りますが

お金はすぐに減って行きます(笑)

 

ドルはかなり通用します。直接ドルで買い物できます

しかし、日本円はやはりスムに両替しないと使えません

 

 

どの地域でも、日本円からスムに両替できるので、

少しのドルと日本円で持って行けば十分です

 

 

 

今回泊まった全てのホテルで、カード決済できました

ドル払いのみやスム払いのみ等、予約の際に事前に支払いについて確認しておくと良いと思います

 

中にはカードが使えないホテルもあると思いますので。。。

そして、念のため、visaとマスターカードの二種類を持って行くと便利です

 

 

※レートは政府経由で定期的に変更されるようです。渡航の際にチェックしてから行くと良いと思います

 

 

 

【物価について】

日本の1/3くらいに考えておくと良いと思います

 

ちょっとしたレストランで思う存分食べても

日本円で500円〜600円程度です

 

 

最終日にタシケントのイタリアンで

ランチのコースを食べましたが

デザートと飲み物までついて、600円でした

 

 

 

もっと庶民的なチャイハナで食べると

300円程度でたべれます

タシケントのバザール近くのチャイハナ

大きな鉄鍋でプロフ(チャーハンみたいな食べ物)を作ります

 

 

 

 

【タクシーについて】

タシケントの空港から市内のホテルまでの料金の相場は10ドルです

 

 

もしホテルに無料送迎サービスがあったら事前にお願いしておくと便利です。空港から出た途端に、タクシー運転手さん達に揉まれます(笑)

 

 

疲れてるのに、値段交渉したり、ホテルの場所を教えても分からないという運転手さんが多いので、ストレスを避けるためにも、事前にお願いするのがベストです

 

 

ウズベキスタンに旅行の際は、

MR.セルゲイにタクシーをお願いすると良いですよー

 

 

ウズベキスタン国内であれば、違う地域に行く際にも彼の友人に頼んでくれたりして、とても助かりました

 

 

ウルゲンチ駅からヒヴァまでのタクシーもセルゲイさんの手配で

助かりました!ちなみに、ウルゲンチからヒヴァまでのタクシー料金は10ドルでした

 

 

料金はかなーり良心的だと思います。

信頼できるタクシー運転手さんにお願いするのが一番ストレスがなく安心です^^

 

 

 

MR.セルゲイ

 

彼は英語もできるので、頼む際は、メールでコンタクトをとって見てくださいね^^ もしくは、ホテルのフロントの方に見せてお願いすると良いかもしれません。彼はサマルカンド在住ですが、国内にお友達がいるのでネットワークで紹介してくれます

 

私からご紹介もできますのでお気軽にお声がけくださいね

 

 

とても穏やかで優しいし信頼できる方です^^↓

 

連絡先です↓

 

 

 

 

【写真について】

歩いてると、観光客が珍しいのか一緒に写真を撮ってー!

とお願いされることがあります。写真が大好きな方々なので、

もし、オッケーなら快く応対してください

 

もし、嫌ならその旨をジェスチャーでもいいから伝えると

良いと思います^^

 

 

皆んな写真大好きなので、ワタシは積極的に、写真とってもいいですか?と確認して撮らせてもらいました

美人さんが多いですー^^

 

 

 

ウズベキスタンでは、

駅、空港、地下鉄、橋は写真に撮るのを禁止されています。が、、、、

 

 

タシケントの駅で、

インド人観光客の団体が駅で写真を撮りまくってました(笑)

 

 

さすがだなーとww

 

 

撮る時は、駅員さんか、誰かにジェスチャーでもいいから確認して撮る方が良いかもしれません。トラブルにならないためにも!

 

 

下記はタシケント駅からサマルカンドに向かう列車です

2時間でサマルカンドに到着します

 

 

 

 

【切符の購入について】

 

日本で手配すると、手配を依頼した旅行会社に切符代分の手数料を支払うことになります

 

 

もし、日程に余裕があるのであれば、

駅で直接購入すれば、手数料分は節約できます

 

 

チケット売り場は「CASSA」です

こちらに行けば、購入できますし窓口に行けば英語通じます

 

 

駅に入る前の段階で、

警察官によるセキュリティチェックがあります。

その時に、切符とパスポートが必要です

もしなかったら、すぐ近くにある「CASSA」で購入することになります

 

 

 

 

【言語について】

公用語は、ロシア語かウズベキスタン語です。

ホテルやちょっとしたレストラン以外は英語はあまり通じないと思った方が良いと思います。

逆に、10代や20代前半の子は英語が話せたりします

 

 

 

 

【地図について】

ガイドブックの地図は行きたいところをカバーしてなかったりして

それだけでは、結構キツイです

 

今回、大活躍したのが、無料でダウンロードできてオフラインで使える

Maps.Meでした

 

Googleマップのようにナビもしてくれるので便利ですよー!

ダウンロードしてから旅に出てください↓

 

https://bpwire.net/maps-me-perfect-guide/

 

 

 

 

【服装について】

 

服装について神経質になる必要なないと思います

ただし、礼拝する場所などはストールで頭を隠すなどの配慮があるといいかなーと思います

 

短パン、タンクトップはやりすぎというか、目立ちすぎるので

節度を持った服装であれば大丈夫です

 

 

特にストールは一枚あると、とても便利です。暑い時はストールで頭を覆って帽子がわりになるし、寒い時は首元を温めてくれます

 

 

下記はカシミヤのストール。現地で購入しました

6ドルくらいだったかと思います

 

あとは、無印良品の長袖Tシャツが活躍しました

すぐに洗えるし着回しできるし便利でした^^

 

ユニクロ、無印、アウトドアブランドを上手に組み合わせると

旅先では便利と感じました。適度にオシャレで、機能性抜群です

 

 

 

 

【買い物について】

 

バザールや観光地のお土産屋さんは、値段があって無いような感じです

これは個人的な感覚ですが、言い値の半額くらいを目安に交渉してみると案外適正価格だったりします。お店にもよりますが。。。

お店の人と値段についてやりとりするのも面白いものです

 

交渉は苦手だし嫌だなーと思ったら、タシケントにある百貨店に行ったらほぼ全て揃ってます。値段も地元の人が買うだけあって適正価格です

お土産をまとめて、そこで買うのもアリです^^

 

 

 

 

【食事について】

 

食事はご飯もあるので、個人的に意外にストレスはありませんでした

代表的なウズベキスタン料理について簡単にご紹介しますね^^

 

 

ラグラマン:スープうどん(ラム肉入りミネストローネ的なスープの中にうどんが入ったもの)

 

 

 

 

プロフ:チャーハン(ラム肉とご飯の炒め物)

 

少し脂っこいですが、サラダと一緒に食べるとさっぱり食べれて

病みつきになります^^

私は結構好きで、毎日食べても大丈夫な感じでした

 

 

シャシ:お肉(ラム、牛肉、チキン)の串焼き

 

サラダは、トマトと玉ねぎときゅうりのサラダが一般的ですが、

種類が多く、どこのお店で食べても味付けは美味しいです

 

 

 

チャイ:ウズベキスタンでチャイはグリーンティーのことです

ただし、日本のお茶とは別物です。さっぱりして後味がスッキリします。

食事の後はチャイを飲みたくなります^^

お茶は、その土地の食事と風土に合ってるんでしょうねー

 

下のお菓子は裏メニューでした。一般的なおやつみたいです

パイでおいしかったです^^

 

 

 

ナン:地域によって微妙に形や模様が違います。日本のお味噌汁に特徴があるように、ナンも地域によって特徴があるんだと感じました^^

 

注意事項として、ヌードルスープのヌードルはお店によってバラついがあり、茹ですぎて美味しくないという危険がありますが、

それも思い出としてチャレンジしてみて下さいませー

 

 

 

 

【旅先に持って行って役立ったもの達】

 

 

ウェットティッシュ

トイレが汚かったり、レストランやちょっとしたチャイハナ等で

手を拭いたりするのに大活躍しました

 

 

 

ユニクロのウルトラライトダウン

超軽くて、折りたためてバッグに入れられて、温かいし最高に役立ちます!私は、ベストタイプと長袖タイプの両方持っていますが、寒暖差の激しい砂漠のヒヴァでは活躍しました^^

 

 

 

 

100円ショップ折りたたみクロスハンガーと洗濯石鹸

長い旅だと洗濯は必須になります。

ワタシはいつも洗濯石鹸は持って行きますが、今回、折りたたみクロスハンガーを持参したら、とても便利でした!すぐに乾くし、引っ掛けられるし、こまめに洗い物すれば、荷物が少なくて済みます^^

 

 

 

保温の効く水筒

深夜特急の車両で活躍しました。お湯は出るので、お湯だけ水筒に入れて、ティーパックのお茶を入れればオッケー!ずーっと温かいお茶が飲めます^^ 移動の時にお茶をホテルで入れて持参するもよしです

 

 

ノンカフェインのティーパック

なかなかハーブティー等のおしゃれなお茶を出すところは皆無です

毎日の食事で胃が疲れ気味の時に、ホテルでゆっくり、ノンカフェインのお茶を飲むとグッすり眠れます

 

 

 

 

折りたたみ式ナイフ

バザールで買った果物やちょっとしたものを切る時に重宝しました

 

 

 

 

レトルトの玄米がゆ

あんまりお腹が空いてないし、ちょっと胃を休めたいなーという時に

ポットの中で温めれば、すぐに食べれます^^

友達が持参したのですが、美味しかったです!

 

 

 

 

着圧ソックス:飛行機の中は必須ですが、日中、たくさん歩く時も疲れ知らずです。寒い時の防寒対策としても便利です

 

 

 

マスク:機内は必須ですが、深夜特急の車内でも大活躍でした

ウズベキスタンは基本的に乾燥してるので、寝る時にもマスクがあると便利ですよ

 

 

 

 

アイマスク:以外に便利です。特に機内で寝る時は必須ですー

しっかり寝れることで、時差ボケ対策にもなります

 

 

 

ちょっとしたお土産

ワタシは日本から日本茶のティーパックを持って行きました

現地のホテルでお世話になった人や親切にしてくれた方に

渡すだけで、とても喜ばれます^^

 

あとは、チョコレートも喜ばれるそーです

小分けタイプのものを持っていくと良いです^^

 

 

 

お金を入れるためのちょっと大きめのポーチ

これは100円チョップで買いましたが、一つのポーチにチャックが2つあるタイプだと、ドルや日本円を分けて入れられて便利でした

札束でお金がくるので、ある程度の大きさがあると便利でした^^

 

 

 

大きめの折りたたみタイプのセカンドバッグ

物価が安いのと、可愛いものたくさんあるので、ついつい買いすぎちゃいます^^ 大きめの折りたたみタイプのセカンドバックがあれば

それに押し込んで、重量オーバーになっても、最悪、セカンドバックに詰めて機内持ち込みできます

 

 

 

アロマディフューザー

今回、無印良品のミニアロマディフューザーを持って行きました

寝る時に、ラベンダーを焚いて寝るだけで、リラックスできます^^

旅先では、いかにぐっすり眠れるかが大事なポイントになってきます

 

元気に気持ちよく過ごす工夫を惜しまないくでくださいませ^^

 

 

 

ゆびさしロシア語の本

実際は、それほど活躍しませんでしたが、

お守り程度に持っていくと安心します

 

チャイハナで出会ったおばあちゃんとは、

この本でちょっとしたコミュニケーションを取れました^^

 

 

 

ちなみに、いつも航空券はヴィクトリーツアーさんにお願いしてます。

 

希望の日程と行き先を伝えるだけで、すぐに対応してくれ、

自分で調べたネットの航空券代よりお安く提示してくれます

 

信頼できる旅行会社さんです。

いつも市場よりお安く提供して頂いてありがたいです^^

 

私の紹介で言えば伝わると思いますが、私からご紹介もできます^^

 

 

 

 

 

最後に、、、

 

 

 

ロマンあふれるシルクロードの国!ウズベキスタン!

日本との共通点も多く親近感湧きまくりです

一度でいいから行ってみて下さいねー♫

 

 

 

ご質問はお気軽に!

女子的ウズベキスタンの旅オススメしまし、応援します♡

 

ご質問やお問い合わせ等は

コチラからどーぞ!

 

 

ワタシの旅行の詳細についてはコチラです^^

 

 

 

◆女性起業家タイプ診断✨アナタは姫起業家?肉食起業家?
簡単な10個のの質問に答えるだけで、どのタイプか分かります✨

肉食起業家、草食起業家、研究起業家、姫起業家、コツコツ起業家、研究起業家   
 
さきがけ✨女性起業家タイプ診断 
   

 

          

■読むだけで潜在意識から自然に売上UPする✨7日間メール講座■

気づいたら売上がUPしている遠隔調整ワークのプレゼント付きです✨
【効果は?】自然に売上UPに結びつく行動や繋がりが始まります

【いつ開始?】メルマガ登録した直後に開始します
 

売上をあげたかったら親との関係を見直しなさい!

 

 

 

■読むだけで自然に”あげまん”体質に☆10日間のメール講座■

 

 

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

マインドフル経営コンサルタントさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります