一日も早く普通の生活に | 白馬の暮らし

白馬の暮らし

北アルプスの麓、白馬で「白馬風の子」という宿をやっています。
1988年開業以来365日、一人旅大歓迎の小さな宿です。
娘4人の家族経営。女性一人でも安心して泊まれます。最近はアップが楽なフェイスブックの方が更新多め!?
https://www.facebook.com/kazenoko1988

白馬風の子は「とほネットワーク」という集まりに参加しています。

先日、佐久の三輪舎でとほブロック会議があり行く途中の画像。

 

台風19号の被害に遭われた地域の皆さんと、関係する皆さんに心よりお見舞い申し上げます。

そして復旧、復興が進み一日も早く普通の生活に戻れますように。

 

千曲川沿いは台風19号の爪痕があちこち。

水は引いていたけど水量がすごかったと感じさせられる橋げたに絡みついた流木など。

 

国道が混雑していたこともあり、堤防道路を走行。

単車だったので、もし通行止めでもUターンしやすいし。

堤防道路は全く問題なく走行できました。

 

上田電鉄の赤い鉄橋。

今までここに来た時に橋を渡る列車に出会うと嬉しかったなあ。

一日も早い鉄路復旧しますように。

 

翌日の帰り道もほぼ同じ道路で

帰りには川の流れを変える工事が始まっていました。

 

 

人的被害が無くてよかった海野宿橋。

ここに限らず復旧までに時間が掛かりそう…。

 

白馬は幸いにも被害はありませんでした。

でも村内は中央本線の特急あずさや高速道路の通行止めがあったりして少しお客さんが少ない感じです。

 

災害は決して他人ごとではありません。

普段からの心構えと準備は必要と感じました…。