理学療法学科の下田です。グッド!

白寿医療学院のブログ

理学療法学科では、毎年夏に障害者野球大会「DREAM CUP」のボランティアを行っています。グッド!




ボランティアといってもメディカルサポートのボランティアや見学をやっています。目

今年も2年生と4年生が参加して暑い夏をすごしてきました。メラメラ

その活動報告を理学療法学科 2年生の片桐君福永君がいたします。



こんにちは2年生の片桐福永です。


今回、初めて障害者野球のボランティアとして参加してきました。


初めは障害者野球というものをまったく想像できませんでしたが、実際のプレーをみて驚きました。


これまでの僕らでは、「オーすげー!」で終わっていたと思うのですが、2年間勉強してきて障害の方が野球をするときの体の使い方や道具の使い方など選手のプレーをみる視点が変わってきたと思いました。

白寿医療学院のブログ

印象的だったのは、各々障害の種類や部位など様々ですがみなさん野球という動作を行う時は一番効率のいい体の使い方をしてプレーしているのに驚かされました。


自身の持っている能力を最大限に発揮するための動きや道具の使い方など試合を見ていても充実したものでした。


また、その他にも皆さん楽しそうにプレーをしていました。ですが、楽しいだけじゃなく試合の勝敗も白熱した試合で勝負にはシビア叫びに取り組まれていました。


必死にプレーをしているとどうしても付きまとうのがガーン

その時に力を発揮するのがメディカルサポートスタッフの先生方でした。目

スタッフの方々は、学院の近隣の病院やクリニックの先生で構成されています。


これまで教科書や授業でしか見たことのない処置を実際の場面で見れたこと、その緊張感を体感できたことが自分の糧となったと思っています。


最後には、大会に参加した選手との懇親会にも参加してきました。

白寿医療学院のブログ

大会にはアフリカオールスターズ(といってもアフリカの方は3名程度)も参加。

白寿医療学院のブログ

みんなで円陣組んで「オーーーー」グー
白寿医療学院のブログ
片桐が「アイ・アム・メディカルトレーナー」、「アイ・アム・メディカルトレーナー」と拙い英語でアフリカの選手に話しをしたらあせる

白寿医療学院のブログ 白寿医療学院のブログ

アフリカの選手は「あートレーナーね!オッケイ 写真をとろう!」と流暢な日本語で返されていました。べーっだ!

日本人が英語で話し、アフリカ人が日本語で返答するといったとっても変な会話を彼らはしていました。(福永)目


白寿医療学院のブログ


懇親会も楽しく盛り上がりました。

最後に感想を述べたいと思います。

「参加して良かった!!」 以上です。





福永「オレもあと2年後はこうやってサポートできるように勉強がんばろ!」って意気込んでました。


以上で彼らの活動報告を終わります。



白寿医療学院のブログ 白寿医療学院のブログ

この日の翌日は4年生のユウヤ君、ダイスケ君、ユウキ君が参加してもらいました。白寿医療学院のブログ

左のさわやかなユウヤ君と右の貫禄のあるダイスケ君

白寿医療学院のブログ 白寿医療学院のブログ

さすが!4年生ということもあってどんどん動くし、いろんな手伝いやサポートをしてもらいました。

白寿医療学院のブログ 白寿医療学院のブログ

ありがとう(下田)


今回のボランティアを通して彼らは自らの肌で感じたものを活かして今後の勉強に励んでもらいたいものです。




国際交流も図ってきました。

全国大会出場 (^O^)

テーマ:

こんにちは、柔道整復学科の丹尾です。かえる


8月11日に柔道整復学校協会主催の柔道大会に参加してまいりました。メラメラ

全国より40校以上の学校が出場しており、日々の稽古の成果を発揮していました。柔道。


白寿医療学院柔道部も怪我の無いように気をつけなら頂点を目指しました。カップ


白寿医療学院のブログ

会場は、東京武道館パンチ! 素晴らしい試合場で出来る事に感謝しないとですねおじぎ


白寿医療学院のブログ

試合前の準備も緊張感がありますねドキドキ

さすが!! 全国大会ニコニコ


白寿医療学院のブログ


柔整科の小山先生、田口先生がサポートしてくださり選手のテーピングをしてくださいました。

ありがとうございます。ありがとう


白寿医療学院のブログ


結果は

1試合目:白寿医療学院0―4京都医健専門学校

2試合目:白寿医療学院5-0山野医療専門学校

白寿医療学院のブログ

予選リーグは突破できませんでしたが、初の全国大会で良い経験となり思い出になったと思います。!!

      
白寿医療学院のブログ

最後に、武道館前で記念の一枚音譜

今回の大会は柔道部にとって大きな一歩ではないかと感じております。

この経験を活かして、来年予選突破を目指して稽古に励んで行きたいと思っております。

卒業生の皆さんも、是非稽古に来て下さいね。








こんにちはビックリマーク柔道整復学科の大圖ですぺこ

今日は、白寿 柔整科の実技授業風景を報告いたしますパー

実際の臨床現場での整復法や固定法は、教科書に載っている方法であるとは限らないんですにひひ

随時、患者さまのケガの状態・患者さまの日常生活・勤務する接骨院の方針・備えてある固定資材などなど・・・

臨機応変に方法を検討していかなければなりません。

その為には、教科書に載っている内容をただ覚えるだけでなく、なぜその整復をするのかはてなマーク

なぜその固定をするのか!?を理論的にとらえておく事が重要になりますグッド!


自分で理屈を考え、その理屈を基に、現時点で出来る最高のパフォーマンスを具現化出来る事ひらめき電球
とっても大事な事なんですアップ

ですが、教わることばかりで自分で考えることに慣れていないと、なかなか出来る事ではないんですよ目

そこで、今回は2年生の骨折整復・固定実技にて、教科書に記載されている整復法・固定法に限らず、
理論的に正しい方法をオリジナルで検討させてみましたにひひ
白寿医療学院のブログ 白寿医療学院のブログ
親指の根元の骨折にベネット骨折というものがありますクリップ
この骨折の特徴は…
整復は簡単に出来るものの、安定させる為の固定が難しい…ガーン
理論的に正しく固定をしようとすると、とても大げさな固定になってしまうんです…あせる

日常生活になるべく支障をきたさぬよう、しかし骨折した部分をしっかり安定させる方法を

考えさせてみましたグー
みんな、色々な考えの下、試行錯誤を繰り返しながら固定法の計画書を作成していました目
完成した計画書は、もちろん荒削りですが、今はそれでいいと思っています。
まずは、自分で一から考えること…ひらめき電球それが大事なんです
OK

白寿医療学院のブログ 白寿医療学院のブログ
これが各班ごとの固定計画書です。面白いように各班で考え方が違うんですよキラキラ

白寿医療学院のブログ 白寿医療学院のブログ

白寿医療学院のブログ 白寿医療学院のブログ

方法も、材料も全て自由ですチョキ色々な意見を交わし合い、各班、頑張っていましたニコニコ
楽しみながら、されど真剣に、理屈に合った形を具現化しようとしていました!!
計画書のどれをとっても、教科書の固定法とは違います。各班の固定法も違います。
しかし、それぞれの計画書の内容には多くのアイディアが詰まっています合格
本来、柔道整復師とは、どこにいても、自分の腕ひとつ、周りにある材料を使って、
外傷の応急処置が出来る技術を持っている職業だと思っていますきらきら!!
あの固定材料がなければ、固定が出来ない…ガーンではなく、いま周囲にある材料を使って、
頭を柔らかく、最大限のパフォーマンスをすることが重要ですグッド!
学生時代に、少しでもそんな事を意識できる経験をさせてあげたいと、白寿では思っていますにこ

次回は、オリジナル固定法計画書に基づいて、実際にそれを具現化させた授業を紹介しますパー
楽しみにしていてくださいきゃー


ちなみに、今週末音譜

8月7日(日)は白寿医療学院のオープンキャンパスが開催されますクラッカー

今回、柔整科は久保田先生たーらこー♪と樽本先生波平が担当いたしますビックリマーク

ブログをご覧になっている皆様方も、ぜひご参加くださいアップ